コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:MA( 23 )

Medeia Player版UP~!!


 ありがとう、東宝さん!!
もう何か、色々とありがとうございます!!!!

 綜馬さんの挨拶、色々と沁みました。
真面目に心に沁みたり、ズキューンと萌えたり!本当に、あの笑顔、大好きです!!
最ズキューンは、「こんなメイクをして」の、手つきがやたらと妖しかったこと(笑)v
 それにしても、本当に面白いし、お話上手な方ですよね。照明さんも、あんな方ならどこまでも追いかけるのに全てをかけたくなってしまったり・・・、って、そうでなくてもプロのお仕事ですからね(汗)。私と一緒にしてはいけません。
 そういえば、大楽では仰向け寝そべりや、肩はだけあばずれ出たみたいですね。拍手煽りも5,6回の合戦になってたみたいですし(爆)。いいなぁ、観たかったなー(涙)!!
背中の「アリガトー」も可愛い(爆)。あれ、もしかして綜馬さんの手作りでしょうか?
 いやもう、幸せを本当ありがとうございました!!
 
 皆様の挨拶も、ようやく一通り観られました!!

 前楽の子役のお二人、うまいな!!
 川綱治くんの、「七ヶ月間「ギロチンはやめてー」って言い続けたのに、一度もやめてくれませんでした。」は、爆笑物でした。
 そういえば、昨日読み終えた『死刑執行人サンソン』で、ギロチンが出来たのは大分後で、バスティーユ以降だという事を知りました。ミュージカルの方の世界ではもう使用されてるのかもしれませんが、ジョゼフの見たのが誰も知らない(錬金術師除く)、少し先のフランスの夢だと思うと、それはそれで恐ろしくて凄みを感じます。
 水谷君の、「話すのは苦手なんです。」も、潔くていいですね。いい感じです!

 山路さんがどうしてあんな姿なのか疑問だったのですが、皆様のブログや日記を読んで納得しました。業界人の彼らの仕業だったのですね(笑)。それにしても、誰ですか、山路さんに「芸能人なら誰に似てますか?」って(笑)。

 KENTAROさんのご挨拶で、「誰かが芝居を増やすと、誰かがそこに行けなかったり、微調整が大変でした。」みたいな挨拶があったので、やっぱりそういう段取りって大事なんだな・・・、と思いました。何か降臨したら、即そのまま動けるものじゃないんですね。って、当然か(笑)。

 涼風さんも、挨拶しながら思いがこみ上げてきたのか、胸が詰まった感じのグッとくるご挨拶でしたが、その中でいちいちガッツだの、涙ぬぐう仕草などが男前なのが好きでした。

 ネタ的なもの抜きに特に感動したのは、土居さんや石川さんのご挨拶。好きだなー、このお二人。楽屋訪問のときとかも、「おおっ、深い!」って思うようなこと書かれてたし。

 個人的には、「そ、それで・・・?」なんて字幕でツッコまれてる今さんや(でもここ、本来はどういう反応するはずのところだったんでしょう)、人の挨拶中二人でほのぼのワールドを作り上げてるフェルセンとルイ様が大変ツボでした。ルイ様、「ちゃんと喋れるかなぁ」とかも可愛かったvv

 ・・・山口さん、ご乱心というか、大暴走と言うか・・・。今まで遊べなかった分一気に放出された感じですか?ちょっと、いや、大分びっくりしました。
そして、流石にちょっっっと引きました(山口ファンの方、ごめんなさいっ!)。

 何だか位置関係上綜馬さんの周りに子役さんたちが集まってるのが物凄く微笑ましいです。可愛い、可愛すぎるよ、パパ!!←そっちかい。

 で、不覚にもウルッとしてしまったのが、笹本さんと新妻さんのグルグル!!い、いやっ、回しすぎ(笑)!!笹本さん、力持ち!最後新妻さんへたりこんじゃってる。可愛い!!半年間、あんな大変な役を一からつくり、演じてきた二人。きっと今まで以上に強い絆が出来たんでしょうね。本当にお疲れ様でした。

 緞帳裏の、本来の三本締めまで見せてくれたのが物凄くうれしかったです!これで本当に終わった、って気がしました。

 ああ、もう、本当にお疲れ様でした!そしてありがとうございました!!!!!

 これで、レミゼまでしばしひと段落・・・

 と、思っていたのですが
本当かどうかはまだ分からないみたいですが、綜馬さんが『ライト・イン・ザ・ピアッツァ』に出演予定という噂を聞き、折角もう遠征は控えようと『M!』をガマンしようとしてるのに、結局向こうに行く事になる気がしています(汗)。早くも浮き足立ってます。全然落ち着かなくなってしまってます。折角行くなら、『M!』も観たいなぁ・・・。
[PR]
by otokata | 2007-06-01 21:56 | MA

 うぉ~!!折角大楽動画がUPされたのに、QuickTimeがいう事聞かない!!

 何か、映像が見れるときと見れないときがあるんですよね。今さんのインタビューや「6リーブル♪」は大丈夫だったくせに、
綜馬さんの声しか聞こえないじゃないか(号泣)!!

 ぐすん、東宝さん、お仕事早くしてくれたのに・・・。
よりによってこの子(パソ)が裏切るなんて・・・。
ジャベって名前も付けたげたのに(実話)。

 でも、声だけでも雰囲気は伝わります。

「愉快な仲間たち」かぁ・・・。前にも何かで言ってらっしゃいましたよね。

 キャスト聞いて「えー!?」って思った人?あ、そう思った人で、私も手を挙げとかなきゃ。いやー、まさかあの時はこんなすごいオルレアン公が誕生するなんて思わなかったけど(^^;)綜馬さん、よく高嶋さんのお名前出しますよね。さすがはお友達。でも、ジャベだって”高嶋さんと同じ役”ですよね。

ご幼少の頃から「美しいもの、優しいものに囲まれた」綜馬さんの奮闘記がすごかったです。気がついたら拍手って、気がついたら噂の衝撃オルレアンだったってこと!?やっぱり只者じゃないですね。

はぅぅ・・・、何か最後で笑いが起きてる。今度は一体何を・・・!?

東宝さん、あの、出来たらちょっと早めにMedia player ver.もUPしてくれたら嬉しいです(T□T) お願いします・・・。

ううっ、何かもの凄く寂しくなっちゃったので、今さんと禅ちゃんさん聞いたら寝ます。
残りの方々は明日のお楽しみ・・・☆
[PR]
by otokata | 2007-05-31 01:03 | MA

 何分おきで公式ブログにアクセスしてるのか、分からなくなってきてしまいました。
そんなすぐに更新されるわけないですよね、こんな日に(笑)。
分かっちゃいるんですけど、少しでも情報が欲しくてまたクリックしてしまう・・・。

 『マリー・アントワネット』千穐楽おめでとうございます!!
ブログの方も6月末には閉鎖と言う事で、とてもさびしくなります。
(今からせっせか去年のデータから保存しまくってるのは、内緒です・笑。)

 結局、自分の中で謎もたくさん残ったままだな・・・。すごいミュージカルだった。
特にオルレアン公とか、もっと歩み寄れたらよかったのに(悲)。
一番好きなのがあの人だといいつつ、一番分からないのもあの人だって、最近すごく自覚するようになりましたからね。脳内妄想ドリームとか、うっかり繰り広げてるうちに・・・(何やってるんだ、私!?)。
 いや、でも真面目な話、さっきも公式ブログ高嶋さんの楽屋訪問を読んでて(大分前だなぁ)、「オルレアンの目指した”自由”とは何だったのか?」とか書かれてて、一緒に考えてみたけどやっぱり分からなくて・・・。

 曰く、「自由とは力!」ですからねぇ・・・。
誰にも束縛されずに、自分の頭上にはもはや誰もいない高み・国の頂点に立ち、邪魔をする者、この世界にふさわしくないものを排除していく意味で、王位が欲しかったのかな、とか。「もしも」の一節とかちょっとそれっぽいし。位がないと、自分より無能な(と思わしき)人に頭下げたりしなきゃいけないから、自由ではないだろうし。まして、「オーストリアの血筋だ!」な人が王妃なのも耐え難いみたいだし。

 曰く、「権力は魔力」ですからねぇ・・・。
純粋に誰もを跪かせたかったのかな・・・と、思わないわけでもないのですが。お金ではない気がする。あの人財力ものすごいから。

 それにしても、フランスをより良い国に!みたいなのはあまり感じないから、あの人。
「自由」も「革命」も全て自分のため、ですよね。それは分かりますが・・・。
あの「われらは兄弟」のところだって、「そのあとどうするのよ!!」って、毎回つっこみたくなってしまいたくなりますし。いや、凱旋オルレアンはとても楽しそうなので、あれはあれで彼の望んだ事の一つの形なのかな、と納得していますが。そして、ますます分からなくなっていくのですが・・・(頭痛)。

 結局、オルレアン公の目指した世界が一番分からない。純粋に”王位”が欲しかっただけには見えない、深い人になってるから、余計に・・・。


 って、千穐楽なのに結局公爵のことばっかりになってるよ、私。

 それから、最近よく思うんですけど、このミュージカルってあまり原作にとらわれていないけど、このセリフは本当にアニエスらしくて、そしてこのモヤモヤな作品に近づく核心のセリフだな~って思います。

 「世の中を良くしたいのなら、まず人間を尊重するべきよ。傷つけるのではなくて。」 

 「革命は正しい、でもそれは人間を尊重するためで、人間を侮辱するためにあるのではないんだわ。」

 原作だとここですね。原作はアニエスが舞台版マルグリットのような役割を担ってるので、こちらの方が分かりやすいかもしれません。
 どこかで暴走して、いつしか迷走して、歯止めの利かなくなったフランス革命。
最初から革命を肯定し、参加していたけれども、そのあまりの無秩序・残虐ぶりに「これは革命じゃないわ」と悩み、もがきながらもその様子を真っすぐに見つめ、いつでも理想を信じていたアニエスの行き着いた一つの答え。だからこそ、静かでささやかなこの言葉が、これほど重みと説得力を持ってるんだと思います。

 生首行進のシーンや、裁判での証言と、アニエスの言う「革命の美名のもとに」「自分の卑しい本能を満足させているだけ」と思われる場面があって、「お祭り騒ぎで」「人間の顔が見えない」民衆による王妃の処刑シーンへとなだれ込んで、それぞれの思う自由に続いて不協和音の「自由!」。

 マルグリットにアニエスの叫びは届いたけど、自ら考える事も思いやる事もやめた民衆は、ただ暴力や復讐、欲望へと走って、結果があの暴走。ただ獣のように、本能の命じるままに。
 そもそも「人として扱ってこられなかった」民衆が人権を、そして自由を掴むために行動したのに、人を捨ててしまっては本末転倒ですよね。
 革命家たちも、舞台で早くも「恐怖こそ力だ!」って歌っていますが、その恐怖政治の行き着くところも周知の通り。人を人として扱わない殺伐とした時代は、長く続かず、結局は王政に逆戻り。

 「時代の過渡期に、それぞれが己の信念と正義を信じて戦う」
そんな時代に、憧れを感じます。特に幕末の日本とフランス革命なのですが。あ、いや、憧れって言っても、決してその時代に生まれたかったわけじゃありません、念のため!!
 
 けれどもそんな時代だからこそ、正解がないからこそ、自分自身をしっかり持っていなくては流されて終わるし、人間としての尊厳を失ってしまっては汚名や傷ついた世界しか残らない。そして、時代の流れの見えない者には破滅。

 それをこの舞台で特に感じました。
 色々な人のコメントとか聞いて、福井さんのとか特に具体的なヒントというか、一つの答えっぽい気もしましたが、そういうものを咀嚼して、それでまた帝劇に足を運んで、それで私が感じた事をダラダラと今書いてみました。
 「自由とは愛!」とか、そこまではいかなかったけれど、私が自由とは・・・っていうとしたら、何だろう?アニエスの「人間らしく」が一番共感するんだけど、それ以外だったら「調和」って言うかもしれない。自分と周囲とのバランス、自分と世界とのバランス、善と悪、富と貧、愛と憎しみ、そして、自分自身の気持ちが偏らずにいる状態。「みんな一緒」って言うのじゃなくて、その人らしさや個性、思想と社会が周りと調和してる状態。

 なんて事を思ってみました。

 それにしても、これでしばしMAともお別れだと思うと、本当に寂しいです。
本当、凱旋キャストで緊急DVD発売してくれないかな~、東宝さん。

 カンパニーの皆さん、本当に本当にお疲れ様でした!!
素敵な舞台を、ありがとうございました(;_;)
[PR]
by otokata | 2007-05-30 23:48 | MA

マリー・アントワネット

いよいよ今日が千穐楽…。

そう思うと、落ち着きません。
落ち着かないながらも、折角の水曜なので、レッスンの後某リンゴ好きなキャプテンに会いに行く予定ですが(^^;)


大阪は生憎の天気です。ザーザー降りで、先ほど盛大に車に水をはねられました(;-_-)=3
出かけるときは東京の方はまだ降ってなかったみたいだけど、今はどうだろう?

今ここにいる自分がもどかしいですが、ここから今日の舞台の成功をお祈りしています。
半年間にわたる公演が、無事きれいに幕を下ろせますように。
[PR]
by otokata | 2007-05-30 08:48 | MA

 写真に写っていたローズウォーターらしきもの、”化粧水”で売り出されていた上、メーカー品切れのため6月にならないと入らないと言われて挫折して帰ってきた音方です。カモミールならあったんだけど、ちょっといまひとつだったから6月まで待とう!
 って、何やってるんだ、私。

 やあ、もう、何ていいますか・・・、正直ここまでやってくれるとは思わなかったので、感激しきっています。>楽屋訪問

 20年ほど前に頂いたという指輪のアップまで・・・。石が大きくてゴージャスですよね。

 アロマオイル、爽やか系の香りが多いですね。私もどれも好きな香りです。特にゼラニウムは以前買いそびれたままだったので、これを期に調達してこようと思います。あと、グリーン・アップルとかも好きです。って、私の好みなんざどうでもいいですね。

 紅茶、そうか、綜馬さん英国育ちですものね。
「カフェインの事とか気にしちゃう」って、喉への影響とかでしょうか?刺激物は控えていらっしゃるみたいですし。ハーブティーを優雅に召し上がる綜馬さん、想像するだけで癒されますvv

 大屋政子さん、早速検索しました。(すみません、全然知りませんでした)
Wikipediaで調べたのですが、なにやらすごい経歴の方ですね。波乱万丈だ・・・。
あ、大阪の方なのですね。親近感感じます。

 あ、そうそうデザイン博も一応調べてみましたが、当時の一大イベントだったみたいですね。私は花博位しか知りませんが(^^;)

 っていうか、この寝っ転がりショットは反則ですよね~!!
しかもご本人「大サービスショットだよ(笑)」って、自覚してらっしゃるところがもう確信犯(笑)。何気に後ろにあるテディ・ベアの手提げ(?)とかも可愛いし。

 極上のサービスショット、ありがとうございます。
この写真、手帳に挟んで日々の闘いの糧にします。
眺めていると、すごく癒される&ときめいてきます(爆)。

 ちょっと幸せすぎてヤバいです。
これで公爵を最後まで見届けられたらもっと幸せだったのですが・・・。
いえ、未練がましいのでやめておきます。


 見届けるといえば、今日は遂にジキル&ハイドの名古屋千秋楽ですね。
これで7年間の鹿賀ジキル&鹿賀ハイドがファイナルと言う事で、感慨深いです。

鹿賀さん、カンパニーの皆様、お疲れ様でした!!
[PR]
by otokata | 2007-05-27 23:14 | MA

!!??

出かけるギリギリに地図をプリントアウトし、ついでにMAのブログ確認したら…、すごいことになってたΣ(゜ロ゜;)

うわっっ!寝そべってる!!
めっちゃ見上げてる!!

ちょっ、えっ、あの…

マジですか!?

ああもう、帰り鼻セレブとローズウォーター買ってくるよ!
(大混乱中)
[PR]
by otokata | 2007-05-27 13:04 | MA

1人6リーブル~♪


 ギリギリおはようございます!の時間ですね。音方です。

 昨晩何故か全然眠れなくて、結局眠れたのは5時前かな・・・?
だけど今日は合わせの日なので頑張って起きて、全然みていないことに気づいた曲をちょっと練習して、今に至ります。
 きっとあれです、夕方2時間ほどお昼寝したのが良くなかったんですね(全然「何故か」じゃないよ、私)。

 そんなフッラフラ~な日曜ですが、先ほどMAの公式ブログを見て、気力・体力・精神力・やる気その他諸々、全て全快いたしました!!ええ、もう最近私の楽しみはこのブログの更新ですから。「一日一体何回チェックしてるんだ!?」ってノリですから!!

 ようやくUPされた今フェルセンのインタビューと、アンサンブルの方々のコメント!
このコメントって、チェックし切れなかったところの演技とか、アクシデントとか、プチ情報とか満載でいつも楽しみにしていたんですけど、今回はやたらと舞台動画が多くてですね、凄かったのですよ。

 特に、ある方のところ、おもむろに「フランス貴族を選ばぬとは」のところが映った時は、「ああ、あとちょっと映して!!斑美白公爵見たい!!」とか思ったのですが、そのあと奇跡が起こりました。

 「1人、6リーブル~♪」

 ここ!?ここのアップくるの!?歌い上げちゃったよ!!
いきなりくるから、心臓に悪いよ、全く!!
うわっっっ、大好きな目を閉じた指差し状態!!麗しー!!
しかも、「稼げりゃどこでも」の歌に入る前、とんでもなく可愛い笑顔してましたよ、この人!?手の動きがまたすごく綺麗だし!!
やっぱり苗字が同じだから(全く全然関係ない)!!??

 失礼致しました。

民衆の苦しみの話をしてらっしゃったので、洗濯女のところが出るのは当然なのですが、飢えてたところにこんな動画がきちゃったものなので、朝から狂喜乱舞してました。

今日一日、頑張って生きようと思いました。
[PR]
by otokata | 2007-05-27 11:06 | MA
 
 もう我らいまや狂った!

 そりゃ、こんなものを見せられたら狂いますよ、私は!!

 東宝マリー・アントワネットブログ 『クリスティの舞台裏訪問 Vol.42』

トリを飾るのは、一日千秋の思いで待ちわびたあの人の楽屋!!

そう!!!

 綜馬さんの楽屋!!!!!!!!

 ああもう、神様仏様クリスティ様!!本当に本当にありがとうございます!!


 「馬が駆けるのれん」ですか・・・。水墨画みたいな感じですね。シンプルで味があって、何か可愛いです。2000年のエリザからずっと綜馬さんの楽屋にかかってるのれん・・・。っていう事は、7年目?う、羨ましい!!こののれんになりたい!!←落ち着け

 休憩中の綜馬さん。メイクがえらいことになっていますが、相変わらず赤いラインとかも入っていますが、それなのにどうしてこの笑顔はもう・・・_| ̄|○
 この人の笑顔はおひさまですね。ああ、「虹のむこうに」とか歌って欲しい・・・!!←落ち着けって。

 ウッドチェアも7年目・・・。何だか住み心地良さそうな楽屋ですね。お部屋に敷物敷いてる人も、そういなかった気がします。 

 「物持ちがいいですね」と言うクリスティさんに対する綜馬さんのお答えが、

 「そりゃあ、人と物の出会いも縁だからね。大切にしないと。」

(T▽T)

 何と優しいお言葉・・・。大事に使ってもらえて、きっとこの子達も幸せですよ(涙)!!

 でも、壊しちゃうこともあるとか。壊れちゃうものは仕方ないですよね。
ロールピアノをお持ちだったというのも「へえ~っ!?」って感じですが、そっか、やっぱりあれって断線するんですね。(一時購入しようかと思っていた)。

 しかもその後に登場したのが、”CATS初演時に使っていた”キーボードって・・・!!
1989年のものって・・・!!私6歳ですよ!?←聞いてない。多分、当時買ってた「みんなの歌」のテキストの裏表紙の広告に載ってたようなキーボードの世界ですよ!?どれだけ物持ちいいんですか、本当に(感動)!!しかも、かなり本格的じゃないですか、このキーボード!?
 ところで、「デザイン博」って何だろう?後で調べておこうっと φ(.. )メモメモ♪

 手のアップも嬉しいけど、左手に見えるのは、水晶ブレスか何かですか?袖・・・じゃないですよね?

 ああ、キーボードを弾く綜馬さん!!なんて麗しい・・・!!鼻高いなぁ・・・。
流石姿勢いいし、スラリとして・・・。短めの前髪がまた何とも言えずお似合いで・・・。
その、「いろいろな曲をさらりと演奏してくれます」のところは、是非動画で欲しかったです。あんなクールな表情で「私こそがふさわしい」とか弾いてたら悶絶して失神しますよ、私!?←いい加減落ち着け


 お次は吸入器登場!こちらも94年からの年代物だそうです。
本当、地球に優しい方だなぁ・・・。94年って、震災の前年だから、私小学生だし(笑)。小学生の頃使ってたものって何が残ってるかな・・・。あ、でも私物捨てられないタイプだから、結構残ってそう。でも、「物捨てられない」のと「物持ちがいい」のは違いますよね。

 とまあ、それはおいておいて・・・。

 やっぱりあの公爵は喉への負担が大きいんですね。確かに分かる気はします。爆音量でロックに高音とか歌い上げちゃってますからね。声だって様々な声色を駆使してるし。
 ところでこの吸入器、前回活躍したのは『美女と野獣』の頃って、それ結構前じゃないですか?物持ちがいいというか、使ってないというか・・・。でも、大概のものはこの子無しで乗り切れちゃえるんですね。やっぱり凄いです。

 ああもう、パソの前でヤバいくらいにキョドってしまいました(^^;)
Part2も、凄まじく楽しみにしています!!
[PR]
by otokata | 2007-05-26 15:51 | MA

マルグリット・アルノー…新妻聖子
ルイ・ジョゼフ…桝井賢斗
ルイ・シャルル…水谷一弥
マリー・テレーズ…黒沢ともよ

 MY楽の19日は、某カード会社の貸切でした。
4月遠征を終えて抜け殻になっていた私に届いた、一通のメール。なんとS席&A席半額で観られるという大チャンス!

 貸切公演で、尚且つ土曜日でどうしてそんな大盤振る舞いが出来るんだー!
と、若干悲しくなりつつも、即購入。・・・売れてないのかな。

 といういきさつでしたが、当日は見事満席でした。
ガラガラだった18日とは違い、客席にも舞台上にもエネルギーが溢れた、とてもいい空間だったと思います。

 ちなみに私の席は2階席の最前列上手寄り。
実際に座るまで気づかなかったけれど、18日と同じ席番でした。とっても見晴らしが良くて、楽しかったです。

相変わらず長文につき注意
[PR]
by otokata | 2007-05-26 15:18 | MA

楽屋訪問、楽しすぎ!!


 MAの楽屋訪問、更新されていましたね。
エスプレッソに写真に、東儀秀樹・・・。火打石に盛り塩・・・。
何だか凄いよ、今さんワールド。楽屋の中はもはや一つの別世界ですね。

それにしても今さん、宝塚の男役さんみたいに見えるんですが・・・。
何だかいつもより、とても色っぽく麗しく見えるのですが、どうすれば・・・(///)。


 レミゼのファン感謝デーの動画もUPされてましたね。
朝、目覚ましテレビか何かで放送されてて、母が起こしてくれたんですけど、『民衆の歌』に導かれて私が降りていった時には、次のニュースになってました。

 でも、いいんだ。動画見てるだけでも楽しいから。
うわっ、キャストさん達がこんなに近くに。ああ、今さんがいる・・・。
参加できた方がうらやましいです(^^;)

 岡さんが仰ってるように、「会社が有るはずの平日の昼間(笑)」(しかしそれ言っちゃダメですよ・笑)の上に、関西在住なもので、応募すらしなかったんですけどね。でも、物凄い競争率だったそうですから、出してても無理だっただろうな・・・。

 代わりに今日一日、空き時間に久々に2003年山口バージョンCDを聴いてたのですが、私今まで今ジャベパート以外、いかにいい加減に聴いてきたかが判明しました。こんなCDだったのか!?
 岡田君とか、観に行った時と全然違う・・・。山口さん、めちゃめちゃ大人しいし。新たな発見をしました。ああ、残りの3枚も聴きたいよ~(>_<)
[PR]
by otokata | 2007-05-25 00:02 | MA