コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

花組の黒蜥蜴


 小林少年可愛い~~!!!
 マジで可愛いです!本気で、ちょっとませた感じの少年に見えます!!

 っていうのが、一応プラスの感想です。

 いや、明智小五郎とか全く読んだことなかったし、黒蜥蜴の筋も知らない状態で行ったら、色々と置いてけぼりを食らった感じで、戸惑っているんです。
 何なんだ、あのラストのストーリー展開は?一緒に観に行った母と、「最後韓流ドラマだったね。」と、呆然としておりました。原作では、あのとってつけたような設定はなかったようですね。そりゃそうだろう・・・。

 で、演出が誰かも知らずに行ったのですが、幕間に確認して、あれ?っておもいました。
木村センセの演出って、もっと「俺の主張を聞いてくれ!!」ってイメージがあったのですが、あの明智小五郎と黒蜥蜴のイメージにちょっとそぐわないラブラブワールド(読んでなくても、明智さんにはクールなイメージがあるし、黒蜥蜴ももっと妖艶なものなんだってことは分かる。美輪さんの十八番だし)は、何だか違う。
 後でネットの海を漂っていた母から、「反戦がテーマだったみたいだよ」と、言われて、ようやく「そんなことも言ってたような・・・」とは思いましたが、普通にスルーしてしまってましたよ。あまりにストーリーの意外性の方が強すぎて。

 明智さんも、気障で、黒蜥蜴を追いかける事に執念を燃やしていて、随分と感情の起伏が激しい感じでしたが、叔母に感想を話したら、「えー、明智さんってその逆だと思うけど」って言われました。結局、私には彼がどういう人だったのかよく分からなかったな・・・。
 普段クールで有能な人が恋をして変わった、その一部分を垣間見たと解釈すればいいのかな・・・?うーん???
 黒蜥蜴も、「結局あなたはいくつだよ!?」 みたいな変質っぷり。最初はマダム、妖艶な女怪盗、そして恋する少女。その多面性が魅力なんでしょうが、あんまりにも変わりすぎてびっくり。

 ボクサー君や早苗さんは普通に見られたんだけどな・・・。荘君は相変わらずキラキラしてたし。刑事の二人もヘタれてて可愛かったし。

 と、まあ、ちょっとモヤモヤの残るお芝居でした。

 ショーの方は、最近にしては珍しく出だしが地味だったり、ラインダンスの前に長々とダンスがあったり、エトワール不在でいつの間にかフィナーレだったり、手拍子が裏打ちだったりと、ちょっとイレギュラーでしたが、内容自体はやっぱり普通かも。私、ちょっとショー飽き気味です。
 あ、でも矢代鴻様のお歌は素晴らしゅうございました!私、この方を生で拝見するのは初めてじゃなかろうか?私の中では、平成ベルばらのビデオで、「薔薇の~花永遠に~、その色のめでつ~♪」って大階段を降りてきてる印象しかなかったのですが、この方とオサ様の歌唱対決(?)を聴けたのは幸せです。

 ところで、次の花組公演のタイトルが『アデュー・マルセイユ』なのは、やっぱり・・・、オサ様退団しちゃうって事かな?トップ期間もさり気に長いし。気になります。
[PR]
by otokata | 2007-03-04 21:32 | 舞台・役者さん