コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バレンシアの熱い花


 鞍浜吉平エンド、最後に持っていけないことが判明しました・・・。
彼のクリアが助手ロボットの攻略条件らしいのです_| ̄|○
でも、平日はどの道まとまってゲームする時間がないので、スロットとかゴキブリ退治でガマンしてます。成功するとヤマジーさん・・・、もとい、吉平さんが甘い声(でも大半は奇声)で褒めてくれるので、ちょっと病み付きです。


 と、まあその話はおいておいて・・・

 宙組公演の『バレンシア~』行って来ました、金曜日に(爆)。
北翔さんがロドリーゴやってるうちに感想書いとかなきゃと思って、今パソに向かってます。いえ、まだ3日はありますが。

っていうか、何でしょうね、蘭寿さんと北翔さんのダブルキャストって・・・。

観るに決まってるじゃん、両方とも・・・。

 蘭寿さんはこの前の慶喜公が良かったし、何と言っても北翔さんの歌には魔力がこもってるんですから!!「ローマは私のもの~♪」で理由も分からずにうっかり泣いてしまった過去があるんですから。聴きに行くに決まってるじゃないですか、ねえ?

 は、話が進まない・・・。

 『バレンシアの熱い花』を観に行くって言ったら、母が「名作だ」って言っていました。歌がとってもいいんだって。目の肥えてる母上が言うんだから間違いないと思って見ましたが、確かに名作ですね。私、こういう黒い騎士系のは好きですvv(黒い騎士じゃなくて天使だってば。)

 歌の方は、絶対TCAか何かのショーで聞いた事があると思います。愛してる×8(だったっけ?)×3パターン。歌詞はきれいなんだけど、でもこのサビはある意味「愛あればこそ」より恥ずかしいかもしれない。
 
 フェルナンドが歌うと結構普通で、ロドリーゴ(北翔さん)が歌うと何だか良く分からないけど頬を涙が伝ってて、ラモン(蘭寿)が歌うと切なくて「オン・マイ・オウン」な気持ちでした。
 一番感動したのはロドリーゴ、一番好きなのはラモン。フェルナンドは、マルガリータの事を思うと・・・、うん。でもイサベラは素敵な女性ですよね。ちょっとエスメラルダ思い出します。
 ちなみにフェルナンドは、幕が開いた最初の歌の高音と細かい動きがドキドキハラハラものだったので、その後の歌は逆に安心して聞けました。一番最初が最たるものだった気が・・・(自粛)。

 話は・・・、これってあれですよね。「バレンシアのために!」って3人言ってるけど、実際バレンシア第一に考えてる人っていませんよね(笑)?そういうところが良かったです(え)。

 ルカノール公爵(悠未ひろ)格好いいなぁ、余裕綽々だし。一番好みなのは公爵。ミーハーに騒いでしまうのは泥棒紳士・ドン・ファン・カルデロ様(七帆 ひかる)。注目ナンバーワンはローラ(花影アリス)。「退めないでー!!」と思ってみてしまうのがホルヘ(鈴鹿照)でした。カルデロ様とのシーンは、泣き入ります。「お涙ちょうだい!?」と、思っても泣いてしまいます。良かったです、純粋に。

 そういえば鈴鹿さんは、ショーのパレードでも前後と歩幅が違うから、ぴょんこぴょんこした動きになっていたのが、すごく可愛らしかったです。いなくなってしまわれるのか・・・、寂しいなぁ。
 
 ・・・次はキャストが入れ替わったら行きます!

 え、ショーですか?
えっと、強いて言うなら、生まれたての王子が可愛かったのと、火星の歌手が良かった事かな、はい。あ、エトワールもすっごく良かったです。

 ・・・なんて偏った感想だ。
[PR]
by otokata | 2007-07-04 00:55 | 舞台・役者さん