コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

年の差カップル?

 ちょっと東宝のホームページとか離れてる間に、来年の『Me AND MY GIRL』のキャストが発表されていた。

ビル・・・井上芳雄
サリー・・・笹本玲奈

と、ここまでは前々から決まっていたが・・・

ジャッキー・・・純名りさ
マリア公爵夫人・・・涼風真世
ジョン卿・・・村井国夫

うっっわー、驚いていいのか、驚いていいのか、驚いていいのか・・・?

私純名さんのお色気キャラってまだ見たことない気がします。
(ジャッキーってお色気キャラだよね?)
なんだかとっても観たいぞ。清純可憐以外の純名りさ。
っていうか、純名さん自体がすごくお久しぶりな気がする。
在団中、あんまり花組観なかったしな~。
せいぜい『花は花なり』とか、『ザッツ・レビュー』くらいだった気が・・・。
あの声で「抱いて、ビル~v」とか言っちゃうんだろうか?想像つかない・・・。

もう一つ気になる涼風真世。
村井さんのジョン卿を以前見逃してたから、これはすっごく嬉しいんだけど・・・。
マリアおばさんって、「年季の入った戦車」みたいな人だっけ?(うろ覚えだけど)
えらい若い気がするなぁ、涼風さん。
村井さんとだったら、結構年の差がありそうだ。これはこれで観てみたい・・・。

後は・・・、正直よく知らない人が多かったです(オイ)。

しかし、来年の6月に帝劇になんか行けるんだろうか・・・、私?


『Me AND MY GIRL』
[PR]
by otokata | 2005-11-30 22:08 | 舞台・役者さん
 私はよく本屋につかまる。
”つかまる”って言っても、話好きの店員さんに捉まるとか、万引きをして捕まるとかじゃなくて、例えば今日みたいに何もやる気にならないときとか、心に引っかかっていることがあるときとかに、用もないのに本屋に入って1時間や2時間、ひたすら店内を回る。
 
 別に私だけがやってるような珍しい習慣じゃないと思うけど、これは非常に困る。
一度入ったら出られなくなるのだ。何せ、こういう状態になる時って、強い意志が働くわけじゃないから、「出ないと、時間を無駄にしている」と思っても、実行する気力がない。で、ずるずる欲しい本があるわけでもないのに店内を巡回する。

 じゃ、本当に「時間の無駄」なのかというと、これがまた微妙。
何か買ってもいいな~、と思ってはいるのだが、こういう時ってそういう踏ん切りもつかない。
結果、時々ダラダラと立ち読みをし、迷った挙句お金があっても買わない。
しかもこういうときに目に留まった本って、大抵次には忘れてるようなものばかり。本当に会いたかった本に会えたためしがない。
欲しい本があるとか、何か読みたいとか、それなりの目的意識があるときに行くと、そうでもないんだけど・・・。

 でも、本屋をグルグルしてる間って、”時間がもったいない”とは思うけど、妙に落ち着くというか、居心地がいいから、今日もまたつかまってしまった。
今日はヒラコー先生を見つけられたから、まだいい方なんだけど、いい加減やめたい。

はぁ・・・。


 
[PR]
by otokata | 2005-11-24 22:07
 用事はないけど、本屋をぶらぶらしてみた。
久しぶりに『ぱふ』の今月号に目が行った。表紙に”平野耕太”という文字が印刷されていた。
思わずウキウキとして手に取り、ぱらぱらとめくった。

ヒラコー先生の暴走振りは相変わらずだった。
編集者とケンカしてるよ・・・。(しかも流血沙汰)
エロスのオンパレードだよ。

もう80%はいったからあと2~3巻で終わるとか、最後は全員死ぬとか、もうダークで本気か冗談かよく分からないヒラコーワールド。
出来たら全員死ぬってのはやめて欲しいな~、とか思ってみたり。
セラスとベルナドット隊長についてはやっぱりお似合いと思ってたんだな~、と思ってみたり。

ボ~ッと読んで、欲しかったけど買わずに平積み場所に戻した。

ああ、外伝読みたい・・・。


雑草社ホームページ
[PR]
by otokata | 2005-11-24 21:56

阪急梅田の駅が・・・


e0086682_23405050.jpg
見辛いけれど、これは全部ベルばらのポスターです。星・雪両組のベルばら(手前)と、星組バージョン(奥側)。


e0086682_23402333.jpg
「電車を降りると、そこはヅカの聖地だった・・・」ってくらいに、埋め尽くされています。ちなみに、壁側は花組の『落陽のパレルモ』で埋め尽くされています。



さて、2階の出口から降りて紀伊国屋に向かうと・・・

e0086682_23423424.jpg


柱だよ・・・
何だよ、一体ここは?ベルばら祭りか!?

e0086682_23422320.jpg


もちろん裏面は星組バージョンです。こんなのが林立してるんだから、梅田って凄い・・・。
ああ、もっと高性能のデジカメが欲しい。この光景をもっといい画像でお見せできないのが残念です。並んでる様子が携帯じゃ分かりにくくてもどかしい・・・。

 呆然としていると、とても聴きなれた音楽が・・・。
ふと横を見ると、以前から放送されていたベルばらのプロモがとなりのBIG-MANから流れてきます。

 唖然としつつも、何だかんだ言いつつ美しいので最後まで見てしまいます。

で、しゃーがないから行くか、と思うと、今度は

CO BIG-MANからも流れてきてるし (がっくし)



  ・・・もう好きにしてくれ。
[PR]
by otokata | 2005-11-22 23:49 | 舞台・役者さん

ハウルDVD到着~v



 今日発売だったので、ローソンに引き取りに行ってまいりました!

DVDだったので、カバンに無理やりスペースを作って、そこに入れて持って帰るつもりでした。


んが・・・・



e0086682_21585476.jpg



・・・でかっ


思わずその場でそう口走ってしまいました。

その場で入っているものを思い起こす。
ロッピー予約セットだから・・・

DVDと、フィルムと、トランプと・・・

あ、ポスターかぁ。


お家に帰って開けてみると、こんな感じでした。

e0086682_2215231.jpg


やっぱりポスターですね。厳重なのはいいことです。折れちゃ困るし。
でも、全く人騒がせな・・・。

だって、このサイズですよ?(CDと比較。ちなみにブリュッヘン・エディション。)

e0086682_2235139.jpg


やっぱりデカい・・・。

ちなみに、残りはこんな感じでした。

e0086682_2231272.jpg


フィルムはカルシファーで目玉焼き作ってるところでした。ハウルは手だけ出演(笑)。
荒地の魔女のアップじゃなくて良かったです。(後半だったらなおさらご遠慮願います。)
[PR]
by otokata | 2005-11-16 22:06

本田美奈子.さん告別式

Excite エキサイト : 芸能ニュース

 TVで告別式の様子を見ました。
本当にすごい人ですね。お通夜の弔問も2700人・・・。
客本田さんがどれだけ愛されていたか、伝わってきます。
大勢の人が、「彼女は天使だった」「彼女はいい子だった」と言うけど、
遺影の微笑を見ていると、本当に可愛らしくて、そんな気がします。

お母様の気丈な挨拶を見ていても、本当に辛いです。
昨年、私は事故で友人を亡くしましたが、その時の告別式も辛かったです。
お父様が喪主の挨拶をされていたんですが、横でご家族が涙にむせていて、あの光景を思い出してしまいました。

「病院でもリハビリのためにストレッチはするし、アカペラで発声練習はするし・・・。」
本当に頑張ったのに、それでも病魔に勝てなかったなんて、本当に悔しいです。
「副作用で髪は抜け、口から喉までが口内炎で水も受け付けなかった」
本当に苦しかったんですね。あんなに細い体で必死に闘って、
病気から解放されて今頃はきっと好きなだけ歌っていますよね。

出来ることなら、もう一度、彼女のエポニーヌが見たかったなぁ。
[PR]
by otokata | 2005-11-09 21:49 | 舞台・役者さん

花總まり退団

 ついにこの時がきてしまいました。
和央さんが退団するって聞いたときから、多分一緒にやめるんだろうな、とは思っていましたが・・・。

 何だか一つの時代が終わってしまうような、そんな寂しさがあります。

 全部じゃないけど彼女の舞台をずっと観てきて、早10年以上。
最初の方から華やかで輝く存在ではあったけど、波路、ジャックリーン、額田王、エリザベート・・・と、どんどん存在感を増してくる姿は圧倒的でした。歌だって最初の方はかなり危なっかしかったのにエリザベートの『私だけに』とかの辺りからどんどん上手になっていっているし、元々上手かったダンスは凄みを増していく。何よりも光がどんどん強くなっていく。

 流石に女帝と呼ばれるだけのことはありました。

 こうやって書いていても、何というか・・・、今はまだちょっと実感湧きません。

 

 
[PR]
by otokata | 2005-11-08 21:09 | 舞台・役者さん
トラックバックカテゴリ:映画・ドラマ

 と、言うわけで行ってまいりました。色々と凹む事もあったし、ショックなこともあったけど、とりあえず気晴らしに。幸い学校は大学祭のため休み。レディース・ディに観るのが私のポリシーだけど、たまにはこんな休日もいいかと。
っつーか、今を逃すと、絶対に行けない気がする。月末にはハリーが控えているしv

e0086682_18473591.jpg


 ティム・バートン&ジョニー・デップってことでかなり期待値は高かったです。本日7番スクリーンで観たんですけど、8番スクリーンでは『チャーリーとチョコレート工場』とかが上映されてて、そっちももう一度観に行きたくなってしまったり☆
ウィリウォンカ、ウィリウォンカ♪な歌声が聞こえてきそうです。

 一応あらすじを・・・、書こうと思ったのですが、自分が書こうとしてるのよりも公式サイトのあらすじの方が面白かったのでそっちにリンクを張っておきます。

コープス・ブライド 公式ホームページ

 白状すると、実は私、『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』もロクに観ていません。
なので、この作品で初めて”ストップ・モーション・アニメ”なるものを観ました。そして更に白状すると、最初はCGでやってるのだと思っていました。家に帰って公式サイトを見て(”ダウンロード”の壁紙の一つ)、初めて人形で撮影していたことを知って、驚きました。相変わらず行き当たりばったりな観賞をしています(汗)。

 見ている最中は、エミリー(コープス・ブライド)に感情移入しきってしまいました。ああ、もう、なんて健気なんだ~!!大好きだ~!!!!
ぜひとも彼女には幸せになって欲しかったけど、一生懸命ビクターを探そうとするビクトリアも好きになってしまって、本当にどう終わるのか悩みぬきました。(何故私が悩む?)
ビクターも気弱そうに見えるけど、勇敢で優しくて、ピアノが上手くて(ここ重要!!!)ステキです。
 最後の結末としては、とても美しかったけれど、やっぱり寂しかったです。どこまでも純粋な望みが、心が昇華されていくのに、どうしてこんなに物悲しいんだろう。

 それにしても、死人のガイコツs、活き活きしてますね~。それに比べてこの世の重っ苦しい雰囲気。あんな義母や義父のところになんて絶対嫁入りしたくないですね~。でも、片方は愛のない結婚でもしなければ家が潰れるまで追い詰められてる、片やセレブへの階段、そりゃ必死にもなるわな~。でもヤだ。
 それに、なんたら卿って人!昔は男前設定なのに、全然そう見えない・・・。やっぱり性格は顔に出るものなんでしょうか?

 それから疑問に想ったんですけど、結婚の宣誓文って、何であんなに長ったらしいんでしょう?しかも手順がややこしそう・・・。結婚式のリハーサルが3時間って・・・。大変ですね、本当に(汗)。

 後、音楽がめっちゃ良かったです。いや、挿入歌とかは”普通に好き”位なんですけど、メインテーマがすごく綺麗なんです。ピアノで弾くやつ。物悲しい雰囲気が作品にすごく合っていて、この曲だけでも「観て良かった」って思いました。

 
 最後に、スクラップス可愛い~~vvvv
何でビクター、貰ったばかりのワンコをあんなに可愛がって、果てには「僕のスクラップス!」とか言い出すんだろう?って思っていたら・・・。元々ビクターが飼っていたワンコだったんですね、なるほど。


スクラップス、マジ可愛いvvvvv 
[PR]
by otokata | 2005-11-07 18:44 | 映画

本田美奈子さん死去

Excite エキサイト : 社会ニュース

 本当は今日の音大学園祭の話でも書こうかなぁ、と思っていたんですけど、家に帰って家族から本田さんが亡くなったことを聞いてショックだったので、お悔やみの意も込めて。

 今年の一月から白血病の診断を受けて入院していたことは知っていましたが、うちの家族全員が治ってまた舞台に復帰するだろうと信じていました。時々公式サイトにも行っていましたが、「頑張って闘病生活を続けています」というメッセージや、病床からCDをリリースしたりなど、強い意思を持って頑張ってらっしゃるので、大丈夫なんだ、と安心していました。

 だから、まさかこんなに早く亡くなってしまうなんて・・・。


 正直に言うと、私は去年の7月くらいまで、本田美奈子が好きではありませんでした。
ミュージカルにたくさん出演しているけど、テレビで聞く彼女の歌はどうしても上手いとは思えず、発声は苦しそうだし、声は細いし、聞いていて苦しくなってくるのにどうしてそんなにいい役があんなにつくのか不思議でした。

 だけど去年の7月25日の『レ・ミゼラブル・イン・コンサート』での彼女のエポニーヌは、私の先入観を全部打ち砕くだけの力と輝きを持っていました。確かにやっぱり歌はそんなにメチャクチャ上手いわけじゃないけれど、不安定なところもたくさんあったけれど、醸し出す雰囲気が疑いようもなくエポニーヌでした。『オン・マイ・オウン』も、いつかテレビで聴いたようなものではなく、健気でいじらしくてとても切ないエポニーヌがそこにいました。歌の危うさなんて気にならないくらい。演技力と彼女の持つオーラというか、資質というか・・・、それらが全部カバーしきっていたように思います。『恵みの雨』では、気がついたら私ボロボロ泣いてましたもの。あの時の感動は、忘れられません。

 『王様と私』は、全然一路さんと高嶋さんしか意識していなかったから覚えていないし、『ミス・サイゴン』のキムも、『ひめゆり』も観ていない。ファンティーヌは結局幻になってしまったので、私と本田美奈子の思いつく限りの接点って言ったら、『H×H』の「風のうた」とその一回きりのゲストのエポニーヌだけですが、それでも印象深い方でした。

 もっと色々な本田美奈子を見てみたかったです。そうしたら、もっともっと彼女のいいところとか、大きくなっていく姿とか見られたのかもしれない。38年間・・・、もっと生きていて欲しかったし、舞台にも立っていて欲しかった。そう思うと、残念でなりません。

 心からご冥福をお祈り申し上げます。

本田美奈子 オフィシャルサイト
[PR]
by otokata | 2005-11-06 19:07 | 舞台・役者さん

もしもバトン

 まりもから回ってきたので回答してみます。遅くなってごめんね。

<もしもバトン>

■理想の男(女)が記憶喪失で落ちている。
 ・即連れて帰って世話して、彼氏にする・・・、と言いたいとこだけど、あんまりワケ有りの人を拾って借金取りとかにけしかけられたか怖いので、話を聞いてから考えます。(つか、記憶喪失だってば。)

■歩いてたらサインを求められた。
 ・小心者なので何とか話を逸らして逃げる!!

■引き出しからドラえもんが出てきた。 
 ・引き出しを閉める!!で、もう一回恐る恐る開けてみて、まだいそうだったら四次元ポケットを強奪する!!・・・最悪なやつだなぁ・・・(苦笑)。

■殺し屋に『死に方ぐらいは選ばせてやるよ』と言われた。 
 ・腹上死希望なので、私好みのお兄さんを連れてきてもらうv(死)

■見知らぬ大富豪に遺産を残された。
 ・遠慮なく頂きます。まず買うのは、ひょうたん島のDVD,『マジョリカ編』、『ドクター・ストップ編』。って、大富豪だったらボックスごと全部買えるじゃん・・・。

■初対面で『B型?』って聞かれた。
 ・一度もないから、逆に「どの辺が?」って、好奇心満々で聞いてみると思います。

■預金残高が増えていた。
 ・「そっかそっかv」とか思いながら、深く考えずに遊びに行きます☆

■カモシカのような足にされた。
 ・野性に返って走ってきます!!

■前に並んでいる人に『俺の背後に立つんじゃねぇ』と言われた。 
 ・殺し屋さんかしら、ドキドキ・・・。でも、じゃぁ、どうしろと?

■『犯人はアナタです!』といわれた。 
 ・ネウヤコ万歳!!(でもヤコちゃんは「おまえだ」って言う。)

■鏡を見たらヤギ目になっていた。
 ・急いでドモ●ル●リン●ルに電話する。(意味があるかは不明)

■お尻の割れ目が消えた。
 ・ギャーッ!!!!!(もしもバトンって一体・・・。)

■偶然手に取った本の主人公が、明らかに自分だった
 ・ヒロイン?ねえ、ヒロイン?5割くらい増しで綺麗になってたら嬉しいなv
どうしよう、これで私も有名人?(アイタタタ・・・)

■モナリザがこっちを見ている気がする。
 ・後継者選び?(意味不明)

ん~、至って平凡な回答ですねぇ。ごめんなさい・・・。

次の人・・・、ですが、今のところブログ人生でまりも以外に知りあいがいないので、私でアンカーということでもいいでしょうか?ごめんなさい、あんまりひねりのない締めで。

次に何か来る頃には、もうちょっと他様とコミニケーションとれるように頑張ります。
[PR]
by otokata | 2005-11-04 00:02 | 質問・バトンなど