コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

いつかあなたが死んじゃった時のための御伽噺

 先ほど花耶様のブログで、声優の鈴置洋孝さんがお亡くなりになった事を知りました。
正直信じられなくて、賢プロの公式に行ったり、8月6日以降の新聞の訃報欄をひっ散らかして調べましたが、正式な発表らしきものは何もなく、ウィキペディアで肺がんということだけ知り、ようやく見つけたのがasahi.comの記事でした。2ちゃんねるを見ると、すごいスレの数。どれだけ彼の死が悼まれているかが伝わってきます。

 でも、正直信じられません。
毎日るろ剣ゲームの更新を楽しみにして、昨日も新たなムービーで彼の声を聞いたばかりだというのに。肺がんなんて、そんな話全く聞いてない。事務所に訃報が載るまでは、たとえasahiに載っていても信じられそうにありません。
 塩沢さんの時は、私が聞いた情報発信源がラジメニアの岩ちゃんだったし、事故だったし、新聞にも載っていたからショックながら受け入れられたけど、今回は全く実感が湧きません。正直に言って、「実はガセでした」なんて失礼極まりないニュースを待っているような気分です。

 それに、私にとって鈴置さん=斎藤一ですから。天津飯や九能先輩よりも、まず斎藤さん。私にとって斎藤一の声優がどんな存在かは、今更書く必要はないでしょう。

 先ほど賢プロの公式で、今更ながら彼のプロフィールを調べた時、ボイス・サンプルも開きました。「鈴置洋孝です」という挨拶に続いたのが、今日の記事のタイトルの文章。『煙が目にしみる』という舞台のPRのようですが、あまりに事態が事態だったので、ぞっとしました。

 悲しいとか、悔しいとか、そんな感情は全くありません。
私はまだ、彼の死が信じられません。
[PR]
by otokata | 2006-08-11 01:39 | 舞台・役者さん