コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:レ・ミゼラブルSS( 6 )

STARS

 昨晩、ポニテ会の絵チャに参加してきました。
一応「マウスで絵とか描けないかな・・・」と、前日とかにペイントで試みたのですが、あんまりにも絵心が無いのであっさり諦め。ROM専門で語り明かしてきました。
 
 もう、命日の過ごし方としては最高級のものだったと思います!!
画面全体に、絵描きさん達の個性豊かでなおかつ鼻血吹く位素敵なジャベの数々!!
右を向いてもジャベ、左を向いてもジャベ、上を見てもジャベ、下を見てもジャベ(失神)!!おまけに下の方では華やかなる、ジャベをひたすらいじりたおす偲ぶ素敵な会話が繰り広げられると言う・・・。ただただ幸せでした。ええ、もう、皆様ステキすぎます!!思わず足元にひれ伏したくなってしまいます・・・(平伏)。
 こんな素敵な方々と、素晴らしいジャベを見ながらダイビング・タイムを迎えられた事を、本当に嬉しく思います。ええ、「今夜はジャベらナイト☆」最高でした(しかし、初めて打ったのにどうしてこれが一発変換されてるんだ、マイパソ・汗)!!

 さて、今日は命日期間最終SSとして、バルジャベを予定・・・していたのですが、不思議な事に中々バルジャベの神は降りてこなくて・・・_| ̄|○トーク中とかネタ出てくるし、結構妄想する方だと思っていたのですが、いざパソに向かうと、全然筆が進まなくて、ちょっと戸惑っています。
 多分・・・、愛が痛くて言葉に出来ない状態と思われます(肝っ)!!

 ってことで、同時UPしようとしていた痛い文章だけ更新。
いつか恐縮にも、「音方さんのバルジャベが読みたい」と言ってくださった方々の為にも書き上げたかったのですが・・・(本当に嬉しかったので!!)。もうすこしねかせて熟成させてみます。

ってことで、タイトルそのままの文を読んでみる。
[PR]
by otokata | 2006-06-07 22:24 | レ・ミゼラブルSS

バリケードの黄昏

 今日も黒服で通勤。黒いパンツと黒いジャケット。中のTシャツは黒と白のボーダー。
 「完璧・・・」
そう思って支度をし、いつもと同じように時間ギリギリになって靴を履いて玄関の全身姿見を見て愕然。

ルキーニじゃん・・・。

 作品違うよ、私。今日はエリザの命日じゃないって!!
 まあ、でも、「バルジャンの囚人服をイメージしました。」って思えばレミゼっぽいか・・・。
そう開き直って、普通に通勤しましたが。高嶋アニキはジャベだし、うん。

 で更に、図書館で『ブリン・ターフェル』というバリトン歌手のライヴDVDを借りてきました。検索していて偶然発見したのですが、ミュージカルナンバーから『見果てぬ夢』とか、『スターズ』とか歌っているのです。一応メインはクラシックで、どういう基準でいきなりここにジャベが入ったのかは謎ですが、ナイス選曲!!
 字幕も東宝の歌詞じゃない、ちゃんと訳したもので、一部日本語がおかしいですが、新鮮な感じがして嬉しいです。オケも素晴らしい!!
 で、肝心の歌いっぷりはと言うと、堂々たるもので、めっちゃ朗々と響いています。曲想も外して欲しくないところはきっちり抑えているし、ちゃんとジャベに聞こえます。

っていうか・・・

顔を見ずに聴けば惚れます(失礼ですが)!!

ブリン・ターフェル・ライヴ・イン・コンサート

昨日の続きの追悼SSでも読んでみる。
[PR]
by otokata | 2006-06-06 22:31 | レ・ミゼラブルSS

星を持つ者たち

 今日は、黒い服で一日過ごしました。職場の上司がこれまた見識の深い人で、「レミゼの6月革命のため喪に服しているんです。今日はエポニーヌ、明日は学生達、明後日はジャベール」って言ったら、「変な人」って笑って返してくれました。・・・変ではないと思うんだけどね、私は。その人は福井アンジョルラス時代に観に行った事があるそうです。何と羨ましい・・・!!
 あんまりにも理解があるので、思わず夢を語っちゃいましたよ。
「将来6月7日のノートルダム橋に、花を供えるのが夢です!!」って・・・。

 さて、昨日言っていた作品ですが、何とか間に合いました。
一度は書いてみたかったジャベール&アンジョルラス。
この調子で7日まで一日一作、出来たらいいな。ムリかもしれないけど(^^;)

ってことで、SSはこちら
[PR]
by otokata | 2006-06-05 23:13 | レ・ミゼラブルSS

セーヌdeカフェ・ソング


 えっと、昨日は風邪をこじらせて寝ていました。で、珍しく微熱(と、いっても37℃ですが、平熱が35℃台なので)を出して朦朧とした意識でいると、いつにも増してアホなことを考えてしまうものです。アホすぎてかえってネタになるかと思って、UPしてみることにしました。

 時間を無駄にしたくない方は、ここから先引き返すことをオススメします^^;
レミゼをいじられたくない方や、カフェ・ソングの替え歌が許せない方、音方の書き物のように、特に必要性を感じないものを排除したくなる方も、回れ右をお願いします(今更ですが)・・・。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 ノートルダム橋の欄干に頬杖をついて、暗い水面を見つめるバルジャン。
手には少し前まで、ある警察官の髪をまとめていた黒いリボンが握られている。

バル「言葉にならない 痛みと悲しみ。
    闇夜のセーヌ川 君はもういない。」

 奇跡的に声が届いているのか、水底で意識を手放したジャベールの眉がピクリと動く。

バル「理解を夢見て 炎と燃えて
   共に唄ったが その日は来ない。」

 意識がないながらも、「何を今更」とでも言うようにジャベールの口元が歪む。

バル「新しい関係 まぶたに描いて
   声も高らかに 歌ったの誓いそのまま別れを告げた 砦の寂しい夜更け」

 「何だと!?」とでも言うように、ジャベールの眼がカッと開かれる。
聞き間違いかと耳を疑っているうちに我に返り、息苦しくなってじたばたし始める。
そんなことも露知らず?バルジャンの歌は続く。

バル「ああ警部 許せ 私は生きている
   言葉にならない 痛みと悲しみ。」

 「ぼごわっ、ぶばぐヴぁぶべ!ヴぉべぼヴぉヴぃばぼぶばべヴヴぁヴああぶぶヴぉびヴぁ!!(くそっ、バルジャンめ!俺の死に場所まで奪うつもりか!!)」
 警部、必死にもがき中・・・。
 バルジャン、いっそう哀切に感情を込めまくって歌う。

バル「川に映る影 リボンにも姿が
   闇夜のセーヌ川 「ジャベール!(セリフ)」 君はもういない・・・」

 バルジャン、一瞬にやりと笑うと、いよいよ感情を爆発させて・・・

バル「我が妻よ~ 聞くな!!散り・・・



ジャベ「誰が妻だぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」

ザッパ~ン!!!


 勢い良く水しぶきを上げて川面から姿を現したジャベール。
バルジャンにビシッと指を刺し、息切れしながらも啖呵を切ろうと必死!

 「(ゼイゼイゼイ)だっ、大体・・お前は・・・・っうぐ・・っくっ!!??」


 瀕死状態からいきなり怒鳴ったため呼吸困難に陥ってのた打ち回ってるジャベールを、にっこりと最高の笑みで見つめるバルジャン。

バル「やあ、お帰り。ジャベール警部☆」


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

・・・結論としてはこうですね。

熱は人をダメにする。

えっ、今更ですか?そうですか(開き直り)。
[PR]
by otokata | 2006-05-18 22:32 | レ・ミゼラブルSS

神が降臨・・・?


 今日もバイトでした。結局連休中に休みを取れたのは家族&親戚と食事に行った4日だけで、あとは全てバイトでした。まあ、4日休んだだけまだいいか。

 今日のバイト中は、多分私にレミゼの神様が降りていたと思われます。
原作で読んでいたけど、深く考えなかったところや、妄想が結構次から次へと溢れ出し、メモりたくて仕方なかったです。暇なバイトな上に、今日はディズニーを流したので、岡さんや中右さんだけでなく石井さんも流れたのが更に良かったのかと・・・(ほら、”ホール・ニュー・ワールド”の・・・)。

 と、いうことで、レミゼ小説は一切書けなかったのに(前なりゆきで一作になっちゃったのがありますが)、今日は珍しく創作意欲が湧いて一作書けました!
文章書くリハビリみたいな心境でしたが・・・(苦笑)。

 あ、本当はバルジャベを書きたかったのに、やっぱりバルジャベはまだ全然筆が進まなかったので、別の話になりました。
 ある一警官の、ただの警部への片思い日記みたいなものです(オイ)。

 ただし、私のレミゼの神様は、クォリティは全然高めてくれなかったので、駄文には変わりありません(爆)。ヤマもオチもありません。
その辺はご注意下さり、寛容で、駄文を笑って許せる方のみお読み下さい。


ダメダメな創作を読んでみる
[PR]
by otokata | 2006-05-07 22:37 | レ・ミゼラブルSS

 更新されてますね、公式サイトの製作レポート。
この前まで旗振りプルヴェールだったのに、ちょっとパソコンいじらなかった間に、塩田さんのインタビューやジョリインタビューまでUPされちゃってて・・・。
すっごく楽しいです。『ジョリすべーる』って・・・、なんちゅーネーミング!サイコーです!!

 ただ「最後に全員で歌う民衆の歌の時にジャベールがいないのはどうしてなのでしょうか?」の回答は凹みました。何となく判っちゃいたけど、やっぱり自殺だから神の御許に行けなかったんですね。

 「警部を救ってくれない神の国なんぞいらんわい!!」と、開き直るのも手ですが、やっぱり私はジャベールにも何とか幸せになってほしいので、ちょっと脳内シミュレーションをしてみました。(人はそれを妄想と呼ぶ)

そうですね・・・、そのうちバルジャンがセーヌの水底までジャベを迎えに行ってあげる。ってのはいかがでしょう?

More
[PR]
by otokata | 2006-04-20 22:52 | レ・ミゼラブルSS