コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

終わったー!

終演しました。今帰路についてます。

あ、今から「AKURO」ネタバレありの脈絡なし書き散らし文が始まります。



やっぱり迫力が違うかったー!
2人を除いて男性キャスト。その濃さでの歌やお芝居、空気の重厚さったら!最近ヅカ漬けだったので、すっごいショックが大きかったです。
それに、やっぱりアクロバットのAKUROじゃないかっていうダンス!かっこいい…。

「我らが何故大和を憎むのか

我らの姿がなんだったのか」

ここまで訴えかけてくる作品、そうそうありません。

「そんな当たり前の生活が、手の届かない宝物みたいになってる!」

平和を当たり前のように享受して生活している私にとって、一番突き刺さる言葉でした。


姫が登場しなかったり、
ラストのアテルイの幻影とか(前なかった気がする)、セットとか、新キャストとか、初演と違うところはあるけど、この興奮と感慨深い感じは、あの時に感じたまんま。
それに、思ったより細かいところまで覚えてる自分にびっくりした。印象深い作品だからなぁ。


あとあと、前から思ってたけど、イサシコの戦い方、やっぱりかっこいいです。
ロープに重りがついてて、敵に当てたり、武器を絡めとるやつ。頭良くてよっぽど修練しないと使いこなせなさそうな。
本来はむやみやたらに人を傷つけないための戦い方に見えます。だとしたら、彼らしい。
戦い方だけじゃなく、彼の考え方、人柄ー正義感が強くて、穏やかで包容力があって、力強い。
か、かっこよすぎる…!

アテルイ様も蝦夷達も高麿も将軍も皆大好きなのですが、ここは声を大にして贔屓を叫ぶぞ(笑)。
イサシコ好きだ!

金欠に負けずに見に行って、本当に良かったです。
役者さん達の全力の舞台から、エネルギーを分けてもらいました!
また「火怨」も読み返すぞー!

あ、どうでもいいことですが、以前ヅカで謝先生演出の『MAHOROBA』を見たときに、
「どこかAKUROっぽい!」
って思いましたが、今回再びAKUROを見て
「やっぱりMAHOROBAに似てる」
って思うことはありませんでした(^_^;)
[PR]
by otokata | 2008-11-29 22:07