コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Medeia Player版UP~!!


 ありがとう、東宝さん!!
もう何か、色々とありがとうございます!!!!

 綜馬さんの挨拶、色々と沁みました。
真面目に心に沁みたり、ズキューンと萌えたり!本当に、あの笑顔、大好きです!!
最ズキューンは、「こんなメイクをして」の、手つきがやたらと妖しかったこと(笑)v
 それにしても、本当に面白いし、お話上手な方ですよね。照明さんも、あんな方ならどこまでも追いかけるのに全てをかけたくなってしまったり・・・、って、そうでなくてもプロのお仕事ですからね(汗)。私と一緒にしてはいけません。
 そういえば、大楽では仰向け寝そべりや、肩はだけあばずれ出たみたいですね。拍手煽りも5,6回の合戦になってたみたいですし(爆)。いいなぁ、観たかったなー(涙)!!
背中の「アリガトー」も可愛い(爆)。あれ、もしかして綜馬さんの手作りでしょうか?
 いやもう、幸せを本当ありがとうございました!!
 
 皆様の挨拶も、ようやく一通り観られました!!

 前楽の子役のお二人、うまいな!!
 川綱治くんの、「七ヶ月間「ギロチンはやめてー」って言い続けたのに、一度もやめてくれませんでした。」は、爆笑物でした。
 そういえば、昨日読み終えた『死刑執行人サンソン』で、ギロチンが出来たのは大分後で、バスティーユ以降だという事を知りました。ミュージカルの方の世界ではもう使用されてるのかもしれませんが、ジョゼフの見たのが誰も知らない(錬金術師除く)、少し先のフランスの夢だと思うと、それはそれで恐ろしくて凄みを感じます。
 水谷君の、「話すのは苦手なんです。」も、潔くていいですね。いい感じです!

 山路さんがどうしてあんな姿なのか疑問だったのですが、皆様のブログや日記を読んで納得しました。業界人の彼らの仕業だったのですね(笑)。それにしても、誰ですか、山路さんに「芸能人なら誰に似てますか?」って(笑)。

 KENTAROさんのご挨拶で、「誰かが芝居を増やすと、誰かがそこに行けなかったり、微調整が大変でした。」みたいな挨拶があったので、やっぱりそういう段取りって大事なんだな・・・、と思いました。何か降臨したら、即そのまま動けるものじゃないんですね。って、当然か(笑)。

 涼風さんも、挨拶しながら思いがこみ上げてきたのか、胸が詰まった感じのグッとくるご挨拶でしたが、その中でいちいちガッツだの、涙ぬぐう仕草などが男前なのが好きでした。

 ネタ的なもの抜きに特に感動したのは、土居さんや石川さんのご挨拶。好きだなー、このお二人。楽屋訪問のときとかも、「おおっ、深い!」って思うようなこと書かれてたし。

 個人的には、「そ、それで・・・?」なんて字幕でツッコまれてる今さんや(でもここ、本来はどういう反応するはずのところだったんでしょう)、人の挨拶中二人でほのぼのワールドを作り上げてるフェルセンとルイ様が大変ツボでした。ルイ様、「ちゃんと喋れるかなぁ」とかも可愛かったvv

 ・・・山口さん、ご乱心というか、大暴走と言うか・・・。今まで遊べなかった分一気に放出された感じですか?ちょっと、いや、大分びっくりしました。
そして、流石にちょっっっと引きました(山口ファンの方、ごめんなさいっ!)。

 何だか位置関係上綜馬さんの周りに子役さんたちが集まってるのが物凄く微笑ましいです。可愛い、可愛すぎるよ、パパ!!←そっちかい。

 で、不覚にもウルッとしてしまったのが、笹本さんと新妻さんのグルグル!!い、いやっ、回しすぎ(笑)!!笹本さん、力持ち!最後新妻さんへたりこんじゃってる。可愛い!!半年間、あんな大変な役を一からつくり、演じてきた二人。きっと今まで以上に強い絆が出来たんでしょうね。本当にお疲れ様でした。

 緞帳裏の、本来の三本締めまで見せてくれたのが物凄くうれしかったです!これで本当に終わった、って気がしました。

 ああ、もう、本当にお疲れ様でした!そしてありがとうございました!!!!!

 これで、レミゼまでしばしひと段落・・・

 と、思っていたのですが
本当かどうかはまだ分からないみたいですが、綜馬さんが『ライト・イン・ザ・ピアッツァ』に出演予定という噂を聞き、折角もう遠征は控えようと『M!』をガマンしようとしてるのに、結局向こうに行く事になる気がしています(汗)。早くも浮き足立ってます。全然落ち着かなくなってしまってます。折角行くなら、『M!』も観たいなぁ・・・。
[PR]
by otokata | 2007-06-01 21:56 | MA