コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

 よーやく観て参りました、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』!!
(「まだ観ていなかったのか!」と、いう声があちこちから聞こえてくるようです。)
いえ、レディースディにいっつも用事が入って、「どうしよう。でも、まだまだ終わらないから大丈夫よね。」とか思っていたのです、この不届き者は。そうしたら、昨日たまたま、字幕版は1月27日で終わってしまうということを知ってしまい、慌てて行ってまいりました。
 17:50~という、微妙な回のを見てきたのですが、ハリーをやってる映画館の中には、10人足らずしか人がいなかったです。ちょっと寂しい。でも、金曜日ですしね。

 内容は、かなり面白かったです。『アズカバンの囚人』は、何かもうちょっとがっかり・・・なところが多かったので、あんまり期待せずに行ったのですが・・・、いや、良かったです。

 では、今更ですが、以下思いっきり全面的ネタバレです!
音方はスキンをコロコロ変えるので、文字反転などの隠すための努力は一切しないので、ご了承下さい。それに、同人表現・ドリーム表現が苦手な方もご遠慮下さい。
なお、音方は最近原作の内容をきれいに忘れてるので、トンチンカンなことを言うかもしれませんが、その辺は大目に見てツッコンでやってください。
 




 まず、スネイプ先生から!!
いや、今回本当に、「アランの身に何があったんだろう!?」って心配するくらい可愛かったです!声の色気にも磨きがかかってて、表情もマイルドになっていて、私の目には可愛さ従来比150%UPして見えました。

・他校の生徒や教師がホグワーツに着いて、誰かは良く分からなかったけど、先生の隣に座った人がセブのゴブレットになみなみと何かを注いでくれてる(ように見えた)のに、愛想がないのがまず可愛い!でも、これは何かいつもの可愛さです。

・ハリーが代表に選ばれ、部屋に向かう時、セブと見詰め合うのにまたときめき!何も言わずに、まっすぐとお互いの目を見てるのに、愛を見ました(絶対私だけじゃないと思います)!!
この後も、原作だと、ハリーのせいだとか、「ポッターは規則は破るものだと決めてかかっている」とか言うのに、そうしなかったのはアラン・スネイプの愛!(ダンブルドアが問い詰め済みとか、それどころではなかったとか、時間がなかったというのは、却下です・笑)マクゴナガル先生に「囮にするつもりですか?」って言われてたけど、先生、きっと守るつもりだったのですよ、そう、きっと!しかも声がいつもより穏やかでセクシーで、びっくりしました。私の気のせい!?気のせいなの!?

・第一の試練の際、ドラゴン通過のショックで倒れて、起き上がろうとしてるのがやたら色っぽかったです。こんな一瞬でさえ悩殺モード・・・。

・魔法薬学授業中、話し続けるハリーとロンの頭をゴツゴツする先生。 このとき、「前ほどハリーと絡みがないから寂しいんだろうなぁ・・・。」って思ってしまった。限られた時間内で、一生懸命アピールする先生。ポイントは、気合入れて袖まくるところ(愛)!!

・ダンスパーティー、先生が誰かと踊るか密かに注目していたけど・・・、踊りませんね。
気持ちとしては、醒めた目で傍観してしていてほしいけど、でも誰かと踊ったら「ドリームが書けるなぁ」って思いながら観ていました。
 1.ヒロインは教師。もちろんセブと踊る派。
 2.ヒロインは生徒で恋人。セブと踊り、うっかり注目を集めてしまう。
 3.ヒロインは生徒で恋人。セブが別の女性(大人の誰か)と踊ってるのを見て喧嘩する。
 4.ヒロインは生徒で片思い。壁の花だったのを、セブがわずかに赤くなりながら、しどろもどろで誘う。

・・・とか。久々にそういうことを考えてたけど、よく考えたら本当はカルカロフと密会(?)してるんですよね。まあ、気にしない気にしない(笑)。

・カルカロフに闇の印を見せられてるのをハリーに見つかったスネイプ先生。その後、ハリーを部屋に招きいれた瞬間、めくるめく素敵なティータイムを想像して、「何、デート!?二人きりで何を話すんだ!?」と、思いました。最初、「独創的だ」とか言って甘い声でハリーを褒める先生に、本気でビックリ。く、口説いてる!?構ってもらえなくてそんなに寂しかったのか、セブルス(違)!?・・・と、思っていたら、勘違いで薬草窃盗の疑いを勝手にかけて脅す先生に、ホッとしたようながっかりしたような・・・。いえ、あれでこそ先生!でも、あの声で本気で口説いて欲しくなりました(汗)。

・最後、クラウチ.Jrの頬に杖を押し付ける先生。ここで「ハリーに手を出そうとしたから怒ってるんだ・・・」なんて考えちゃいませんとも(誰も言ってないって)!
あの、ちょっと過剰なまでに押し付けてるのは、かつては自分も同じデス・イーターだったことから何か思うところがあるんでしょうね。

 と、いうことで、出番が少ないのにかなりおいしいスネイプ先生でした。いや、本当に悩殺されまくってきちゃいました。最初の方なんて、ダンブルドアがしゃべってるのに、ピントのぼけてる先生の方しか見えなかったし。スネイプ先生が一番可愛いということを、再認識してきました。
これで夜中、ムーディー先生と口論して、いかにハリーが大事かということを話したりするシーンがカットされてなかったらなぁ・・・(ため息)。


 では、そのスネイプ先生を巡る人々を・・・

 まずハリー!いやー、大きくなりましたね。もう、可愛いとは言えない。
映画が始まる前、ラドクリフ君のインタビューを聞いていたときは特に何も思わなかったんですけど、やっぱりスクリーンの中の彼はハリーです、完全に。
 今回特に感動したのは、水中でロンとガブリエルを助けるところ、優勝カップと迷った末にセドリックを助けるところです。もう涙でボロボロ。それでこそ、ハリー!って思いました。

 今回ちょっと拗ねるロン。ドレスローブ姿は、今夜の夢に出てくるでしょう(笑)。
彼も大きくなったなぁ(そればっか・・・)。ハリーと喧嘩して、仲直りする時、思いっきり遠まわしに第一の試練を伝えたことについて「僕の思いが伝われば、と思って」って言った瞬間、原作のハーマイオニーと同じ状態になってしまいました。
ロン、大好きだー!!

 ハーマイオニーは、美人度に磨きがかかっていました。ぶっちゃけドレスを着なくても十二分に美人です。ロンとは本当にもどかしい関係のままですが、今日のダンスパーティーの後の彼女の涙にはグッときました。ハリーとのいいコンビ状態も好き。心配のあまり抱きついてしまうところとかv

 セドリック、最初は普通の青年に見えたのですが、第二の試練の内容を教えてくれた辺りから格好良くなってきて、惚れかけました(苦笑)。優しそうで、フェアなところが好きです。だから、最後は本当に辛かったです。原作を読んだ時は、何にも思い入れがなかったのですが、今日は墓地の辺りから完全にハリーに感情移入してグサっとなりました。お父さんの慟哭がまた辛い。

 リータ・スキーター、何か半端に出てきてイライラさせるだけで終わったので、正直でてこなくていいと思いました。ハリーとハーマイオニーの邪魔をした罪は重い・・・。

 チョウ・チャンは・・・、可愛いんですけど、クラスに一人いそうなタイプ?もっと可愛い子とかいると思う。何だかピンと来なかったです。

 ダンブルドア校長、やっぱり違う、と、思ってしまいました。顔はハリス氏に似ているのですが、包容力というか、余裕というか、温かさがもっと欲しかったです。悪くはないのですが、ちょっと物足りない気がしました。仕方がないのは分かってるんですけど・・・。

 ルシウス・マルフォイ氏、出てきた時にはこれまた悩殺されました☆ローブじゃなかったから、そのスレンダーさとサラサラさにクラクラ。マルフォイ氏に関しては、妹から「ヴォルデモートが復活したら受くさくなるよ。」と聞いていたので、それも待っていたのですが、復活して思いました。確かに!!一生懸命言い訳してる姿が可愛かったですv

 ドラコは、前回髪型が変わってから敬遠していたのですが、今回は角度によってはかなり格好良く見えました。楽しみにしていたイタチっぷりが可愛くて最高!もっとハリーにつっかかって欲しかったなぁ。

 ネビルは・・・(汗)。一瞬誰かと思った。成長したなぁ(しみじみ)。ちょっと格好良くなってましたね。ちゃんと薬草学で頭角を現して、ドビーの出番をとっちゃって、ダンスして、葛藤して・・・。結構活躍してますね、彼。

 双子の二人、彼らも一体何があったんでしょうか!?ドラコ同様、前回の髪型が苦手でどうしようと思っていたのですが・・・、格好良さが倍増していてドキドキししました。彼らのにぎやかさは、話がシリアスになっても影響がないので救われています。

 シリウスー(涙)!!出番が少ないとは聞いていたけど、本当にあれだけか、あれだけなのか!?原型でさえないよ!?「チキン!」って言ってよ!シリウス~(滂沱)!!
 「チキンを求めないシリウスは、シリウスでさえない」(by 妹)

 ムーディ先生、怖かったです、本気で。でも、イタチドラコをありがとう!!
終始胡散臭い感じがしたのはとっても良かったです。

 それから、意外と良かったのはバーティ・クラウチ・Jr!最初水鏡に映ったとき、「誰だよ、この兄ちゃん!」って思いました。普通に格好良かったv屋敷の時は分かりづらかったけど。
ちょっと狂った感じの不良って感じで、いい感じでした。ポリジュース薬が解けたときも、ちょいワル不良中年って感じで格好良かったです!

 
 と、いうことで感想を無責任に書き散らしてみました。本当によかった。
これで音楽がジョン・ウィリアムスのままならもっと嬉しかった。クレジットのところで歌が入らなければもっと良かったと、思いますが、その辺はまあ、大人の事情が色々あると思うので(苦)。
とにかく、ギリギリでも、観ておいてよかったです。
[PR]
by otokata | 2006-01-27 23:50 | 映画