コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

『ボーマルシェ フィガロの誕生』を観ました


 連休中に『グレースと公爵』を観たかったのですが、近辺のレンタルビデオ店に全く無いため、あえなく挫折。原作の方は図書館にあったのに・・・。

 とりあえず公爵は保留して、職場の図書館にあった『ボーマルシェ フィガロの誕生』を観る事にしました。

 ボーマルシェ/フィガロの誕生

 この映画を観るまで、ボーマルシェは脚本家としか知らなかったのですが、ここで描かれているボーマルシェは判事、スパイ、武器商人、実業家と、六面八臂の大活躍!
 自分の思想を知らしめるために高等法院と法廷で戦ったり、愛人絡みで決闘したり、処分されたり、逮捕されたり、活き活きとしています。

 いやー、こんな人だったのね、ボーちゃんvv

 M!のシカネーダーの時も、本読んで色々と目から鱗だったけど、今回も新たな一面(多面?)を見られて楽しい!
 ミュージカルとかのファンをしてると、興味の幅が広がって本当に楽しいです。 

 『シュヴァリエ』でお馴染みのデオン・ド・ボーモンとか、ちょい役だけどマリー・アントワネットとか、珍しく強気で描かれているルイ16世とかも出てきて面白いです。
 ただ、この映画、誰が誰だか分からない。貴族の格好してる人って、みんな同じ顔に見える。一度ラストまで観て、「結局この拍手を渋ってる人は誰なんだろう?」とか、?がたくさんでした(苦笑)。

 ボーマルシェと言えば、公式ブログ・楽屋訪問の山路さん、すっごいリラックス&はだけてましたね(^^;)いいいいい、色っぽい・・・!!色々と衝撃的でした(笑)。音楽屋さんが好きな山路さん、笛吹きなんかもいかがでしょうか?(その前にちゃんと活動しろ、私)
 あんな感じで、綜馬さんの楽屋訪問、激希望です!
[PR]
by otokata | 2007-05-06 22:20 | 映画