コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

駅から帰り際に…。


 さて、東京駅でロッカーから荷物を出して戦友の家に向かおうとしている途中、一人の女性に声をかけられました。

 「すみません」って近寄ってきたから、「私は関西人なので、道は分かりません」なんて考えていたら、何やら勧誘だった様子。ボーッとした頭に、「勉強してるんですが」って言葉が妙にはっきり聞こえたから、よくある怪しい勉強会の勧誘かと一瞬で判断して、「すみません。急いでるんで。本当無理で、ごめんなさい。」なんて帰ってきたのですが、どうも耳に残ってるのはいつもと違う響き。

 ちゃんと再生すると、

 「笑いの勉強をしているのですが、少し付き合って下さいませんか。少しで良いんです。何だか辛そうな顔をしてらっしゃるから…。」

 って言われた気がする。

 …辛そうな顔してた?

 自覚は無いけど、そうかもしれない。

 いや、空耳かもしれないし、勧誘の文句にそんな真剣に考えなくても良いのは分かってるけど、実際今ジャベを見納めて辛かったから、「鋭いの来たなー」って思いました。

 でもさ、お笑いでどうにかなるもんじゃないから(笑)。
むしろ、この辛さに浸っていたい気持ちさえするし、絶対に忘れちゃいけない辛さだと思うよ、これ。

 そんなことを思いながら戻ってきました。
しかし、「笑いの勉強」って一体?
[PR]
by otokata | 2007-08-07 20:22 | レ・ミゼラブル