コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今こそもう一度観たかった。


 今日も私の一日は『地球見聞録』で始まりました。
いえ、性格にはサンテレビの宝塚番組なんですが、意識が覚醒したのが綜馬さんの声を聞いてからなので。何で時間被ってるんだよ~!!家族は宝塚を見てるので、地球見聞録は録画ビデオです。今はいいけど、ミズさんや轟様(自然の摂理で”様付け”①)やキムちゃんの日だったらどうすればいいんだろう・・・。宝塚の方を親戚に録って貰うしかないか。地球~はすぐに見れるようにしておきたいし。
 やっぱり綜馬さんのナレーションはいいなぁ。映像と相乗効果ですさまじく癒されます。
家族は、「ナレーションなんだからもっと力を抜けばいいのに」とか、色々注文つけてきますが、私は綜馬さんのあの独特の喋り方、大好きです。だから、早く再放送してください、WOWOWさん!!


 さて、先ほど岡様のブログを読んできました。(自然の摂理で”様付け”②)
石井さんとご自分を、バルジャンとジャベールのような二人、と仰られている記事で、タイトルも”オカズ”・・・。読んでいて思わず動揺してしまいました。
「そこまで書きますか、岡様!」ってくらいにお二人の思い入れを語られています。
今回が初めてじゃないけれど、やっぱり岡様にとって、石井さんは特別なんだな・・・、と思った瞬間です。

 12年前は”お互い見目麗しい”マリウスとアンジョルラスで、 それぞれの役を経験したからこそ、今の自分達があり、昨日はそれを実感する舞台だった、というようなことでした。(ご自分で見目麗しいって・・・。実際この上なく麗しいけど)

 私がお二人のバルジャンとジャベールを観たのは一度だけで、石井バルと岡ジャベを狙って行ったとはいえ、その日はレミゼ自体が初見で、他の色々なことに気をとられていたので(坂元アンジョにびっくりしたりとか)、細かいところとか見ていませんでした。でもやっぱり漠然と、お二人の間の空気がしっくりきてるというか、自然だったと言うか、緊張感はしっかり出てたけど、その反面バルジャベ独特の信頼感?のようなものを感じ取ったような気がしています。カーテンコールで、お二人で手を繋いで出てきた時のあの嬉しそうな笑顔も、多分一生忘れることは無いかと。

 少しだけだけど、細部まで見ることが出来る余裕が出来た今、改めてこの二人の組み合わせが見たかったです。何にも判らない時でさえあれだけのオーラを感じることが出来たのですから、今ならもっと細かい表情とかチェックして、お二人ならではを見ることが出来るのでしょうに。残念です。

 あ、でも”アンジョルラスの経験があるからこそのバリケードのジャベール”っていうのは、岡ジャベの時も今ジャベの時にも感じました。彼らがバリケードに散ったアンジョルラスを見つけた瞬間、一瞬ビリってきたような気がするんです。あくまで”気がする程度”ですし、この二人がアンジョ経験者だって分かってるからかも知れないのですが。でも、このお二人の時にしかこんな鳥肌にならなかったので、自分的にはそうだと信じています。

 特に梅田今ジャベのMy楽の日、バリケードで一通りバルジャンを探して座り込んだ彼が、普段は両掌を上に手を広げてイライラしていたんですけど、その日は目を閉じて両手を組んでお祈りしている様に見えたんです。もしかしたら、「落ち着け、落ち着けジャベール」と冷静になろうとしていただけかもしれないし、見つからないバルジャンを諦めようとしていたのかもしれないのですが(いや、それはないか)、私には学生達に祈りを捧げている様に見えました。
 「この人は、彼らを悼む気持ちを持ってるんだな。」
って、ひしひし実感しました。そうしたらもうたまらなくなってしまって、ハンカチグジョグジョです。どうしてくれるんですか、今ジャベさん~(涙)!!

 話は逸れましたが、日生レミゼMy初日&My楽(一緒なのが切ない)まで、後15日。
岡ジャベはもう見られないけど、再び血の通った警部に会える日を、心から楽しみにしています。
 
[PR]
by otokata | 2006-04-09 22:04 | レ・ミゼラブル