コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ノートルダムの鐘Ⅱ


 久々に『ノートルダムの鐘Ⅱ』を観ました。
サイト開いている時にはボロクソ言ってた気がするけど、こう、レミゼ欠乏症及び綜馬さん欠乏症の反動で、久々に手を出してしまいました。全体的な印象はやっぱり変わってないけど、今更ながらキャストのマジックに気がつきました。

 と、いうことで久々の突発的ユゴー作品語り第6弾は『ノートルダムの鐘Ⅱ』にします。

 『ノートルダムの鐘Ⅱ』

e0086682_22573013.jpg



発売・・・2002年4月20日
キャスト・・・ ユーゴ/ジェーソン・アレキサンダー(治田敦)
        マデリン/ジェニファー・ラブ・ヒューイット(宮沢りえ)
        カジモド/トム・ハルス(小森創介)
        クロパン/ポール・キャンデル(内田直哉)
        ヴィクトル/チャールズ・キンブロー(今井清隆)
        フィーバス/ケビン・クライン(鈴木綜馬)
        サルーシュ/マイケル・マッキーン(竹中直人)
        エスメラルダ/デミ・ムーア(高野麗)
         ゼファー/ハーレイ・ジョエル・オスメント(村田貴輝)
         ラヴァーン/メアリー・ウィックス(京田尚子)



 ここの文章を書こうと思ってアマゾンで検索した際、この文章を見つけて呆然としました。

内容(「VIDEO INSIDER JAPAN」データベースより)
前作『ノートルダムの鐘』の原作者、V・ユーゴーの生誕200周年を記念して製作されたOVA。ノートルダム寺院の鐘つき男カジモドの恋と冒険を描く。


 ああ、ユゴー様生誕を記念したのね。そうですか・・・。

ユゴー氏、怒ってなきゃいいけど(汗)


 言うまでもないことですけど、この作品はディズニーの長編映画『ノートルダムの鐘』の続編です。私はあの作品に続編は要らないと思うんですけど、この作品は音方的記念作品でもあります。
なぜなら・・・

『ノートルダムの鐘Ⅱ』を観て、フロローへの愛に気づく。
         ↓
『ノートルダムの鐘』にハマる
         ↓
ヴィクトル・ユゴーを意識する
         ↓
最終的に『レ・ミゼラブル』にたどり着く。


という風に、全ての出発点でした。そういう意味では感謝しているのですが・・・、やっぱり前作に比べるとあんまり好きじゃないのも確かです。
 ユゴーの原作からほぼ完全に離れたオリジナル作で、”カジモドのための続編”だそうです。元々ファン・フィクション的な作品なのですね。
 いずれにせよ、前作だけでも十分です。内容が子供向けなので、比較するのもおかしいのかもしれませんが、映像も音楽も拍子抜けするようなものになっていて、前作でファンになった人は正直がっかりしてしまう可能性が高いと思います。おかげで、大好きなキャラクター達なのに、いまひとつ感情移入が出来なくて苦しみました。
 あ、でも、前作がハッピーエンドじゃないことにご不満な方には、待望の続編といった感じなのでしょうね。

 発売当初は声優陣の豪華さが話題になりました。
サルーシュに竹中直人氏、マデリンに宮沢りえさんと、確かに豪華。でも私としては、再び劇団四季の面々が当ててくれる方が良かったのですが・・・。

 今だから分かる個人的に美味しい面としては、2人のアンジョルラス2人のジャベール!!

初代アンジョルラスの内田氏と、何の役をやってるかはわからないけど出演していた岸祐二さん!!
 一方、四季を退団したゆえに今作も出演している、元ジャベールの今井氏と現ジャベールの綜馬さん!!

 ・・・おいしい。やっぱりこれはおいしい。

 内田さんは、光枝さんの跡をしっかり引き継いで、クロパンという人物像を損なわないように上手く演じていらっしゃいます。前回同様、幕開けはクロパンの歌なので、彼がしっかり世界に引き込まないといけませんものね。その辺は大丈夫です。・・・冒頭は画質の悪さにショックを受けて、立ち直るのが大変なシーンなので、余計大変です。
 ガーゴイル・トリオは今回もカジモドをサポート?しつつ、しっかりナンバーをもらって活躍しています。今井さんや治田さんがいるので、歌わないと確かに勿体無い。ちなみに生誕記念作品だからか、スタッフロールではユーゴーの名前が一番先に来ています。
 そして綜馬さん!何かすっごく可愛いんですけど、絵の質が落ちたからか、フィーバスが美形に見えません(涙)!!仕方ないので目をつぶって聞いています。お気に入りのセリフはこちら。
 「まいったよ、アキレス。みんなが僕に怒ってる。これで何度目だろう?・・・数えるな。」

 ヘタレきってます。まいったのはこっちですよ、全く・・・。
あなたさえ出ていなければ、多分もう二度とこの作品に手出ししなかったろうに・・・。

 結論として、豪華声優陣に興味のある人はレンタルする価値があると思います。
だけど、話のスケールもクォリティも前作と比べるとかなり落ちるので、あまり期待し過ぎないことをオススメします。
[PR]
by otokata | 2006-03-28 23:15 | ノートルダム・ド・パリ