コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ヴォートランに興味あり

 只今バルザックの『ペール・ゴリオ』(鹿島茂・訳)を読んでいます。

動機は超不純。ヴォートランに興味があったからです。

 ヴァルジャンとジャヴェール、そしてこのヴォートランは、共にヴィドックという実在をモデルに造型されたということを『「レ・ミゼラブル」百六景』(鹿島茂/文春文庫)で読んでから、ヴィドックとヴォートランにすっごく興味がありました。とりあえず手を出しやすそうな『ペール・ゴリオ』の方からあたってみることにしました。

 で、今大体半分くらい読んだところです。「ゴリオ爺さん」というタイトルからして、もっとゴリオ氏が出張ってくる話だと思っていたのですが、今のところ社交界に野心を抱く青年が中心だったので、ちょっと意外です。

 ヴォートランは・・・、濃いなあ、キャラが。でも、かなり魅力的です(笑)。

とりあえず、2月28日に学校図書館の貸し出しが出来なくなるまでに(4回生なのでそれ以降は閲覧・複製のみなのです)、『幻滅』、『娼婦の栄光と悲惨』を読んでしまうのが目標です。


 ・・・・・って、早く短期バイト探さなきゃ。
[PR]
by otokata | 2006-02-03 22:09 | 読書