コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブルックリン・ボーイ


 新年初観劇してきました!
マブい人が今日「Broadway Gala Concert 2007」に出演中なのは承知ですが、今日は近場の兵庫県立芸術文化センターの「BROOKLYN BOY」!こっちのチケット買ったの早かったし、今さん出演してたし、・・・チケット代と交通費安いし。まあ、”今日は”とか言いながら、「明日は行きます」ってことはありませんけどね(^^;)。

<以下チラシ文より>
 NY・ブルックリン出身の作家エリック(浅野和之)は、自伝的長編小説「ブルックリン・ボーイ」が大ベストセラーになり、日陰の生活から一躍有名人に。おかげで生活は激変。作品のモデルと思しき幼なじみ(石田圭祐)や、別れた妻(神野三鈴)、なかなか解り合えずガンで病床に臥す父親(織本順吉)には翻弄されまくり。挙句の果てには、小説を映画化するというハリウッドのプロデューサー(阿知波悟美)や、主演候補の超人気俳優(今拓哉)まで現れて・・・。
 ピューリッツァ賞作家がおくる、ハートフル・エンターテインメント・コメディ。本邦初上演!

 
 と、いうような作品です。
コメディなのですが、実際は上記の文章ほど明るくはなく、ほとんどがエリックともう一人の2人芝居で結構真面目に人生のワンシーンが演じられる、という感じです。ユダヤ人の家族の話故、ユダヤ色も結構濃くて、ちょっと気にかかる人もいたようですが、私は全然気になりませんでした。・・・気にできるだけの知識もないしね。

 っていうか私、始まってからこれがミュージカルじゃないってことにショックを受けたよ!?
始まってしばらく、「歌わないな~」とか思ってたんですよ。どこにもミュージカルなんて書いてなかった(バカ)。
チラシのポップさと、今さんとグンちゃんと阿知波さんにだまされた~!!
(※誰もだましてなんかいません)

 まあ、ストレートプレイでもミュージカルでも全く問題ありませんが。
観てる間はハラハラしたり笑ったりしてるのに、観終わった後、心に静かに波が広がるような、寂しいけれど何かを得たような、そんな後味でした。

 出演している役者さんは、全員実力があって、どの人も素晴らしかったです!!
ただ、グンちゃん(月影さん)が、「ちょっとエッチな小悪魔ちゃん」(本人談)役なのですが、ベッドで、「いいわよ、好きにしてv」なんて迫っても、何だか健全・・・。
 女子大生やっても可愛いのは心から認めます。「凱旋門」のジョアンやってた人と同一人物に思えないくらい、キュートです!!
ただ・・・、健全。
小悪魔ちゃんなのに健全。
タクシー呼んじゃっても、勿体無いと思わずに、普通に納得するくらい健全。
ニーナ(別れた奥さん)との切ないやりとりを見た後だから納得するのかもしれないけど、それを除いても健全。
そういう役作りなのか?

それとも・・・・・?

 前述の通り、ほとんど2人芝居なのですが、例外的にプロデューサー&俳優のシーンは3人です。阿知波さんの激しく”業・界・人!!”って感じのプロデューサーと、エリック、そして今さん演じるタイラーなのですが・・・、

私、タイラー見た瞬間、夢でも見てるのかと思いましたよ。

木村拓哉風今拓哉!?

 半袖白Tシャツ(あれ・・・、袖あったよね?)にジーパン。微妙にメッシュの入った金髪セミロングにサングラス。

 仕草とかノリとか、見てるとキムタクを連想してしゃーないのですが!?
役作りのモデルは彼ですか、今さん!?
何ていうか、この人年齢不詳!!田村麻呂やジャベやセバスチャンの面影がなくて、マジでキムタクでした!!
 しかも、胸元!うっすら浮いてますから!!輪郭透けてますから!!本当、目のやり場に困りながら、がっつり見てきましたよ(オイオイ)!!

 でも、低い声と大きな目は間違いなく今さんだ・・・。
はしゃいでたから、若干キー高めだったけど。

 それに、劇中で浅野さん演じるエリックと台本の読み合いをするのですが、双方マジですごいんですよ!タイラーは演技力もあるし、チャラッとしてそうだけどキャラ作りは結構真面目(?)にする人。それが、エリックの演じる父親に引き込まれていくのですが、引き込んでいく浅野さんも引き込まれてる今さんも、すごいの!!水を差すプロデューサーのナレーションは笑うところなんだけど、笑えるんだけど、でも邪魔なの!!あれをずっと聴いていたいの!!

一場しか出てこないのに、ものっすごいインパクトでした、キムタク・・・。


---------------------------------------------------------
後で思い返してみると・・・
「見てよ、この筋肉!」と、肩から筋肉をムンッてやってらっしゃった気がする。
全体的な印象が強すぎて細かいこと全然覚えてないけど(それでもファンかよ!?)、Tシャツの袖、無かった気がしてきた・・・。誰か、教えてください・・・。
[PR]
by otokata | 2007-01-06 22:23 | 舞台・役者さん