コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:レ・ミゼラブル( 63 )

ちょっと考えてみました。

何故ヴォートランとラスティニャックで「やおい」は無いのか

今日の記事は、腐女子的な内容、男性同士の恋愛についてです。
内容は、上記の2人の他、原作のバルジャンとジャベールを含みます。
しかも論理的思考ではなく、100%音方の感情的かつ主観的な勝手な意見の垂れ流しです。
内容はこの上なく薄いです。期待もしないで下さい。

そういう話題が苦手な方、耐えられない方、怒りを覚えてしまう方は、どうかこの先を読まないでください。



いいですか?

More
[PR]
by otokata | 2006-02-05 17:10 | レ・ミゼラブル

完全脱力・・・。

 梅田芸術劇場の千秋楽公演、もう終わった頃ですね。

 私はというと、My楽の日から完全に放心状態で過ごしています。
おかしいなぁ、観終わったら日常に戻るつもりだったのですが・・・。
日常に戻りきれないと言うか、夢の中にジャベールが出てきたり、意識が飛ぶことが多かったり・・・。思ってたより中毒気味でヤバいです。

 しかもこの前の記録をようやく読み返したら、肝心なバルジャンについて一言も言及がないし・・・。うわっ、偏ってるなぁ。

 
 決して興味がないとかじゃなくて、帰ってきて頭をグルグルしてたのがジャベールだったってだけなんです。
別所バルジャン、大好きですもの!この前涙腺を真っ先に緩めてくれたのは、彼の『バルジャンの独白』でしたし。(ちなみに、別所さんの独白を聴いていると、何故か赤ラベルの鹿賀さんが甦るんですけど、イントネーションとかの問題でしょうか?)
 彼のバルジャンは、年とともに深みが増してくるのですごく好きです。それでいて、とても優しいし。『彼を帰して』や『エピローグ』を聴いていると、自然とバルジャンの持つ温かさに引き込まれる感じがします。

 しかし、これからどうしようかな・・・。ちゃんと明日までに卒論要旨が書けるだろうか!?

・・・・・頑張ってあがいてみます。
[PR]
by otokata | 2006-01-15 16:02 | レ・ミゼラブル

初観劇記 (長文注意)


 『レ・ミゼラブル』 
 梅田芸術劇場 6時30分開演 ソワレ
 
 え~、観劇記を書こうと試みてから早数日が経ちました。
なのに何故自分的千秋楽が初めてのレポになるんでしょうか・・・?っていう、?な気持ちでいっぱいです。軽く考えた結果、感想ノート(表紙は天野 喜孝の"Armer"。お気に入り♪)に一旦感想全部書いちゃった時点で安心しちゃうらしく、それで今まで手付かずだったみたいです。
 そもそも何を書いていいのか分かんなかったし。
と、いうわけで今日はノートに書く前に頑張って書いてみようと思いますo(^o^)o

More
[PR]
by otokata | 2006-01-14 00:49 | レ・ミゼラブル