コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

とりとめもなくつらつらと・・・


昨日1時間以上練って書いたジキハイの感想が、IEの不調で消えました。
YAHOOのメモ帳に下書き移してたけど、そちらも消えました。

 ・・・ちくしょー!!!

 今から合わせなので、それは帰ってきて元気だったらやります(涙)。
大丈夫、あまりにインパクト強かったから、記憶はまだ鮮明です!!

 本当にすごい舞台だった・・・。見終わった後、心地いい疲労感でいっぱいでしたし。
でも、一度観たら十分な気もしました。好きな作品ではあるけど、私の中でリピートする類のものでもなく、一度全力で鹿賀さんのジキルとハイドに触れたら、その一度を大切にしたい、って感じでした。・・・どのみちファイナルだから、リピーターになるのは無理なんだけど。

 観る側もすごく精神力使う舞台。MAを最初に観た時も、似たような感じでした。
どんな作品か、どんなナンバーがあるのか、テーマはなんなのか、綜馬さん演じる事になる公爵はどんな役なのか・・・。
 見極める気満々で観て、疲れ果てました。しかも結果があの違和感だったから。
違和感の正体を考えて、色々な人のインタビューとかも漁って、それであの綜馬オルレアン公だから、そりゃもう、ハマルハマる。
 もしかして凱旋キャストがあの二人じゃなかったら、もう観る事は無かったかもしれません。
 「現在の問題にも深く根ざした、テーマの重いミュージカルだった」で、終わってたかもしれません。
 今となっては、それもまあ、懐かしい思い出という事で。

 さて、昨日帰りにLOFTをブラついていたら、こんなものを発見!

 ベルサイユのばら マスカラ

 美肌一族の隣りに、大量にありました。見た瞬間、思わず目が点に(・ ・) 

 丁度マスカラ欲しかったので、早速買っちゃいましたよ、オスカルマスカラ(笑)。
これでオスカル様を目指します(超無理)!!

  
 それから、遂にミュージカル『マリー・アントワネット』のハイライトライブ版もGET!!
でもこれ、高嶋公爵も井上フェルセンも懐かしいけど、やっぱり凱旋キャストで聴きたい気持ちが拭い去れません。
 いえ、オリジナルキャストも好きなんですけど、でも、綜馬公爵と今フェルセンがあんまりにも良かったので。そっちで慣れてしまったし、元々お二人は特に大好きな方々ですし。
 
 来週、ようやく再会できるけど、その後の事を思うと、寂しくなってしまう。
9月に妹と遠征するまで、あの人はお預けになってしまいそうです。
[PR]
by otokata | 2007-05-13 11:50 | 舞台・役者さん