コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

BOYSの皆様、お疲れ様でした。


 3日前にビリーのプートキャンプに入隊した音方です。
4日目の今日、完全夏バテ状態でやる気0。見事三日坊主を達成!
いえいえ、ちゃんと明日はやります。今日はジメジメしてて、本当しんどい・・・。

 アニレミも、今週分まだ見てない。感想もメモで止まって大分アップしてない。
それに、14日レミゼのソワレ分も書いてない・・・。
でも、今日は大きな用事を二つ済ませたから良しとしよう。こうやって自分を甘やかしてると、ビリーに叱られる気がします。それに何より、自分をまた一つ嫌いになるから、甘やかさないようにはしたいのですが・・・、暑い。
 
 『宝塚BOYS』も無事大楽を迎えたようですね。
もちろん、福岡までは行けなかったのですが、ブログの方にヤマジさんの羽姿が載っていて、もうそれだけで幸せです。写真小さくて、顔が見づらいのが辛いのですが、でも雰囲気が素敵なので良し(苦笑)!!

 BOYSに関しては数日前朝日新聞に、結構厳しい記事が掲載されていました。職場でチラッと見て、気になって朝日買っちゃいましたよ。初めて売店で新聞を買った記念日(笑)。(リンクはこちらから
 時間の流れが分からないとか、成長振りがよく分からないとかは確かにそうだった気がしますが、あの作品の雰囲気とこの記者さんの求めるものの比重が結構違ったような気がします。作品の本質は確かにここで求められているものと一緒なんだけど、役者さんの演技とかから伝わってくるものを、更に作品の構成からも求めていたような、そんな感じ。3時間で私は彼らの青春を泣いたり笑ったりしながら一緒に過ごした気分でいたけど、もっとかっちりしたものが見たかったのかな、と。難しいですね(微笑)。

 でも、観たかったものとかみ合った・・・と、いうよりそれ以上のものを魅せていただいた私は、すっごく楽しかったです。このメンバー、この題材、この脚本ならではの世界だったと思います。最初は85%ヤマジさん、10%圭吾さん、5%宝塚と言う題材目当てで観に行きましたが、この作品そのものが気に入って帰ってきました。じゃなきゃ、金欠なのにDVDだのパンフだのコンプして帰ってきませんから(苦笑)。

 では最後に、めっちゃくだけて素敵だった、ブログ掲載・楽の一言挨拶に私から感謝のコメントを・・・(いらんわっ)w

花緑さん や、やめちゃわないでくださいよ。私まだ見てないのに。>落語家
吉野さん ええ、お帰りなさい、圭吾さんvvでもシカネは観に行けないの(涙)。
三宅さん 水炊き、楽しんできてください(笑)。って、楽挨拶より水炊きですか!?
初風さん 私も幸せでした。それにしても、紅一点のキミちゃん、羨ましかった(爆)。
佐藤さん まさにその通りだと思います。車に気をつけて帰ってください(笑)。
猪野さん 読んだ瞬間「オン・マイ・オウン」の冒頭が聞こえました。
須賀さん ここ舞台でしょっっ!!打ち上げにはまだ早いよ(爆)!!
葛山さん 本当、幸せをありがとうございます。初めて拝見した葛山さん、素敵でした!
山路さん いや、マジで再演してください!!そして羽背負ってください!!
       池田さんに会えて、本当に嬉しかったです!!


 何はともあれ、お疲れ様でした!!
彼らとDVDで再会するのを心待ちにしています!!
[PR]
by otokata | 2007-07-20 22:52 | 舞台・役者さん