コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Windblows 風の便り

 11日遠征最大の目的、「Windblows 風の便り」!!

 まず私、東京オペラシティに行くのが初めてなんですよね。HPとか見てると凄いホールみたいで、まずそこから楽しみでしたvで、実際に行ってみると、ものっすごいパイプオルガンがあってビックリ。天井めっちゃ高いし!!あの天然木に囲まれた感じで西宮の芸文を、広さとかパイプオルガンでシンフォニーホールを思い出しました。97年オープンなので、丁度10年目の比較的新しいホールなんですね。
 座席数1632席の中、やや空席はあるものの聴衆が大入りで、カメラとか入ってて、なかなか圧巻でした。ロビーとか混みあってなかなか進めないし、なんかお祭りみたい。・・・カメラ入ってるって事は、いずれ放送するなり販売するなり・・・してくれないかな・・・。
 ただ、スピーカーの位置とホールの音響の兼ね合いなのか、声が響きすぎて歌詞が聞き取れないところが結構ありました。松岡君や浅茅さんは結構言葉はっきりだったのですが、特に今井さんの低いお声とかは惜しい事にちょっと聞き取りづらかったかな。でも、歌詞がわからなくても、何だか温かいものがたくさん伝わってきたから、無問題ですね!!

 以前書いたように、私の席は3階上手側前方バルコニー前列だったのですが、要するに出演者の頭上数メートルの所?

 取った時は「どうなんだろう?」って思っていましたが、実際に座ってみるとこの席結構美味しいです。オペラグラスとかなくてもちゃんと表情の見える距離ですし、舞台上の方がフッと顔を上げたらちょうど目が合うような位置なんですv最後に見上げて手を振ってくれた今井さんと目が合ったのは、気のせいじゃないと思うの(力説)!!それに、出演者の方のつむじが見えるの!!!(あえて特に誰のが嬉しいとかは書きませんが)盛大に自分の心にヒットしました!!ありがとう、3階バルコニー席(涙)!!
 それに、ファンに優しい綜馬さん、3階席までしっかり見て下さるんです(>▽<)おかげであの席は、「ハッ、今私、綜馬さんと目が合った!?」なんて、何回も思える席でした(うっとり)。しかも、「青葉城恋唄」を歌う前のMCで、「これリクエストした人?」との問いに、「はーい!!」って、物凄く元気よく返事をされて、周りの出演者がハイテンションに驚いている中、「3階の人にも聞こえるようにって思って♪」って、言ってくださったんです!!こういうさりげない心遣いが、とっても嬉しいです!!!

 今回は「歌を手紙にして、伝える」みたいな感じのコンサートだったので、皆がそれぞれ選んだ曲を歌い、その曲や事柄に対する思いを語るコンサートでした。






オーヴァーチュア「少年時代」
オケによる「少年時代」。早くもしみじみした気持ちになれます。

「上を向いて歩こう」 (全員)
 お馴染みの名曲。早速テンションが上がりまくりです。この曲の後に自己紹介。
 色々ありましたが、「SOPHIAの代表取締役です。」と自己紹介した松岡君に、すかさず「SOPHIAって会社なの?」と、ツッコまれた綜馬さんが印象的です。
 それから、この曲をリクエストしたガイチさん(初風緑)が、「辛い事があっても前向きになれる」みたいに仰った時、「宝塚時代に何か辛い事があったの?」と、真剣に尋ねる綜馬さんも面白かったです。何といいますか・・・、やっぱり綜馬さんは今回も綜馬さんでした(笑)。本日の大ウケ大賞(もしくはベスト天然賞)を差し上げたいと思います。

「青葉城恋唄」(鈴木綜馬)
 高校時代に仙台に旅行に行きたくて、旅行本をたくさん読んだりして「さあ行くぞ」って思っていたのに、盲腸になってしまって行けなくなってしまった綜馬さん。そのしばらく後にこの曲が流行ったのですが、聴くと仙台の情景が浮かんでくる、というようなお話をされていました。
 久しぶりに綜馬さんの歌声に包まれて、もう幸せったらなかったです(激愛)!!

「未来へ」(初風緑&神田沙也加)
 ガイチさんの歌いだしの可愛らしさにビビリました。いや、私のガイチさん最後の記憶が「炎にくちづけを」の険しい真面目で突っ走った伯爵だったもので。こんな可愛らしいお声の方だったんだ・・・。っていうか、今更ですがドレス姿マジで美人!!歌もマジでお上手!!(本当、今更)
 神田さんの方は、意外と少しハスキーな感じの歌声。優しくてふんわりした感じのデュエットでした。
 終わった後に、「美しい・・・!お二人とも。」と、綜馬さんに言われて慌てるガイチさんが可愛らしかったです。

「涙そうそう」(今井清隆&浅茅陽子)
 今井さんのチューニングを生で見学する会(笑)。私、今井さんのギター聴くの初めて!!って言っても、三線(かな?)と同じようなところを弾いていたので、よく分からなかったのですが(汗)。
 しっとりとしたやさしい感じの「涙そうそう」でした。・・・しかし、今井さんのお声ってこんなに色っぽかったっけ・・・(オイ)?

「今宵満月」 (神田沙也加)
 「大地さんに憧れている」という神田さんの「今宵満月」。初めて聴く曲です。いい感じに似合っていました。
 歌い終わって即退場する神田さんに、下手からやってきた綜馬さんが「そんなさっさか行かないでよ。」と、呼びかけてたのがヘタレてて可愛かったです!!

「青空の破片」 (松岡充)
 マブい通信士・ブライド(21歳)復活!!
 綜馬さんと松岡君のタイタニックトークだったのですが、登場するなり「えーと、君は?」と、問いかけてくる松岡君に、「ブ、ブ、ブライドです!」「マードック?」(だっけ?)「ブブ、ブライドです!!」「私は宝田だ。」「あ、だからこうやって(ちょっと肩を張ったポーズ)歩いてたんだ。でも、あんまり似てないかな。」みたいなトークが繰り広げられてました。「ミスター・アンドリュース!!」って呼んだのに(汗)。「見た人しか分からないし。」仰るとおりです、綜馬さん(爆)。
 それと、綜馬さんって、タイタニックの話をする時、大抵あの映画のワンシーンのポーズをしますよね。確か音一会の時も。お気に入りなんでしょうか(^^)
 松岡君とタイタニックで一緒になった時の綜馬さんの印象は、「こんなに自分を捧げる人がいるんだな、と。」だそうです。
 それから、松岡君が「青空の欠片」誕生のいきさつを熱く語って歌ってくれました。オケも歌い手も、ものすごく情熱的でした。ただ、アンドリュースしか知らない私は、松岡君の意外と個性的な歌い方にびっくりしました。

「見上げてごらん夜の星を」 (全員)
 綜馬さんと浅茅さんのリクで、全員での合唱でした。

<休憩>

 聖子ママの登場に客席騒然!!ちなみに同じ列中央寄りに、ビジュアル系っぽい若いお兄さんが3人座っていましたが、当日SOPHIAのメンバーが3人来ていたみたいなので、もしかしたら彼らかもしれません。

「冬のファンタジー」 (鈴木綜馬&神田沙也加)
 緑のストライプのシャツで、ちょっとカジュアルな綜馬さんと白いドレスの神田さんのデュエット。歌詞はなんかちょっとくすぐったいようなラブソングなのですが、何でも、彼女が小学生の時に「こんな恋愛がしたいなぁ」と、憧れていた曲なんだそう。「それをどう?おじさんと歌ってみて。」とか、「ちょっとくっつきすぎじゃない?」とか、浅茅さんが歌い終わった後に茶々を入れてらっしゃいました。が、そこは綜馬さん。浅茅さんが神田さんに「こっちおいで」って手招きして、素直に彼女が行こうとすると、腕を引っ張って引き寄せたりするんですよ!!歌う時も、またまた手にキスとかしてらっしゃったし。「デュエットが決まった時、こっそり小躍りしちゃった」とか仰って、なんか相当嬉しかったみたいです。なんとも羨ましい・・・(本音)。でも、今井さんには「援助交際」って言われちゃったようです。いやいやいや、綜馬さんだったら逆にこっちがお金払ってでもお願いした・・・(以下自粛)。
あ、綜馬さん、聖子ママにご挨拶されて、動揺しちゃったらしいです。いいなぁ、その光景見たかったな・・・。

「愛燦燦」 (浅茅陽子)
 美空ひばりさんを何百回と演じられている浅茅さんだけあって、凄かったです。あれは言葉には表せません。一つの完成された芸術品のようでした。

「群青」 (今井清隆)
 結構訴える曲っぽいのに、歌詞が一番聞き取りづらかったのがこの曲。でも、ホール全体が今井さんのお声で満たされる幸福感を味わいました。

「生まれくる子供達のために」(松岡充)
 松岡君のトークが、「今大人になった僕たちが子どもたちに何をしてあげられて、何を教えてあげられるか・・・」みたいなお話だったのですが、しっかりし過ぎてて、感心すると同時に、自分の脳内で一瞬色々反省しました。
 しかし、この曲も知らなかった。オフコースなんですね。今度レンタルして聴いてみよう。

「あなたが夜明けをつげる子どもたち」 (初風緑 withパソナソウルメイツハーモニー)
ここからはコーラス付!しかもガイチさん、手話に挑戦です。
これも知らない曲だったのですが、行進曲っぽくていい曲。
 コーラスのお話をしている最中、突然綜馬さんが「50人(コーラス)+50人(オケ)は?」なんてマイクを客席に向けてました。いや、そんな突然ふられても答えられませんって(汗)。綜馬さんのこういうところ大好きです!!
 
「いい日旅立ち」 (鈴木綜馬&今井清隆&松岡充)
 「いい日旅立ち」ですよ!!私この曲大好きですが、それを綜馬さんが歌うんですよ!!うわぉっっ!!しかもこれもコーラス付!!
 何でも、四季入団が決まっていた綜馬さん、大学の謝恩会でこの曲のリードを任されたそうです。皆会社に就職が決まっていくのに、「自分はこれからどうなるんだろう・・・?」と、思われていたそうで、ええもう、そのお気持ちはとてもよく分かります!!←一緒にするな。
 そんなエピソードを交えつつ、「いい日旅立ち」ああもう、来て良かった(滝涙)!!もうあの空間に居合わせて心から幸せで光栄でしたよ!!
しかも、途中から今井さんと松岡君が参加。声質が全く違うのが面白かったです。綜馬さんのテノールがもうどれほど美しいかは今更言うまでもないのですが、あの澄み切った高音の感動は、忘れませんとも!!

「時代」(全員)
 綜馬さんにマジで「愛してます」と、言わしめた曲。話振った浅茅さんが上手にいらっしゃったから、こっちを向いて、そりゃあもう真剣に、真面目な表情で「愛してます」って!!!!思わず撃沈orz焦りまくりました。本気でどうしようかと思った・・・。そうそう、浅茅さんも動揺されていたのを見逃しませんでしたよ。「え、歌ですよね!?」みたいな(爆)。お気持ちは分かります。私も本気で動揺しました。ああ、この歌になりたい・・・(意味不明)。
 この曲も大好きです!!この日の思い出をしみじみとかみ締めながら拝聴しました。

「今日の日はさようなら」(全員)
 「本当に本当に最後の曲。皆さんもよく知っている曲です。」って紹介があって、この曲が来るとは思わなかった。合唱しようにも、歌詞覚えてない(汗)。
 この日の感想とかも色々述べてたのですが、なんかもうその辺は胸が一杯で覚えてません(コラ)。
 
 はぅぅ・・・、素敵だった・・・。久々に綜馬さんを堪能できて、もう言うことありませんです・・・。たっぷり充電してきました!!次は12月ですね!!よしっっ!!それまで頑張って生き抜いていきます!!
[PR]
by otokata | 2007-09-14 02:36 | 舞台・役者さん