コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

綜馬さんのフランツを、もう一度観たいです。


 只今、宝塚で買った東宝エリザCDを聴きながらブログを書いています。
中古なのにあんまり安くないから迷ったけど、やっぱり綜馬さんのフランツをもう一度聴きたかったし。そこに1枚しかなかったから、山口バージョン。

 でも、買ってから気づいた。マックスが村井さんじゃない・・・。
ライブ版って、4種類あったんだ・・・_| ̄|○

 でも、いいんだ。まずはこれで。寺泉マックスだって、結構好きだし、
ちゃんと、今エルマーがいるし!!

「夢とうつつの狭間に」だって、2004年版はなくなっちゃうし、井上ルドルフだっているし、東山トートダンサーもいるし(東山君は歌わないけど)!!いつか買うから、2004年版も!

 私が劇場でエリザベートを観たのは、2001年。
初めて”鈴木綜馬”の名前を見たのも、この2001年のエリザベート。
 今では大好きな綜馬さんも、当時は、「貴族的な顔の真面目そうな人」とくらいしか思っていませんでした。最初に見たのがフランツだからねぇ。
 あと、”プログラムの芸名の<すずき・そうま>が、いよいよ顔と一致してきた”という文を読んで、「今までは何だったんだろう?」と、思ったくらい?6年前だから、18歳の時。何せ、一路エリザベートの事しか考えていなかった。高嶋ルキーニのエキセントリックさに驚いた事は覚えているけど、ぶっちゃけ、内野トートを見たのか、山口トートを見たのかすら覚えていません。

 そういえば、今さんを初めて観たのもこの舞台でした。彼に関してはちゃんとプログラムで名前をチェックしてたから、レミコンでジャベを見て、「上手いなー。今日のジャベは誰だろう?」って思ったときに納得しましたもの。・・・エルマーがどんな感じだったかはあんまり覚えてないけど(オイ)。

 で、話を綜馬さんに戻すと、何せジャベも公爵も去年初めて観たので、ずるずると「貴族的な顔の真面目そうな人」の印象のまま去年くらいまで至ります。関心を持つことが、ずっとなかったから、縁もずっとないまま。何て勿体無い・・・。
 その間観た綜馬さんも、再演エリザだけだし。その頃になると評判だけは聞いてたから、「流石歌は上手い人」位にはなったけど、どちらかというとストレートに感情を出す石川フランツの方が好きだったようで(綜馬さんは、”感情を抑える”に徹底しているように見えた気がします)、綜馬さんの可愛さに気づくには随分かかりました。

 2001年エリザベートのCD,そんなことを思い出しながら聴いています。
やっぱり勿体無い。今こそ綜馬さんのフランツが観たい。
[PR]
by otokata | 2007-03-04 22:01 | 舞台・役者さん