コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー

<   2006年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

目が離せません!!

Excite エキサイト : 社会ニュース


 うちの妹が暴走するくらいびっくらしてました。



 あのGさんファンの妹がビビッてました。





マジで上杉謙信やるとですか!!??


 あなたはどこへ向かっていくのですか!?




ねぇ、Gacktさん!!!??
[PR]
by otokata | 2006-03-31 23:52

 唐突ですが、レミゼの公式サイトの製作レポートって面白いですよね。
ムラタさんの撮る写真って、カンパニーの和気藹々感がすっごく出ていて大好きですし、インタビューも毎回楽しみにしています。

 で、今回遂に綜馬さんでしたね!!!!!
画面の前で、ふにゃ~と、とろけてしまいました。

ヤバイ、格好良すぎだv

この写真、プリントアウトして机の前に飾っておくことにします!!!

 「綜馬さんが思う”ジャベール”はどんな人でしょうか」という質問に、「強いて言えば森クミさんと正反対の人!」と、言ってらっしゃるのが印象的でした。森さんのことをよく知らないから何とも言えないながら、何となく納得してしまいました。
 一回しか拝見していないけれども、私から見た鈴木ジャベール像は、無駄が一切無く、全てを合理的に考え、感情的なものを排除している人・・・、かな。それが、バルジャンに助けられた瞬間から全てがガラガラと崩れ、内側に篭っていたものが全て雪崩れだす・・・ように見えました。
 あの「バルジャン!いいか、警告だ!!」を聞いたときは、本当にびっくりしたなぁ。それまで動かなかったし、冷静だっただけに、あの激しさには鳥肌が立ちました。
 「待つぞさあ、24653」で向こうを指した手を恐る恐る見つめ、崩れ落ちる姿も、ヤバイくらいにショックでした。哀しいな、ジャベール(涙)。早く日生で会いたいです。

 演じてみたい役はファンティーヌですか。聴いてみたいなぁ、綜馬さんの『夢やぶれて』とか、『エピローグ』。でも、『共に飲もう』とかも聴いてみたい。いやいや、『宿の主人』とかも大穴でいいかも・・・。正統派として『彼を帰して』とか。エポニーヌになって切なく片思いする姿もいいかも。でも、アンジョルラスになって、学生達を導く姿も見てみたい。

 ・・・キリがないから、全部演じちゃってください!!
 
[PR]
by otokata | 2006-03-29 22:58 | レ・ミゼラブル

ノートルダムの鐘Ⅱ


 久々に『ノートルダムの鐘Ⅱ』を観ました。
サイト開いている時にはボロクソ言ってた気がするけど、こう、レミゼ欠乏症及び綜馬さん欠乏症の反動で、久々に手を出してしまいました。全体的な印象はやっぱり変わってないけど、今更ながらキャストのマジックに気がつきました。

 と、いうことで久々の突発的ユゴー作品語り第6弾は『ノートルダムの鐘Ⅱ』にします。

 『ノートルダムの鐘Ⅱ』

e0086682_22573013.jpg



発売・・・2002年4月20日
キャスト・・・ ユーゴ/ジェーソン・アレキサンダー(治田敦)
        マデリン/ジェニファー・ラブ・ヒューイット(宮沢りえ)
        カジモド/トム・ハルス(小森創介)
        クロパン/ポール・キャンデル(内田直哉)
        ヴィクトル/チャールズ・キンブロー(今井清隆)
        フィーバス/ケビン・クライン(鈴木綜馬)
        サルーシュ/マイケル・マッキーン(竹中直人)
        エスメラルダ/デミ・ムーア(高野麗)
         ゼファー/ハーレイ・ジョエル・オスメント(村田貴輝)
         ラヴァーン/メアリー・ウィックス(京田尚子)



 ここの文章を書こうと思ってアマゾンで検索した際、この文章を見つけて呆然としました。

内容(「VIDEO INSIDER JAPAN」データベースより)
前作『ノートルダムの鐘』の原作者、V・ユーゴーの生誕200周年を記念して製作されたOVA。ノートルダム寺院の鐘つき男カジモドの恋と冒険を描く。


 ああ、ユゴー様生誕を記念したのね。そうですか・・・。

ユゴー氏、怒ってなきゃいいけど(汗)


 言うまでもないことですけど、この作品はディズニーの長編映画『ノートルダムの鐘』の続編です。私はあの作品に続編は要らないと思うんですけど、この作品は音方的記念作品でもあります。
なぜなら・・・

『ノートルダムの鐘Ⅱ』を観て、フロローへの愛に気づく。
         ↓
『ノートルダムの鐘』にハマる
         ↓
ヴィクトル・ユゴーを意識する
         ↓
最終的に『レ・ミゼラブル』にたどり着く。


という風に、全ての出発点でした。そういう意味では感謝しているのですが・・・、やっぱり前作に比べるとあんまり好きじゃないのも確かです。
 ユゴーの原作からほぼ完全に離れたオリジナル作で、”カジモドのための続編”だそうです。元々ファン・フィクション的な作品なのですね。
 いずれにせよ、前作だけでも十分です。内容が子供向けなので、比較するのもおかしいのかもしれませんが、映像も音楽も拍子抜けするようなものになっていて、前作でファンになった人は正直がっかりしてしまう可能性が高いと思います。おかげで、大好きなキャラクター達なのに、いまひとつ感情移入が出来なくて苦しみました。
 あ、でも、前作がハッピーエンドじゃないことにご不満な方には、待望の続編といった感じなのでしょうね。

 発売当初は声優陣の豪華さが話題になりました。
サルーシュに竹中直人氏、マデリンに宮沢りえさんと、確かに豪華。でも私としては、再び劇団四季の面々が当ててくれる方が良かったのですが・・・。

 今だから分かる個人的に美味しい面としては、2人のアンジョルラス2人のジャベール!!

初代アンジョルラスの内田氏と、何の役をやってるかはわからないけど出演していた岸祐二さん!!
 一方、四季を退団したゆえに今作も出演している、元ジャベールの今井氏と現ジャベールの綜馬さん!!

 ・・・おいしい。やっぱりこれはおいしい。

 内田さんは、光枝さんの跡をしっかり引き継いで、クロパンという人物像を損なわないように上手く演じていらっしゃいます。前回同様、幕開けはクロパンの歌なので、彼がしっかり世界に引き込まないといけませんものね。その辺は大丈夫です。・・・冒頭は画質の悪さにショックを受けて、立ち直るのが大変なシーンなので、余計大変です。
 ガーゴイル・トリオは今回もカジモドをサポート?しつつ、しっかりナンバーをもらって活躍しています。今井さんや治田さんがいるので、歌わないと確かに勿体無い。ちなみに生誕記念作品だからか、スタッフロールではユーゴーの名前が一番先に来ています。
 そして綜馬さん!何かすっごく可愛いんですけど、絵の質が落ちたからか、フィーバスが美形に見えません(涙)!!仕方ないので目をつぶって聞いています。お気に入りのセリフはこちら。
 「まいったよ、アキレス。みんなが僕に怒ってる。これで何度目だろう?・・・数えるな。」

 ヘタレきってます。まいったのはこっちですよ、全く・・・。
あなたさえ出ていなければ、多分もう二度とこの作品に手出ししなかったろうに・・・。

 結論として、豪華声優陣に興味のある人はレンタルする価値があると思います。
だけど、話のスケールもクォリティも前作と比べるとかなり落ちるので、あまり期待し過ぎないことをオススメします。
[PR]
by otokata | 2006-03-28 23:15 | ノートルダム・ド・パリ

中日レミゼ千秋楽

 
 結局手の届かないうちに、中日レミゼが終わりを迎えてしまいました。

うん、いいんだ。

岡様や(やっぱり何故か様付け)上條さんのブログや、色々なサイト様の感想で楽しませていただいたから、これで満足・・・



・・・って、そんなわけないし!!!



ああもう、観たかったよ~!!!レミゼ欠乏症もいいところ!!
早く東京行きたい!!!!!!観劇記とか日記とか読んでたら、余計観たくなるのが人情ってやつだし!!

 駒田さんが涙流すほどの岡ジャベの『自殺』とか、岸アンジョルラスとの新しい動きとか観たかったよ!!!!!!!

 あと1ヶ月も待つのか、私!待つしかないのか~!!!!!!!!!!

 はぁ・・・、もう一回大阪に来て欲しいよぉ。

 
[PR]
by otokata | 2006-03-26 23:57 | レ・ミゼラブル

卒業しました。


 と、いうわけで本日卒業式でした!!
7時過ぎに起きて『地球見聞録』を観るところから一日が始まりました。とっても好調な滑り出しです。公式サイトにベトナムまでしかスケジュールが書かれていない上、『宮廷詩人』DVDプレゼントなんてことがあることから、私地球見聞録は3月で終わりだと思っていたんです。
 ところがどっこい!4月から日曜に変更してスペインをやるっていうじゃないですか!!今日ほど綜馬さんの「お楽しみに」が可愛らしく聞こえたことが無いと思うくらい、感激しました(表現に誤りはありません・笑)!!

 ってくらい幸先いい上に、天気は快晴!美容院で思いっきりクルクルのアップにしてもらい、祖母と母に着付けをしてもらって卒業式に臨みました。

 式では、名前を読み間違えられたり色々ありましたが(ちょっと不機嫌)、たくさん写真も撮れたし、楽しかったです(重ねて言うけど表現に誤りはありません・笑)。誰もしんみりしやしない。しかも皆あっさり帰ってるし。うちの学校に謝恩会は無いので、用事が済んだら帰る人が大半!結局私も6時ごろまで友人とダベって、帰りました。

 現在、慣れない袴や大量の荷物のため、不思議な筋肉痛です(汗)。
卒業した実感は全く無いのですが、とりあえず今日も寝ます。
こういうのって、きっと後からジワジワくるんだろうな・・・。
[PR]
by otokata | 2006-03-25 23:07

何だか疲れました。


 何だか怒涛の一日でした。
久々に料理に挑戦してみたり(って言っても単なる炒飯です。普段全くしないのでこんなのでも珍しい)、演奏会に出たり、学校のCDのダビングに追われたり・・・。

 明日卒業式なので、今日は早めに寝ることにします。
おやすみなさい☆
[PR]
by otokata | 2006-03-24 22:25

 遅ればせながら、話題のポーションを買ってきました。

e0086682_2141476.jpg
この間どこを見ても限定版が無かったので、通常版から手を出してみました。リ●ビタ●Dみたいな味でしたが、何となくHP回復アイテムと言われたら納得する感じでした(笑)。ハーブとか配合されているし、栄養ドリンクのコーナーにあったし(笑)。このアクアマリンのような色と味のギャップがまた素敵と思われます。





e0086682_21424266.jpg
こちらが今日発見した限定版。
なかなか深い青色できれいです。記念に一つ欲しかったので、見つかって本当によかったです。でもこれ、大きくて思ったより重くて、そんなに持ち歩けませんよね。冒険者も苦労してるんですね、きっと(笑)。





 e0086682_21511269.jpg
ちなみに同封されていたカードはこんなのでした。Basch君だそうです。天野氏の絵とか無いのかな~。あったらいいのに。
 
[PR]
by otokata | 2006-03-23 21:53 | アニメ・コミック・ゲーム

 20日に書いた文章の元ネタは、『るろうに剣心』16巻第百三十六幕「闘いの始まりはいつからだったか」でした。
るろ剣に出てくる言葉って、フッと頭をよぎることが多く、しかも自然に溶け込みすぎて誰のセリフだったか思い出せないことが時々あります。斎藤さんのセリフは必ず思い出せるんですけど(笑)中学の時、授業中にセリフを写した手帳見ながら、暗記しようとした過去がありますから(やってることは10年近く経っても変わってません)。

 ちなみに、つい最近思い出せなかったのは、このセリフ。

「失って人生歪んでしまうくらい・・・本当に大事に想っていたんだろ・・・。気持ち・・・わかってやれよ。」

 突然浮かんで、「何のセリフだっけな~?金田一だっけ?」とか悩んで、数時間後に突然、「そうだよ!左之助だよ!!VS安慈!!」と、思い出しました。

 これでいいのか、私!?

 
[PR]
by otokata | 2006-03-23 21:34 | アニメ・コミック・ゲーム

再会はもうすぐ・・・


 金田一の最新作、『獄門塾殺人事件』っていうんですね。
天樹征丸氏のブログに載っていました。
”塾”って聞いて、思わず”首吊り学園殺人事件”を思い出してしまいました。
『金田一少年の全事件簿』によると、今回ははじめちゃんと明智さん、別々の事件を追っていって二つの事件が交じり合うという感じになるらしいです。加えて、高遠さんも登場するみたいで、本っ当に楽しみにしています!!『オペラ座館・第三の殺人』の1コマだけで4月12日までガマンしろっていうのは酷ですが(レミゼだって4月末までガマンだし)、もう少しいい子で待っていようと思います。

 そうそう、同盟サイト様のところに『高遠教総本山』様を追加しました。
熱が高じてバナーを貼りましたが、実は信者になったのは2000年だったりします。気がつけば6年ですか。さっきの社交ダンス部10年並に驚きです。しかも当時のコメントが思いっきり痛いです。

<略>
もうやばいくらい高遠さん好きです。
高遠さんのペンダント(しかも手作り)を身にまとい、録音テープを持ち歩き、友達に語ってはさめられている私にとっては素晴らしいところです。(ハッ、これって布教なのか?)
よろしくお願いします!!


 ・・・高校時代の私ヤバイよ!?

 ええ、覚えがありますとも!!ちゃんとそのペンダントも取ってあります。

これです!!!
e0086682_23564369.jpg



 アニメイトのペンダントキットを使用して、テレビ画像の中からベストショットを選んだ記憶がよみがえります。
 録音テープは、露西亜人形殺人事件の最後を中心に、オノケン高遠の声を収録!!
通学時にずっと聞いていた覚えが・・・。

 でもこれはマシな方で、斎藤さんの時は人形とか作ってたし・・・(冷汗)


・・・・・・・・・・もしかして私って、かなりアブナイ人だったのかもしれない(今更)。
[PR]
by otokata | 2006-03-21 23:40 | アニメ・コミック・ゲーム

芸能人社交ダンス部


 今日は『春の4時間ダンス祭り』を見ました。

 第一部は『ウリナリ芸能人社交ダンス部2006春』
いや~、ウリナリ社交ダンス部懐かしいな~♪
社交ダンス部のみならず、この番組は全てが懐かしいです。ドーバー海峡横断部とか、ブラビ像売り歩きとか、「これが出来なかったら即解散」シリーズとか、ホワイティとか、チェロを弾く堀部君とか・・・。あんまりテレビを観ない私がハマった、数少ないバラエティの一つです。

 結成から10年経ったというのが信じられなくて、ちょっとめまいがしましたが、いつも一生懸命なローズ南原さんと艶かしく美しい杉本の姉さんのダンスがまた見られて本当に嬉しかったです!!しかも格段に上手くなってるし・・・。
 勝俣さんもゴルゴも、初心者のパートナー相手にあそこまでリードしなから勝ち進んでいって、すごいと思います。新人さんsもみんな練習風景から見ていくと格段に上手くなっているし。
 特に、オリエンタルラジオの二人!!いや、格好いいし!!ふっつ~に見惚れてました。それぞれパートナーをリードしていく姿に漢を見ました。藤森君に包容力を感じました!!

 この番組の何が好きって、皆さんのすごい努力が感じられるところです。社交ダンス然り、ドーバー横断然り・・・。普通いきなり出来ないような高い目標を設定して、忙しい芸能活動と平行しながら人一倍努力して・・・、実際にそれを成し遂げてしまう。ずっと勇気づけられてきました。
 やっぱり猛練習の成果って出るんですね。私もサボってる場合じゃないぞ!!
抽選会場のバイトしてる場合じゃないぞ(笑)!?でも楽しいぞ、デパートの催事バイト!!

 第二部の「シャル・ウィ・ダンス?~オールスターダンス選手権」
 えーと、ガレッジセールの着てる、ちょっとフォーマルっぽい感じの服が好きでした(笑)。
 HG、1ヶ月先だと思ってたって・・・(笑)。一週間の追い込みであのダンスって言うのはちょっとズルいと思います。普段から動きまくってるし、しなやかな筋肉がついてるから有利なのかな。
 森三中の大島さん、審査員から美しさについてボロボロに言われるのが気の毒でした。ダンス自体はすごいなぁ、と思って見てたんですけど。あそこまで言わんでも・・・。
 三枝さんのダンスは、ちょっとアダルトな感じで好きでした。アダルトって言っても、気品ある大人のダンスって意味で。

 さて、誰に投票しようかな・・・。


どうでもいいけど、ホワイティが応援に来てくれたら、もっと楽しかったと思うんだけどな・・・。 
[PR]
by otokata | 2006-03-21 23:32