コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ME&MY GIRL


 日曜日の話になりますが、宝塚月組公演「ME&MY GIRL」を見てきました。
休みの度に、「今日行こう」と思いつつ、機会を逃して、27日が最後のチャンスになってしまいました。仕方がないので、朝1時間半並んで当日B席をGET。際どかったです。どんどんS席A席が売り切れ、当日Bも立ち見も△状態でしたから。本当、買えてよかった。適当なファンの私は、こんなに並んだのは初めてです。バウ出演らしきジェンヌさん達が目の前を通っていくのが見れたから、楽しかった。誰が誰だかさっぱり分からなかったけど(汗)。

 「ME&MY GIRL」
 最初に接したのは、うちにある初演月組のレコード。多分小学生の頃だったと思いますが、その頃からおじさま趣味的な何かの片鱗が出てた私は、ビルよりもジョン卿(郷 真由加)の方がお気に入りでした。それに、ナンバーがもう全部好きで、結構聴いていたと思います。
 95年の天海&麻乃ver.は、テレビか何かで見ました。あの天海さん退団のダイヤモンドチケットとを、何故か妹がGETし、見に行っていた記憶があります。何で私じゃないんだ~!?(超今更)

と、いうことで過去二作とも知ってはいるのに、実際に生で見るのは初めてでした!

すっごく楽しい!!

 舞台見に行って、あんなに笑ったのは「宝塚BOYS」ぶり?(って、最近やん)これぞエンターテイメント!笑って、時々ホロっときて、手拍子して、笑って、笑って・・・、堪能してきました。気持ちがちょっと舞台に飢えてたのですが(最近あんまり見てない)、取り戻して気た気がします。

 瀬名ビル、ハマりすぎ!!裏表の無い、あの気持ちのいい性格。上流階級からしたらヤクザな生き方だけど、生きてるのが楽しい!サリー大好き!!っていう、あの好青年っぷりが好き!!それにあの腹筋キラーっぷり(笑)!すんごく笑わせていただきました。
 それにサリーがもうすっごく可愛いの!!出てきた瞬間から可愛いの!!顔とか振る舞いとかはもちろん、いじらしくて健気で、楽しくて、本当に可愛い!彼女にしたい(え)!!ビルが羨ましい!!!!!!!!!!
 一番期待して行ったジョン卿。気がついたらジョン卿が好きって言うよりも、きりやんが好きって目で見てた(爆)。仕方がない、ご贔屓さんだし(ええ?)!いや、でもジョン卿好きです。あの純情っぷりが好きですよ!酔っ払った時の羽目外しっぷりも可愛いし、何よりあの粋で紳士的な振る舞い!いいなぁ、ジョン卿・・・。懐中時計掏って戯れるビル羨ましい。私もあの人いじりたい(笑)。それから手にキスされてたブラウン夫人が羨ましい・・・(そっち!?)w
 で、マリアおばさんがまた良いんだ!出雲さんの歌も聞き納めだと思うと、ヘアフォード家の歌の辺りで目から磯の香り・・・(注・泣くシーンじゃありません)。剣を静かに振りかざして、凛々しくて、オブリガードが綺麗で格好良いんだ。誇り高く、頑固だけどかわいい人。しっかり焼き付けてきました。
 明日海さんのジャッキー、すんごく可愛かったです。普段は男役さんなんですよね?若干声域が厳しかったかな。でも「あなたは私に夢を見させる」の誘惑っぷりとかめっちゃ良かったです♪
 ジェラルドは・・・、ちょっと物足りなかった気が。影が薄いと言うか、情けないだけに見えたと言うか・・・。もうちょっと+可愛さとか、母性本能くすぐる何かが欲しかった気がします。個人的好みだけど。
 パーチェスターちゃんに関しては、もう言うことありません。一家に一人是非欲しいですwいいなぁ、あの人。実質役に立つかはかなり謎ですが、暗い空気とか吹き飛ばしてくれそう。
 後、別にブームに乗っかってるわけじゃないけど、ヘザーセットさんはかーなーり、好きです。生真面目であんまり融通きかなそうだけど、何か面白みがあって格好いい感じですよね。本場イギリスの執事さんww

 このミュージカルって、本当にナンバー粒揃いですよね。全部大好きなんですけど、日常で一番口ずさむのは「顎で受けなさい」だったりします。辛いことがあったり、凹みそうになった時にふっと口から出たりするので、劇場で聴けた時に感無量でした。
 これがピアノCDに入ってたら良かったのにな~。そしたら間違いなく買ったのに。ナンバーがしゃれてるから、ピアノにするとすっごくいい感じなんですよね。誘惑に打ち勝つのにめっちゃ頑張りました。(だったら入ってない方が良かったんじゃ・・・、っていうのは野暮ってものです。)
 どうでもいいけど、大劇場のロビーに置いてあるピアノ、「絶対これ届かない!」って音域使ってますよね。重ね録りなのかな?ピアノ譜出して欲しい、って思ったけど、それ以前にあれそのまんまは物理的に無理そう。

 今回花嫁のうちの2人が退団ということで、ちょっとフィナーレが切なかったです。
デュエットダンスの曲が「もしもハートをとられたら」で、最後に「帰らないハートをいつまでも追うのさ」みたいなフレーズが入ったり、エトワールの出雲さんの衣装が心なしかいつもより豪華だったり。はぅ・・・、この方の歌がもう聴けないとか、本当に信じられないです。寂しすぎる。

 それから、見る前はすっかり忘れていましたが、この公演は初舞台生お披露目公演だったんですね。・・・楽前最後の日曜で、トップ娘役退団公演で、しかも「ME&MY GIRL」で、初舞台公演で・・・、本当によく取れたな、チケット。
 初舞台生の口上やロケットって、何だかジーンとします。私も昔はこの世界に入りたいなんて(恐れ多いことこの上ないこと)考えてたこと思い出したり、最初に初舞台生のロケットや口上を見たときを思い出したり(94年「火の鳥」でした。だから、きりやんには特別思い入れが。)、自分よりも若い彼女たちの青春をちょっと羨ましく思ったり、夢をかなえてこれから舞台人として歩き出す彼女たちの前途を思ったり、前途よりも何よりも今この瞬間最高に幸せそうな彼女たちの幸せを分けてもらったり、色々な気持ちが渦巻くのですが、でもそんなことより何よりも、段々言葉で言い表せない感動が巻き起こっていくんですよね。不思議な瞬間です。そして、この時の劇場内の温かい空気が好きです。自分と同じように客席にいる人達が大好きだ!って、一番思える、観客の優しい空気が好きです。初舞台生と客席のあの一体感・・・。いいですよね、本当に。

 そして、初舞台生のいる公演の一番有効な使い方・・・

2階席通路にまでありがとう、ランべス・ウォーク!!
大げさかもしれませんが、こんなに感激したのは初めてかも。泣きそうでしたから、私(笑)。来てくれるなんて知らなかったから、最初ランべス・ウォークの客席降りは完全に関係ないと思ってましたから。ジェラルドの登場シーンも1階客席も見えないような一番後ろの席からは、舞台の上だけ見てりゃいいと思ってましたから。何か、報われたと言うか、見捨てられなかったと言うか、そこまで気を配ってくれたのが本当、嬉しかったです!最高に楽しかった!!!ありがとう、宝塚!!

 もう、最高に楽しい舞台でした!!行ってよかった!!並んでよかった!!

・・・博多行きたいなぁ。きりやんのビル、マジで見たい。でも私が福岡行くの9月だしなぁ。どうしよう・・・(悩)。
[PR]
by otokata | 2008-04-29 02:10 | 舞台・役者さん