コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

るろうに剣心 明治剣客浪漫譚 炎上!京都輪廻 2

 いやもう、人間失格な連休を過ごしている音方です。

 初級で3人分クリアしたので、せめて蒼紫様くらいは中級でプレイしようとし、志々雄戦で2桁に渡る敗北を味わっている最中です。志々雄戦だけ、難易度絶対違うって(そりゃそうだよ、ボスなんだから)!!葛藤出しても勝てないって、どういう事!?なんでこんなにすぐに気絶するの、蒼紫様(耐久鍛えてないからだよ!)!!

 とまあ、阿呆なまでにハマっていますが、このゲームについてちょこっとメモ。






  このゲームのいいところ
(現時点での、音方的偏見と独断による)

1.BGMに「The Last Wolf Suite」~志々雄真実の組曲~が使用されている。

 アニメのサウンドトラックに入っている曲です。新月村の宗次郎Vs剣心戦とかで流れてたはず。途中で綺麗なピアノソロが入るやつ。
これ聞くだけで、「ああ、京都編だ・・・」って気分になって、盛り上がるし泣けます(笑)。
しかも十本刀戦とか、いいタイミングで流れてくるんですよ。かなり嬉しかったです!!

2.クリアしたら今までに出現した問答がいつでも聞ける。

 SOシリーズやヴァルキリーのボイスコンプリートみたいに、戦闘中に流れた問答がちゃんと聞けるようになってるんですよ。
 「これは、100%まで集めろって事よね!!」
と、闘志を燃やして、斎藤さんだけほぼ集まっています(贔屓)。ゲームに疲れたらひたすら流して癒されています。斎藤さん&沖田と維新志士のやりとりや、斎藤さんと志々雄の問答は、かなりいけてます。

3.「もしも・・・だったら?」のエンディング

 主人公が剣心の場合は原作通りで、あんまり新鮮味はないのですが、残り3人は「if」ストーリーになっています。蒼紫様は前述の理由により、まだ見ていないのですが、「もし斎藤さんが早々に倒れず、志々雄と戦う事になっていたら?」、「もし宗次郎と戦うのが左之助だったら?」、「あのパンチでダウンせずに、左之助が志々雄と戦う事になっていたら?」といった、夢のような筋で、物語及びエンディングが進みます。
 ちなみに、斎藤さんのは少しやりきれない感じ、左之助は、「志々雄って、左之のこと好きなの?」って感じのエンディングです(笑)。

4.子安武人が出演している(笑)

 公式サイトのムービーでも、彼の声は聞く事が出来ます。最初に聞いたとき、「なんで?」って思いました(笑)。思えば、CDドラマの宇治木警部補、劇場版の加治木、そしてアニメの風水と、子安さんってるろ剣に結構関わっていますね。ファンとしては嬉しい限りです。しかも、宇治木以外、オリキャラばっかり。
 左之助を主人公にした場合、伸という人が出て来て、その声を彼が担当しています。どんな役かは、プレイしてのお楽しみって事でv

5.企業名・タイトルロールの声がランダムで変わる。

 しかも、主人公達だけではなく、薫や操、十本刀や師匠まで!!心憎すぎる演出です。
子安さんとかも喋っているので、うっかり飛ばせやしません(笑)。

6.クリアしたら特別衣装でプレイできる。

 明治の街中を、新選組の羽織を着た斎藤さんが駆け抜けます(笑)。ついでに、戦闘終了後に隊服でタバコを吸う斎藤さんも見れます(萌)。

7.おまけボイスが聞ける。

 3つあるらしくて、蒼紫をクリアしていない私は2つまで出しました。これも中身を言っては面白くないので、プレイして自身で確認してください(笑)。

8.サブイベントの中には、かなり萌えるものがある。

 色々ありますが、やっぱり筆頭は斎藤Vs沖田でしょう。しかも明治ですよ、奥様!!
やっぱり斎藤さんと言えば新選組ですからね。昔の同志は特別ですよ、奥様!!
ついでに言うと、のぞきと間違えられるイベントも好きです(笑)。

9.オリジナルシナリオも結構いい線いってる。

 以前の記事で書いた辻斬り事件は、斎藤さんのことをより知るのにはいいシナリオだと思います。幕末の回想とかも入っているし、何より十本刀の一人(しかも斎藤さんと戦わなかった彼)と対決&問答できるというおいしいイベント付v
 左之助のオリジナルは、伸絡みですが、こちらも彼の過去に関係のあるシナリオで、結構好きです。なんていうか、次はRPG作ってくれないかな・・・、って思いました。十勇士陰謀編とこれを足して2で割ったようなやつ。でもそうなると、斎藤さんの声が問題・・・(涙)。
 ちなみに以前辻斬り事件を「ウザい」って書いたのは、町の構造と操作性が込み入ってるので、操作しづらいって意味です。言葉足らずですみません。

10.クリアしやすい。

 何を隠そう、音方はアクション及び格ゲーが苦手です。
反射神経がよくないのと、小心者なので手に汗握るようなのが苦手なので、極力避けてしまうんですよね、この種のジャンルは。
 でも、このゲームは初級・中級・上級と、難易度が選べる上、ゲームの内容自体には変わりがないという優しさ。おまけにコマンドも込み入ったものじゃないので、簡単に牙突零式~参式が出せてしまうというストレスのかからなさ。こういうところは、すごく助かります。


 どうにかしてほしいところ

1.ロード多すぎ

 場面が変わるたびに「読み込み中」になるのは、正直イライラします。重いわ!!町に入るたび、出るたびですからね。何とかならないものか・・・。
 でも、その間斎藤さんの絵とかが出てくると、文句が言えなくなってしまう(笑)。

2.アドベンチャーパートがややこしい

 持ち時間がサブイベントをこなした数とかで変わったりするのがややこしい。
 某町が入り組んでてややこしい。
 昼・夕・夜があるのはいいけど、一番上の理由により、夜にしか起きないイベントが起こしづらい。気がついたら次の章になってたりして、かなり焦る。ヴァルキリーみたいに、「何時間とばしますか?」とかあれば良かったのに・・・。

3.志々雄強すぎ(笑)
 
 ごめんなさい、悪いのは私です。中級になると、ちゃんと志々雄がボスっぽいです(当たり前だって)。蒼紫様、頑張れー!!

4.沖田の声が・・・。

 アニメの方とは違うようですね。個人的に、好きじゃないです。「剣に何を込めるかは~」のくだりとか、声も演技も何か違う気がする。もっと普通に喋って欲しい。
[PR]
by otokata | 2006-09-18 12:47 | アニメ・コミック・ゲーム