コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ベルばら~オスカル編~ 私的2大ツボ人物


 宝塚雪組のベルばらに行ってきました。実は2月にも観たのですが、うっかりそのときと同じキャストで見てしまいました。チラシに水アンドレって書いてあったのに~(涙)!!確認してなかった私が悪いんですが、いいんです。水アランも音月ジェロワールも好きだし・・・。

 もう何かクレーン・ペガサスも告白ロザリーも、いらないシーンが多いことも、他の色々なサイト様で語られつくされているので、私があえてツッコむ必要もないかと思われます。
なので私は、いつもどおりアホにミーハーに騒ぐことにします(オイ)。

まずはやっぱり彼から・・・

 水アランカッコいい~~!!!

 いや、もう何あれ!?ナイフのようなツッパリ具合ですよ!?あの鋭くて美しい目で睨んだりあざ笑ったりされちゃ、こっちの心臓がもちません。いちいちオスカルのセリフ全てに苛立って、突っかかって、なのに全部かわされて、更にイライラして・・・。そんな彼が、解せない感でいっぱいだった彼が、オスカルの子守唄・・・というか、『我が祖国フランス』で初めて素直に共感の意を示すところが好きです。
 動きは少ないけれど、目に感情の動きが現れてる辺り、さすがだと思います。ディアンヌが来たときの、あの嬉しそうな表情もツボです。後半になると、オスカルへの感情も大分変化していますが、2幕初めの衛兵隊の訓練の時に、アンドレを心配そうにチラッと見たのも忘れられません。
 あと、アランって、何だかんだ言ってリーダーシップをばっちり発揮して、皆に頼られてるところが好きです。衛兵隊の皆、アランを信頼してるんだな~、って思えるところが好きです。

 そんな衛兵隊の中で、アランと同じくオペラグラス固定の音月ジェロワール。

か~わ~い~い~!!!!!!!!!

 もうひたすら可愛くて可愛くて仕方ないのですが、どうすればいいのですか!?
表情がクルクル変わって、まるで万華鏡です。だらけて、怒って、困って、不安になって、嬉しくなって・・・。多分アランはもっと男前な性格になってるのでしょうが、ジェロワールは年下の男の子っぽくて大変でした。

 この作品の中で唯一涙腺に影響があるのは、オスカルが死んだときに泣き叫ぶジェロワールと敬礼するアラン(と、「隊長~!」と嘆くダグー大差)を見た瞬間です。ずっと彼らを追いかけてるので、すっかり感情移入してる自分に気づいてしまう。

 ちなみに、アランとジェロワール、水さんと音月さんは立ち居地が近いことが多いので、オペラグラスをうまく固定すれば、一気に2人ともチェックできるのが嬉しかったです。

 観劇2回目なので、すっかりオスカルやアンドレそっちのけでこの2人ばっかりチェックしてました。あ、馬丁のニコラスも気になります。この人もオスカルに片思いしてたらおいしいな、とか(笑)。

それにしても、水アンドレは、昔とはいえ一度見たことあるからまだ諦めつくけど、音月アランは見たかったです!!!ちょっと悔しい・・・。
[PR]
by otokata | 2006-03-19 22:17 | 舞台・役者さん