コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー

<   2006年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧


 そろそろ論文発表会の準備にかからないとヤバイのに、結局今日も何も進まなかった音方です。学校に行くと、専攻の方では着々と準備が進んでいて、かなり焦ります。

 最近ボ~っとジャヴェール警部のことを考えていると、よく思い出すセリフがあります。
(ボ~っと彼のことを考えてる時間は、一日の中で大半を占めます・爆)

 「All this means is a redefinition of that identity...」
 (字幕では、「アイディンティティを少し見直すだけだ」)

 『ドグマ』という映画の中で、私の激愛するアラン・リックマン氏が演じるメタトロン様のセリフです。(”私の愛する”が頭につく人、一体何人いるんでしょうね?)

ここでYAHOO辞書を使って確認

アイデンティティー【identity】

1 自己が環境や時間の変化にかかわらず、連続する同一のものであること。主体性。自己同一性。「―の喪失」

2 本人にまちがいないこと。また、身分証明。



 ”主体性・自己同一性”。意味は分かったけれど、このままだと、”All this means ”の意味が分からないので、とりあえずあらすじを。
DVDのジャケット裏のあらすじを引用すると、

 『楽園を追放された腹いせに地上に災厄をもたらした悪ガキ天使のコンビ[ロキ&バートルビー]。”教義(ドグマ)”の抜け穴から天国に戻ろうとする二人を何としてでも阻止しようと使徒たちが決起した!キリストの末裔やら、預言者やら、殉教者を巻き込んで目指す聖地はニュージャージーのファンキーな教会!?』

 っていうような話です。(分かりにく・・・)

 頭に引用したセリフは、堕天使2人組を追いかけるよう”神の声”ことメタトロンに仰せつかったベサミーが、旅の最中に自分がキリストの遠い遠い遠い遠い・・・姪だということを知った時のセリフ(キリストの末裔ですね)。自暴自棄になって、「今までの人生は偽りなの?」と問うベサミーに、メタトロンは「そうじゃない。真実を知ったとて、過去の否定にはならない。君はベサミー・スローンだ。その事実は神にも消せない。」と優しく説きます。「アイディンティティを少し見直すだけだ」と。

 「君は今までの君でいい。でも、新しい君になることも必要だ。せめて時々は・・・。」

 これを、これを、ジャヴェール警部に聞かせたい~!!!!


 一応分かっているんです、言っても無駄だってことくらいは。
 警部は、ヴァルジャンを逮捕することが出来なかった。逮捕するか放免するか、二つの道は、どちらをとっても警部にとって不名誉で、しかも互いの道を退け合っていた。そして、「まあ、仕方ないか」っていう風に妥協することも、もちろん出来なかった。彼にはグレーゾーンはないのだから。結果、自分ひとりの判断だけで法を踏みにじってヴァルジャンを放免してしまった。彼は自己処罰しか道がなかった。
 彼は目が、心が良心に開けていくのを感じたけど、変わりたくなかったし、ヴァルジャンのように新たな人生を踏み出そうとは思えなかった。非の打ち所のない人になりたかったのに過ちを犯した。 自分が信じていた法や権威が全てではなかった。これらも間違いを犯すことがある。だけどそれらの否定は、今まで自分が信じていたもの全ての否定につながる。彼はこれ以上生きていられなくなった。

 そんな彼に、「アイディンティティーを少し見直すだけ」なんて言っても意味がないことは百も承知。過ちを放置して、「新しい自分になったから」とか、「法に裂け目があろうと、一度過ちを犯そうと、あなたの過去の否定にならない」なんて言えるはずがないのも承知。彼はそこまで柔軟じゃないし、「自らが過ちを犯したら処罰が必要だ」と、自己の免職を願い出るくらい厳格な人なのだから。曲がることなどできず、考えることも今までなかったのに考える苦痛を与えられ、どうしようもない板ばさみに苦しんだ彼に、こんな言葉をかけたからといって、自殺を止められるとは思えません。むしろナイフ以上に冷たく鋭い一瞥を食らって終わりかもしれない。

 けれど・・・、言いたいです。
本当は、あなたにも変われる道はあるのだと。変われないからジャヴェール警部なのだけど、でも、ヴァルジャンのように少しばかり新しい目と新しい良心で生きていくことも本当は可能なのだと。先の見えない苦しみの中で死んでいくしかなかった彼に、せめて一声かけたいと、思わずにいられません。

 月末だからかな、こんなのつれづれと書きたくなるのは。
そろそろレミゼと警部に飢えてるのかも知れません(涙)。
[PR]
by otokata | 2006-02-28 23:50 | レ・ミゼラブルと日常

 最近鈴木綜馬さんが物凄く好きかも知れません。
元々「いい役者さんだよなー」とか、「鈴木ジャベはすごい緻密で繊細だよなー」とか、しみじみと好きだったんですけど、そういうのを一気に通り越して、何だか急速に綜馬さんづいています。

 思い当たるフシは・・・、ないでもないです。

・最近四季の『美女と野獣』を借りてきて(遅いよ)、芥川ビーストの『愛せぬならば』に胸を撃ち抜かれたこととか、言い回しが何だか可愛くて仕方がない箇所と打ちひしがれてるところの切なさに翻弄されまくったこと。

・『リチャード・ロジャース生誕100年祭 魅惑のブロードウェイ・ミュージカル』のビデオを発掘して、あまりの王様の可愛らしさ(間違ってないはず!)にズキュン!となってしまったこと。

・今更ながらWOWOWの『地球見聞録』のナレーションが綜馬さんだということを知り(更に遅いよ)、早起きして観たら、あまりの麗しさに、土曜の朝だってのにめっちゃ目がすっきり覚めてしまったこと。

・元々買う予定がなかった『宮廷詩人』の試聴をしてみたら、エンドレスで流さないと落ち着かないまでになってしまったこと。(レミゼ赤ラベル現象。ここまでいったらもう買うしかないです。DVD込みで・爆)

 と、いうわけで24日の遠征、マチソワ両方とも取ってしまいました。
いくらお金がなくても、チケットが残ってるのに、鈴木ジャベールを観ずに帰るなんて、もう出来なくなってしまいました(溜息)。もういいんだ、無駄な抵抗はやめておきます・・・。
[PR]
by otokata | 2006-02-27 23:50 | 舞台・役者さん

幻滅


 バルザックの『幻滅』を読み終えました。上下巻あわせて2週間って、どんだけかかってるんだか・・・。

『幻滅――メディア戦記』
バルザック「人間喜劇」セレクション第4・5巻 野崎歓+青木真紀子・訳 藤原書店

 ヴォートラン三部作第二弾です。と、言ってもヴォートランは最後の最後まで出てきませんが。(思いっきり焦らされてる気分)でも、出てきたらそれはもう格好よく彼一流の哲学を披露してくれます。ラスティニャックの名前を聞いて体をびくりとさせるところとか、最高にツボです(そこかい)!!とにかくこれで3部作目への期待が高まります。

 <あらすじ>
 フランスのルモーという下町出身の美形青年詩人・リュシアンは、アングレームという貴族階級が住む高台の社交界の女王・バルジュトン夫人に気に入られ、彼女と駆け落ち同然でパリへ。文学の道で大成するはずが、バルジュトン夫人に棄てられ、社交界で屈辱を味わい、一時は真面目に「セナークル」という崇高で理想主義的な仲間と交わり、勉学に励んで頑張ろうとするものの、仲間の反対も聞かずに手っ取り早く成功できそうなジャーナリストの世界へズルズルとまっしぐら・・・。

 って感じです。

More
[PR]
by otokata | 2006-02-26 23:37 | 読書

 荒川選手、金メダルおめでとうございます!!実はさっきNHKの特番で見るまで、彼女のフリー見てなかったのです。周りが盛り上がってるなー、とだけ思ってたんですが・・・、本当に完璧でしたね。すっごく美しくてしなやかで、楽しそうで。一つ一つが完璧で、流れるようで、見惚れてしまいました。番組では、得意技のイナバウアーにかける想いとかも聞けてよかったです。あのブルーの衣装がまた物凄く好きな色なのでうっとりでした。
 安藤選手と村主選手の演技はまだ見てません。相変わらず世間の流れに乗り切れてないヤツです・・・。

 で、ここのところ私が何をしてるって言うと、バルザックの『幻滅』を読み続けています。
相変わらず読書に時間をかける割には、理解度が低いという悲しい状態です。手形の仕組みが分かりにくい&人の名前が覚えられない・・・(^^;)リュシアンの軽薄&薄情っぷりに耐えられない・・・。でも、所々出てくる「セナークル」の仲間や、下巻の847P目にして(ページ数は上巻から通し)、ようやく登場したヴォートラン(すっごく待った!)が出てくると、清々しくなります。あともうちょっと。明日もゆっくり読もうと思います。
[PR]
by otokata | 2006-02-25 23:57

 今日は声楽科の友人達の門下発表会に行ってきました。
発表会とか聴きに行くのは久しぶりだったので、楽しかったです。大学に入ったばかりの時はしょっちゅう行ってたのですが、最近はぱったり途絶えちゃって・・・。あ、きっと時期的なものもあるんでしょうけど。発表会のピークって秋だし(^^;)

 思ったよりも長丁場で、休憩時間が10分だったのはちょっと疲れましたが、門下の先生と4回生との重唱とかもあって、中々楽しかったです。色々な曲が一気に聴けるのはやっぱりいいです。重唱はオペラアリアだったので、ちょっとした演技がやっぱり見所♪先生の歌と演技はやっぱり圧倒的。何かもう、引き込まれきってしまいました。歌ってる人によって、控えめにしてみたり、積極的に動いてみたりと、色々なタイプの人がいるのも面白かったです。

 4年間色々な人の歌を聴き続けたから、最初に比べたら、その人のいいところとか、ちょっと惜しいポイントとかが若干分かるようになった気がします。あくまで気がするだけですが・・・。
 みんな頑張ってるのがガンガン伝わりました。私も頑張らねば!でも今日は、お風呂に入って時効警察を観て寝ます!!(ダメダメ)
[PR]
by otokata | 2006-02-24 23:47

 遅ればせながら、『THE 有頂天ホテル』を観て来ました。本当は、始まったらすぐ行くつもりだったのですが、ハリポタの時同様、うだうだしてるうちに今頃になってしまいました。ファイルにチラシをしのばせたりしてたんですけど(笑)。

 グランドホテル形式(最近よく聞く単語だなぁ)で、豪華キャスト陣が繰り広げる大晦日の一夜の出来事。今更いうまでもないけど、本当に豪華ですよね。三谷ファミリーの揃い踏み。
 たった2時間でこれだけ色々なことがあるっていうのもすごいけど、爆笑ドタバタ劇の中で皆が、新しい自分に出会えたり、自分に素直になったり、また明日から頑張ろうっていう気持ちになったり、絆が芽生えたり、観てる人ががほっこりと幸せになれるのが一番凄いと思います。三谷さんの作品って、だから好き♪ 

 誰一人欠けても成り立たない話だし、全員が主役なんだとは思うけれど、やっぱりご贔屓さんというものはいるもので(笑)。

 個人的には、筆耕係の右近さん(オダギリジョー)が好き。地道にコツコツ仕事して、陰ながらホテルを支えてる人。彼がいなくなるとホテル内の文字がどうなるかは、作中で示されるとおり。手本どおり書くこと、小さな文字ばかり机にしがみついて書いていることから、垂れ幕に大きな文字を書こうとしても、なかなかうまくいかず・・・(笑)。そんな彼にも、自分の殻を破る瞬間が訪れる・・・?

 それから、瀬尾さん(生瀬勝久)。野心家で、体面ばっかり気にしてるような副支配人で、ちょっと抜けてる(愛)。こういう人も、時には男気を見せる瞬間があったり・・・。

 あと、三谷監督に「あなたは身長が180センチあります。180センチあると思って演じてください」と言われていた石井さん。私、こんな格好いい石井正則さん、初めて見ました(失礼?)。ホテル探偵・蔵人、絵に描いたような探偵ルックで、何となく悲哀を感じるような渋い演技に感服。ヒゲがいい具合に似合っています。  

 戸田さん演じる矢部さんも素敵でした。ご本人が「唯一まともな役」と仰っていましたが、有能なアシスタント・マネージャーでとっても格好良かったです。上司がついてしまったウソもしっかりフォロー(笑)。

 って、だんだんキリがなくなってきたからこの辺にしておきます。
あんまり書くとネタバレ領域にまでいきそうだし。まだまだ公開中なのでそれは控えておきます。
たくさん笑って、ふっと感動して、温かい気持ちになれる映画でした。

東宝映画トピックス
 
 
[PR]
by otokata | 2006-02-23 22:19 | 映画
 
 久しぶりにマクドナルドに行って、期間限定イタリアンを食してまいりました!
地元のマクドではマックシェイクは扱っていないので、エスプレッソーネは試せませんでしたが、イタリアンチキンサンドとマンチャーはクーポンを駆使して早速注文☆
 
 イタリアンチキンサンドの方は、マックチキンにチーズをはさんで濃いトマトソースをかけた感じ。チキンは普通においしかったけど、トマトが濃すぎやしないかと、食べながら思いました。トマトジュースを思い出しました。おいしいけど、ちょっと苦手です。

 マンチャーは、丸っこく揚げたベイクドポテトみたいなやつに、モッツァレラチーズとチェダーチーズが入っているものです。サクサクしてるやつに、ソースをつけて食します。ソースはバーベキューソースの濃いトマト風味って感じ。イタリア=トマトソースしかないのか!?つけたらソースの味がチーズとかに勝っちゃうので、あんまりつけない方が好きです。って、イタリアンの意味がないじゃん・・・。

 いずれにしても、一回食べたら十分だと思いました(笑)。
マックフライポテトを珍しく食べなかったから、今ちょっと物足りない気分です。
[PR]
by otokata | 2006-02-21 22:51

芸文のミュージカル。


 昨日の話ですが、『ヒボコ 天日槍物語~水と炎と愛の伝説』を観て来ました。
知人がチケットを譲ってくれたので、友人と一緒に行ったのですが、まず初めて行った西宮芸術文化センターの大きさに驚きました。(実は駅を降りてすぐのコナミスポーツの方をホールだと勘違いしかけたことは内緒です・爆)そこでバイトをしている知人がいるので色々と話は聞いていたのですが、迷う人とかが出てきても無理はないと納得しました。今回は大ホールだったのですが、見渡す限り木素材で、響きもよく、落ち着いた雰囲気でした。

More
[PR]
by otokata | 2006-02-19 22:54 | 舞台・役者さん

うぉっ、遂に発売!?

 先ほど、見つけました!!

BEST MUSICAL 2

 マジですか!?遂に発売しちゃいますか!?
AmazonもYAHOOも”詳細:未定”だったので、ようやく見つけた情報に、実はちょっと疑心暗鬼ですが、でもe+だし、確かかなぁ?

参加アーティスト

・石井一孝/浦井健治/橋本さとし/石川禅 他
・橋本さとし
・阿部よしつぐ
・石井一孝
・石川禅
・シルビア・グラブ
・浦井健治
・戸井勝海


 私としては、再び4Knightsで出ると思っていたので意外です。
吉野さんも岡さんもいないのは残念ですが、石川さんや浦井さんは嬉しい。
早く詳しい情報出ないかな・・・☆
[PR]
by otokata | 2006-02-17 23:44 | 舞台・役者さん
 
 えっと、今になってこのブログにオリンピックのオの字も無いということに気づきました。
一応時々観てますが、普段野球もサッカーも、何にもスポーツ観戦をしないので、自分の中では相変わらず平穏な時間が流れています。

 や~っと『海に働く人びと』と『小ナポレオン』を読み終わりました。 
本当に読みにくかった・・・。自分の想像力のなさに嫌気が差しました。第二部は、ジリヤットが1人で広大な海を相手に奮闘し、他の人物も出てこないし、進んでいる実感がなかったから中々大変でした。やっぱり私に『ノートルダム・ド・パリ』のノートルダム景観は早い気がします(涙)。第三部で、やっとガーンジー島に戻ってきてくれたので、そこからは何とか普通に読めました。

 ジリヤットにエポニーヌの報われなさと、ヴァルジャンの力・自己犠牲的なまでの献身を感じました!読みにくいと思っていたくせに、読み終わった後はウルウル状態でした。大変、大変・・・。何でもかんでもレミゼに結びつけるのもどうかと思うけど・・・、仕方ないです(ドーン)!!

 はぁ・・・、明日は遂に成績発表の日だよ・・・。
多分大丈夫だと思うけど、あんまり楽しくない。
[PR]
by otokata | 2006-02-17 23:06 | 読書