コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ファントムを観て来ました

 今日は初めて宝塚を観る親友と、『ファントム』を観てまいりました!
『ファントム』と言えば、宙組公演を観に行った時も初めての子を連れて行ったっけ・・・。『エリザベート』と『ファントム』と『ベルサイユのばら』は、やっぱり気になる人が多く、初心者でも抵抗無く観に行ける様です。

 さて、今回の目玉は何と言ってもオサ様エリック!

あの・・・、めっちゃめちゃ可愛いんですが・・・?

 正直に言って、ポスターを見た限りでは、
 「落とした女は数百人!俺についてきな、ベイベー!」
って感じのロックスターに見えて、「エリック・・・?」って疑問符がたくさん浮かんだんですが、舞台観て仰天。何ですか、あの可愛らしい青年は!!

 繊細で儚くて、無垢で純粋で、その上美しい少年のようなエリック!!
「僕は・・・」って素直な喋り方が完全に板についています。頭を撫でて守ってあげたくなるエリック。何をやっても許せちゃうエリック。クリスティーヌに優しい眼差しで限りない愛情を注ぎ、キャリエールに素直に感情をぶつける。いたずらっ子のような表情でオペラに紛れこんで撹乱させ、クリスティーヌを傷つける者は何人たりとも許さない頼りがいのある人(暴走しちゃうのが玉に瑕)。浮浪者を見ると連れてきて、生活の心配までしてやる優しい人。いいなぁ、こんな人。

 怒る時にはものすごいどこから出してるのか分からないぞっとする様な声を出すくせに、クリスティーヌに近づいていくと、グラデーションみたいにその声が落ち着きを取り戻して、彼女に触れる頃にはものすごく優しい声になるという、その変化がもの凄かったです!
 クリスティーヌに逃げられた時、ラストでキャリエールに助けを求める時・・・、あの二場面の哀しい叫びと表情は、ちょっと忘れられそうに無いです。

 クリスティーヌの桜乃さん。
今回がトップお披露目だそうですが、見事に大役を果たされていました(^_^)可憐で、クリスティーヌにぴったりでした。
 歌に関して言うと、最初の「メロディ、メロディ♪」の時は「あれ?」って感じだったのですが、どんどん上手くなっていくのに驚きました。もしかして、最初ぎこちなかったのって、レッスンを受けてない設定ゆえの役作りだったの?それとも緊張してたのか・・・?どちらにせよ、実は花總さんの時もあの歌はあんまり上手に感じなかったので、聴いていて感じる分の数倍難曲なのかも、と。ちなみに、発声練習のスタッカートもかなり辛そう。でも、コンテストでのカデンツはすっごく上手で、「すげぇー!!何だあれはー!!」って感じでした!「仮面を取って・・・」って歌うところもすっごく綺麗で、エリックの陶酔した表情と相まってすごくいいシーンになっていました。
 
 キャリエールは相変わらず自業自得色の強い人ですが、彩吹さんの歌をまともに意識して聴いたのは初めてだったのでびっくりしました。この人、上手いわ・・・(今更)。正直あまり好きではないと思っていたのですが、何か渋いし、パパ!って感じのするいい演技を見せてくれました。

 フィリップは・・・、相変わらずこの人そんなに好きじゃないからなぁ。元々ラウルにもそんなに惹かれないんだよな、私。一生懸命は認めるけど、どうも・・・、役自体に対する苦手意識が払拭できない。あれって、結局微妙に片思いなのかな?それにしては突っ走れ!な若さがすごいですよね。あの真っ直ぐさが、この場合ちょっと苦手で~、あ~、もう(笑)!!でも、真飛さんは素敵でしたよ!素敵だけど、オーランドが格好良くてもウィルよりジャックの方が好きなのであって、いや、ジャックよりバルボッサの方が更に好きなのであって・・・(全然関係ない)。

   一幕が終わって、友人が言った事
 「あの支配人の奥さんやってた人、あの人が一番歌上手いの?」
 そうだよね、やっぱりそう思う?エリックに「歌えないじゃないか」とか言われつつも、やっぱりすごいよね、出雲さん!!前に観たときも、「なんつー難しい曲歌ってんだ!」とは思ったけど、なおかつコミカルなアドリブとか入れてるあの余裕がすごい。それを母に言ったら、「映画でもカルロッタの人の方が上手かったじゃない。」と、返ってきました。『ファントム』では憎らしく、我侭に、でも周りが従わざるを得ないだけの貫禄をもって。『オペラ座の怪人』では、自他共に認めるプリマ・ドンナの実力と、ヒステリックなだけじゃない憎めなさ。イェストンでもロイドウェーバーでも、やっぱりカルロッタはかなりの実力がないと出来ない役なんですね。

気になる事が三つ
1.・・・カルメンのシーンでの桐生さんの衣装(青いのって桐生さんでしたっけ)、何かアランみたいなんですが・・・、同じやつかな?
2.オーベロン様、今クリスを守ろうとしました?しましたよね!? ちょっと素敵でした!!
3.楽屋番の方、何気に素敵ですよね・・・v(オイ)

 と、ごちゃごちゃ言っていると収拾つかなくなるので、そろそろしめます。
期待以上に良かったです!何といいますか、以前よりエリックの感情移入度はUPしました。ただ、やっぱり宙と花は全然雰囲気が違うので、どちらも捨てがたいなぁ・・・と。いずれにせよ、美しい舞台とエリックという青年は大歓迎なので、やっぱり『ファントム』は大好きです!!

 この記事を書いて分かった事:音方には語彙が不足しているようです。
[PR]
by otokata | 2006-08-01 23:04 | 舞台・役者さん