コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

24日 ソワレレポ その2 今更ですが、私は今ジャベを愛しています。


 私の中で、今期最後のレミゼ。
思えば、先ほどMy初日で、その次がMy楽というのも切なすぎるものですが、そもそも普通舞台は一度しか行かないので、必死にそう言い聞かせてました、自分に。岡ジャベールとは、結局あんまり縁がなかったのがひたすら切ないです。いや、綜馬ジャベールもそうなんだけど(苦笑)。

だけど、ちょっと待てよ!?

 私のジャベール内訳(レミコン含む)

・村井ジャベール 1回
・鹿賀ジャベール 1回
・岡ジャベール   1回
・鈴木ジャベール 2回

それに対して、

今ジャベール 5回

 ううむ、見事に偏っているのう・・・。(さり気にこれでレミゼ観劇10回目記念だったのか、という驚きもありますが。)
でも、レミコンからちょっと惹かれて大阪で惚れきってしまった結果だから、ちゃんと意図してるんですよね。他のジャベールに縁がないんじゃなくて、気がついたら今ジャベを選んでしまっていた状態。

そこまで好きか、今ジャベ?
そう自分に問うてみても、

愛している、愛しているとも!!(ちょっとアンドレ風)

と、しか言いようがありません。

 で、「何がそんなに好きなんだろう?」と思ってみていたのですが、多分アレかと。

今ジャベって、分かりやすく人間くさい上に、感情ダダ漏れジャベールだからではないかと・・・。

 色々な方の感想を読んでいたら岡ジャベも大分人間的というか、よく微笑を見せるジャベールらしいですが(皆様の素晴らしい記録の、こういうところしか読んでないようなやつです、音方は。)、1月最初の回数にあまり差がない時点で既に私の中では、あの熱血とも言える今ジャベの見せる、「ああもう、本当にしょーがない人だな、あなたって人は!!!!」な可愛らしさの印象がかなり強かったです。

そんな今ジャベの萌えポイントを・・・(遂に言っちゃったよ)
まずは1幕編




<囚人の歌>
 何と言っても、警棒さばき!他の方も美しいのですが、あのキリッとしてクルッとして、シュタッとした、鋭く優雅で機敏な警棒の扱い方がたまりません!!
 「違う!」とか、不機嫌になるとすぐ分かるのもチャームポイント。

<ファンティーヌの逮捕>
 ファンティーヌが足にしがみついてくれば嫌な顔をし、警棒に触れようものなら勢いよく払いのける。マチネで綜馬ジャベが冷静に諭していただけに、「ああもう、大人気ない・・・」とか思ってしまう。

 ファンティーヌが市長に唾を吐いた時の反応、素早い&怖い。毎回本気で殴り倒すんじゃないかと心配・・・。彼の中で、この行為は本当にありえない重犯罪行為なんですね。

 いつもはギャラリーに「下がれ下がれ、野次馬共!」みたいな感じで乱暴に当たるのですが(交通整備風に)、この日はそれほどでもなかったです。ちょっと大人になった・・・?

<馬車の暴走>
 馬車の暴走時、明らか~に疑ってるっぽい。
「ふ~し~ぎだ、信じら~~れ~~ない♪」が、思いっきりねちっこいです。絶対分かってて言ってるでしょう、あなた!!っぽい感じがします。でもって、今井バルジャン、「私はそのバルジャンではないのか?」の時、嬉しそうな表情なので、ますますいぶかしそうです。密かに燃えるジャベール。

<対決>
 やっぱりこの人の時が一番迫力があります。ブン!と振り下ろすのですが、 その後に突きみたいな動きも入っていてかなり強そう。やる気満々です。目つきがもう怖いの何のだし。原作ジャベはちょっとビビってるけど、このジャベは勝てる気満々だと思います。熱いな~。やられた後も、しばらく立ち上がろうと努力してるのがすっごく不憫で可愛い(笑)

<ジャベールの介入>
 テナルディエ達に構ってる間にバルジャンに逃げられ、いないことに思いっきり驚いて思いっきり探し回る。うろちょろうろちょろと・・・、そんなに動揺せんでも、ってくらい。
「俺の名を聞いて逃げ出したのか」以降、綜馬ジャベは冷静に推理している感じだったけど、今ジャベの場合は心に浮かんだことをそのまま声に出していって、最後に拳握って思いっきり警察官の血が騒いでるのが可愛くて仕方ないです。秘められないのね、感情を・・・。

 しかもそれでいて、その握った拳を意外そうな顔して見つめてるのが悩殺もの。
まるでこれほどまでに自分が執着していたということに驚いているような・・・。

 「ゴミを始末しろ、仕事に戻れ!」がまた動揺を隠すためか思いっきり命令!!!な張り上げ具合で、思わず心中お察ししてしまいます(愛)。

<星よ>
 正直な話、他のジャベールのこのシーンが時々リサイタルみたいに見えてしまうことがあるのですが、この人のところでそんなことを感じた事は一度もありません。
 「俺は星を愛している!!俺はバルジャンを地の果てまでも追い続ける!!」

と、いう感じです。ジャベールとして、とても正しいのですが・・・

ラブソングかよ!?

 
そう思わせるくらい今ジャベの『星よ』は熱くて愛があります。
 そう、それに星に他の誰にも向けないであろう満面の嬉しそうな笑みを向けるという、ファンにとっちゃ悩殺必至のシーンです(そうですよね?)!!
零れ落ちそうな大きな目を輝かせて、その手に星の雫が落ちてくるんじゃないかというように手を広げて、本当に幸せそうな表情なんですもの!!
このジャベールがいかに純粋か、この表情見れば分かりますとも!屈折してるくせに中身は少年みたい。こんなジャベールって・・・(動揺)。

 で、うっかりひたってたけど我に返ってひざまずいて、お祈り。
誓いがこれほどまでに似合う人もいないかもしれません。固く固く心に決めた様子が、あの熱血歌唱で表現。お星様を愛しきっているので、絶対に破られることもなし。バルジャンにもかなり執着しているので更に破られることなし。この二重の表現が、誓いの固さを、そしてジャベールの真っ直ぐさを表しきっています。
 ああ、理想のジャベール像だわ・・・v

 しかも、本人燃え上がっていただけに、「大きなツラして~」って冷静にバカにされると、すっごく不憫すぎて笑えてきます(ええっ!?)。

<ワン・ディ・モア>
 さて、私は遠征前に軽く目標を立てていました。

「ワン・ディ・モアとバリケードのせめて半分は、警部にオペラグラス固定せずに舞台全体をみること」

 結果・・・無理!!!

 マチネは完全に警部から目が離せませんでした。
「私がジャベ以外を観るなんて無理!!」と。
 ソワレは流石に「これじゃいかん!」と、思って少しばかり余所見をしたんですが・・・。
気がついたらジャベを見るのは既に癖と化しているので治りません(キッパリ)!!

 やっぱり「ワン・ディ・モア」のジャベって素敵過ぎますよ!
特にポニテをバサッて襟から出す時!ポニテ!!ああ、鼻血ものです・・・(クラクラ)。
綜馬ジャベの片手お祈り+拳にキスも、人を萌え殺す殺傷力を持っていますが(物騒だな)、今ジャベの、黙想した上に更にひざまずいて、実際にお祈りを唱えてるのもまた厳粛な感じで素敵です!!いつも大きな仕事前こんなんだったら、私は是非パリの街に住んで警察署内の覗きに務めたいです(コラ)!!
 あと、今ジャベに限らないことですが、「明日は裁きの日」ってバルジャンと重なるところが個人的にものすごく好きです!!

では、2幕編に続きます(長っ!)。
[PR]
by otokata | 2006-04-28 23:54 | レ・ミゼラブル