コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バルボッサ!バルボッサ!バルボッサ!!


 ようやくMA→レミゼへと気持ちの移行がしつつある今日この頃です。
 石川さんのインタビューの後に、昨日岡さんのブログを見て、「ジャベールは今ちゃん」って、一人だけ”ちゃん”づけだったのにえらくときめいてしまって、一気にスイッチが切り替わりました。って、この二人の組み合わせなんて観れないけど(汗)。

 さて、30日の大楽と被ったため少々遅くなりましたが、そろそろ海賊3作目について吠えます。吠えさせてください(笑)。




 この映画ってバルボッサが主役ですよね!?

 最初は流石にちょっと心配だったんですよ。宣伝の待遇はそこそこだけど、結局はあの3人だけが目立って、ボッサがついでみたいになってしまわないか・・・。

 杞憂でした。

 むしろ、純粋に映ってる時間だけなら雀船長と同じくらいか、ちょっと多いくらい?

 シンガポールから大活躍してるし!サオ・フェンについて「そんなに恐ろしい男なの?」って聞くエリザベスに「俺からフェア・プレーと慈悲を抜いたような男だ。」なんて答えちゃってるし\(>▽<)いや~!!自分で言うか、あなたが!?”慈悲”とか!?かわいい!!

 とか、思ってたけど、今回の船長はやったら優しいです。元々そんなに残忍には見えなかったけど。今回は特に、靴紐と大砲を結びつけて撃っちゃうような人じゃなかったです。

 ってか、パパ?
ウィルとエリザベスの保護者と化してました。

 世界の果てに行く時、皆が怖気づいてるのに一人悠々と笑って「これでいい」って姿に、大海賊の貫禄と器を見ました!

 ジャックと二人で仲悪く言い争いしてる姿に、求めてたものを見出しました。
もともとジャックの船の航海士ですからね。しかも信頼の厚かった凄腕の。何だかんだ言って、腐れ縁的なものを感じます。こういう関係は大好きです!

 あ、そういえば

 ボッサ「昔は世界はもっと広かった。」
ジャック「世界は変わらない。人間が小粒になったんだ。」

 人間が小さくなったら、世界はもっと広くならないですか?これって、何か私が勘違いしてる?それとも、字幕の問題?
 
 まあ、それはおいておいて・・・
 ジャック、サオ・フェンが現れた時、とっさにバルボッサの後ろに隠れますよね!!あれ、ものごっそい萌えるんですけど!!「そっち!?」って感じで(爆)!!

 彼の目的は評議会でカリプソを復活させることだったわけですが、ティアさんに関しては結構扱いがぞんざいというか、レディーファーストはエリザベスだけかよ!?って思いました。まあ、あの場合どっちもどっちですが。

 それにしても、ティアさん、目的はどうあれ、ボッサを生き返らせてくれて、本当にありがとうございます(号泣)!!!!

 評議会のボッサ、重鎮で、博識で、とても格好良かったです!!ってか、あの目玉・・・!?そうだったの!?

 ボッサと言えば、最後の東インド会社と戦うシーンが一番可愛かった気がする♪

 「バルボッサ!結婚させて!」
 「今忙しい!」
 「今お願い」
 「分かった!」

 確かこんな流れだったと思うんですが、こんな修羅場でなんて親切なんだ!!!
つくづくこの人、エリザベスには弱い気がします(笑)。

 しかも、船長の権限で結婚させた、その仕上げ!!

 「誓いのキスを。」
 「キスを!」
 「早くキスしろ!」


 そんなにキスキス言わないでくださいよ、照れるじゃないですか!!←え?

 イギリス船を挟み込んでの、全員同時の「撃て!」しびれるくらい格好良かったです!!

 エリザベスが船を下りるときに、「ターナー夫人」って声をかけるところも、涙腺刺激します。ボッサ、もうすっかり花嫁の父だよ(涙)!!

 しかし、良かった。途中から「ボッサ死なないよね!?」とかハラハラしだしたんですが、大丈夫で。しかも最後楽しそうで・・・vv

 で、ラスト!
何ジャックと戯れてるんですか!!??やー、ちょっと、どうしたらいいの、私!?
でも、「パパは好きでちゅかー?」って、(うろ覚えだけど)、それはキャラ違うだろう!って思ったのは私だけ?

 で、ジャックにしてやられるボッサが好きです!結局二人はそうやっておっかけっこしてるといいよ!!


 で、ボッサは一息ついて、ノリントン!!
 3部作通して、一人の切ない男の生き様を見ました。一作目でふられて、二作目でエリート街道から転落人生、サバイバルして大冒険して、三作目でせっかくエリートに戻れたのに愛のためにそれを捨てて死を選ぶ。
 デイビィ・ジョーンズに剣を突き立てた最後に、彼の誇りと生き様を見ました。安らかに眠ってください・・・。

 ジャックは・・・、結果的に人を救っちゃいるんだけど、どうもあの裏切り人生は好きになれなくて・・・。その時そのときで、自分にベストな道を、何にもとらわれずに生きているのはいいんだけど、彼の周りには居たくないな、私。父上との会話での口調もなんだかしっくりこないんだけど、それは字幕の好みですよね、多分?
 あ、でも”ジャックがいっぱい”な状況は楽しくて好きです♪

 エリザベス、回を重ねるごとに男前になりますよね。そりゃ誰もが惚れても仕方ないと思います。

 あと、折角愉快な海賊長達が集まったんだから、もっと彼らの活躍も見たかったな。
時間的にも無理だったけど。サオ・フェンも、「モア・スティーム!!」しか印象に残らなかった気が・・・。ごめんなさい。

 と、とりあえずこんなところかな。
また何かあったら吠えます(←やめなさい)。

 あ、林檎食べてなかった気がする・・・。まさか、見逃した!?それとも元々無かった?
[PR]
by otokata | 2007-06-03 09:49 | 映画