コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー

<   2006年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 今日、いつもバイトしているデパートの前で、スーパーボールすくいの屋台が出ていました。タオルを頭に巻いたお兄ちゃんが(”あんちゃん”って言った方がニュアンスは伝わると思う)一人店番していて、友人らしき人と喋っていた、穏やかな夏のひと時。
 そこを横目でチラッと無意識に見て通り過ぎようとしたその時!

 「しゃきーん!ぱわわっぷ!!」

 なんて声が聞こえてくるじゃありませんか!

 思わず振り返りましたよ。この歌詞があってるかどうかはどうでもいいんです!
これは俗に”ぱわわぷたいそう”って呼ばれてるあれですよね!?
あの、影山ヒロノブ氏が歌ってる・・・

 「ぱ~わっ、ぱわぱわぱわぱわ~♪」ってやつですよね!!

 この場所でこの曲が流れてるって事は、例のCDですね!!??
(分からない方は、ライフログと、過去の記事参照。
こんな現場ならいつでも大歓迎!! 心震えるのだ・・・。

 ってことは、ってことは、

 ここでずっと待っていたら・・・


 「あっめっが、あが~ったよ!おっひっさ~まがでてきたよ」

  なんて、爽やか極まりない岡さんの声が辺り一帯に響き渡るのですね!!

思わずこの場で待っていようと思ってしまいましたよ・・・。
DISKが違うし、親との約束があったから、泣く泣く遠ざかりましたが。

 って、自分ちゃんとCD持ってるのに、何やってるんだ、もう・・・。
[PR]
by otokata | 2006-07-31 00:44

連想バトン(仮)!

 ヨシキ様から素敵バトンが回ってまいりましたvいつもありがとうございます!!
喜んで答えさせていただきます♪

 とはいえ・・・、音方は相変わらずオンラインのお知り合いが少ないのですが、私なんぞが答えちゃってよろしいんでしょうか(笑)。”浅黄”時代のお知り合いとか、チャットでちょっとお話しただけの方とか、密かに(一方的に)憧れてる方とか、かなりミックスですが、よろしいんでしょうか(ドキドキ)。

 ・・・・・反論の声が(まだ)聞こえないので、では遠慮せずに書かせていただきます!
恐らく半数以上の方がここ見ていらっしゃらない気がするしね、うん(オイ)!!

連想バトン(仮)!

※一回でも名前が出た人は受け取って下さい
(一度受け取った人は受け取らなくてもいい)


『色』

黒・・・50nno様 (復帰を心からお祈り申し上げております・・・)
白・・・ヨシキ様
赤・・・月樹様
青・・・ 居月楽羽様
黄・・・
緑・・・抹茶様
紫・・・しげち様
桃・・・ぱせり様

『数』

0・・・50nno様
1・・・抹茶様
2・・・海夏様
3・・・寒川様、まりも(まりも~、お誕生日3日だったよね・笑)
4・・・
5・・・諏岸様
6・・・taroo様
7・・・mi-ne様
8・・・
9・・・

『文字』

愛・・・ 田山様
心・・・花耶様
真・・・ 稀城様、カオリ様
迷・・・
生・・・しげち様
死・・・
喜・・・小鞠様、mi-ne様
怒・・・
哀・・・ シェナ様
楽・・・ミツキ様、みずほ様

『単語』

運命・・・50nno様
奇跡・・・寒川様
必然・・・羽隠様
変化・・・taroo様
恋愛・・・夜月りおん様、瑶玖様
優美・・・りほ様 (超陰ながら尊敬しています。あなたのアンジョルラスは宇宙一です!!)
壮麗・・・ 灰色様 (やっぱりかなり陰ながらお慕い申し上げております!!)


 ・・・・・本当に恐れ多いな、私(笑)。しかもサイトの印象で書いてますね、完全に。
まあ、いいか、”連想”だし(いいのか!?)。
こうしてみると、ご無沙汰している方が多いのに驚きました。
それに、お言葉を交わした事さえないのに恐れ多い事にお名前を挙げてしまった方、特に告白してしまった方、申し訳ありません。が、溢れる愛が今日も日本の片隅であなたに注がれていると思ってくだされば・・・、あまり嬉しくないですね。すみません・・・。

 ・・・多分見ていない方のほうが多いと思われるので、流しちゃっても大丈夫です・・・。
[PR]
by otokata | 2006-07-31 00:26 | 質問・バトンなど

魚沼宇水、その最期


 日曜の朝から書くような内容でもないけど、最近発見した事を一つ。


 宇水の死に様って、正直悪くないですよね?


 唐突にすみません。決して上半身真っ二つになりたいわけじゃありません(苦笑)。
ゲームの公式サイトに触発されてるろ剣14巻を読み返していたときに、ふと思ったことを、きょうはちょっとだけ。

 昔はね、宇水大嫌いだったんですよ。

 何といっても斎藤さんのおみ足を傷つけた奴だし、彼の血を舐めるなんていう羨ましい忌々しい所業を行っちゃってるし、斎藤さんの事を「貴様如き」なんて言ってくれるし、それに何といってもキモいし(言っちゃった・・・)!!!!

 けど、よくよく考えてみると、上半身真っ二つなんて惨たらしい状態になっていながらも、笑みを浮かべて斎藤さんと問答やってる姿を見ると、「なんかこいつは凄いんじゃなかろうか?」なんて気持ちがどっからか湧いてきちゃったんですよ。この状態で、喚きもせずに悠然と死を迎えるなんて、並大抵じゃない。

 正直、戦闘中斎藤さんに図星を突かれまくって焦っている宇水は、格好悪いです。
けれども、決して折れない信念を持って生き抜いている斎藤さんから出た「己の信念を貫けなかった男など、死んでも生きてても惨めなものだ」と言われ、そこで「仕方なかった」だとか、何も反論もせず、己の人生に思いを馳せ、斎藤さんの人生に思いを馳せて静かに死んでいく姿は、今見ると敵ながら天晴れに見えます。何というか・・・、潔く見えます。

 「一片の淀み無く己が道を貫く。簡単な様で・・・、何と難しい事よ。」 

 宇水自身も本当は、斎藤さんのように生きたかったのでしょう。
けれどもその難しさゆえに、虚栄を張らずにいられなかったプライドゆえに、道を踏み外し、折れてしまった。そんな彼の哀しさがこの一言に現れてるんじゃないかと思います。

 自分が歩む事の出来なかった真っ直ぐな道を、決して踏み外すことなく強く生きる斎藤一。彼の説得力を持った言葉によって、自分の人生の過ちを素直に認めながら死んでいけたとしたら、たとえそれで惨い死に方を迎える事になろうとも、容赦なく自分の一番痛くて弱い部分を抉り出されようとも、彼は最期の対戦相手としてこの上なく最高の相手だったんでしょうね。

 刃衛がいつまでも剣心の生き様を地獄の淵で見ているように、彼もきっと斎藤さんの行く末を見ているのではないでしょうか。

 彼が悪即斬を貫き、その狼としての人生を完遂するまで。
[PR]
by otokata | 2006-07-30 09:17 | アニメ・コミック・ゲーム
 おはようございます!
(お昼に見てくださっている方はこんにちは、夜の方はこんばんは)

 先ほど”TAKARAZUKA CAFE BREAK”を見終えて、この記事を書いています。
今日は青樹泉さんでした。私は綜馬さんに変えようと思ったのですが、親が何だか真剣に見てたので、綜馬さんは後で録画ビデオで楽しみます。私も轟様がアップで映りまくったのは嬉しかったし、まあ、いいや。

 でも、今日はちょっとありえない失敗を犯しかけてしまいました。

寝過ごして地球見聞録を録り損ねる寸前だったという・・・。

 AAAAA、何やってるんだ、私!!!これじゃファン失格だYO_| ̄|○!!!!

 夜中に妹がBSのアニメを録画するので、チャンネル固定を要するうちのテレビだと、前日から録画をセットするのは不可能なため、いつも早めに起きてビデオ準備をする事にしているんです。ところが、忘れていたけれども、今私の部屋の時計が1時間くらい遅れていて(昨日は15分くらいしか遅れてなかったのに・・・。電池がなくなりかけてるんでしょうね。)、おまけに昨日はサイトデザインを考えようと、慣れないホームページビルダーを自力で遅くまでいじりまくってたせいで、すっかり寝入ってしまっていたんです。

 母が「宝塚始まったよー!綜馬さんいいの?」なんて神の一声をかけてくれなかったら、今頃悲嘆の涙に暮れていたことでしょう・・・。

 母上・・・、本当にありがとう。

 今日は友人・知人に出演演奏会のチケットを発送して、時間があればドレスでも見に行ってこようと思います。
[PR]
by otokata | 2006-07-30 08:33
 更に申し訳ないんですけど、やっぱりネタバレ&分かる人にしか分からないネタです。
それでも大丈夫な方は、下のリンクからお願いします。

くっだんない一言でも、聞いてやる。
[PR]
by otokata | 2006-07-27 22:35 | 映画
 さっき記事をカキコカキコしていたことの一つに対して、ちょっと考え直してみました。
申し訳ないんですけど、ネタバレかかってます。

ってことで、ネタバレ注意
[PR]
by otokata | 2006-07-27 00:43 | 映画
 『パイレーツ・オブ・カリビアン2』を観て、先ほど帰って来ました。

いやもう、3年ぶりの再会ですよ、あの方と!!
(ジャックでもウィルでもなくあの方v)

心震えるのだ・・・、そして心が乱れる!!
この感動をどう表現したらいいのか分かりません!!
ああ、今まで他サイト・他ブログ様の感想を見ずに頑張って来て良かった・・・!!!

今回一番感動したのは、スタッフロール突入3分前です!!
ご覧になった方は、私の感動が分かるはず・・・!!

ああもう、語ろうと思うと全てがネタバレになってしまう!!

残りは下記をクリックして読んで下さい。

ここで言える事は唯一つ

本当のエンターテイメントは、スタッフロールの後まで気を抜かないものです!!

恋人と再会した音方の雄叫びを聞く。
[PR]
by otokata | 2006-07-26 22:23 | 映画
 シルミドのソル・ギョング離婚

 いえ、離婚自体は結構どうでもいいんですけど、ソル様のお名前をこんなところで拝見するのはすっごく稀なので、つい興奮してしまって・・・。いや、離婚ニュースだけどさ。

 韓流ブームが巻き起こっても、微妙にマイナーメジャーなままのソル様。数年前のNHK『聖徳太子』の伊真役を演じていらっしゃった時から、密かにお慕い申し上げていましたが、やっぱりブームからは外れていたため、私の周囲で知っている人はほんの一握り(涙)。いいんです、きっと大御所だから、今更ブームもへったくれもないんだ。あの演技力と変身の前には、ブームの方が頭を垂れて平伏しちゃうんだ、きっと・・・。


 こんなことばっかり言ってるから、職場の人に「気の多い女・・・」とか言われちゃうんですね_| ̄|○
(事実だけど、かなり根に持ってる。酷くないですか、これ?)
[PR]
by otokata | 2006-07-25 22:42
 
 先ほど地球見聞録を観て参りました~!!今朝は珍しく目覚めがよく、7時に起床してヨガ(もどき)とかちゃんと出来たので、只今とっても気分が良いです。
あ~た~らしいあ~さがっきた♪

 うちの家は7時半から父が『TAKARAZUKA CAFE BREAK』を観ていて、好みの人が出ていれば私も一緒に観るんですが、今朝は北翔海莉さんでした♪思わず正座してテレビの前に座っちゃいましたよ。『暁のローマ』のオクタヴィアヌスの歌に感動して以来、ちょっと気になっていたので(本当に何人いるんだ、気になる人は!?)。朝から「ローマはわたしのもの」を聴けて、感動しました。劇場で聴くのとテレビで聴くのは全然違って、そんなに響いてるようには聞こえないけど、相変わらず優しくて伸びやかな歌声、美しいビブラート、聴いていて鳥肌立ちました。やっぱりこの方はスゴイや・・・。

 で、うっかり北翔さんに魅入っていたため、ビデオで『地球見聞録』。
本日はポルトガルのアルコバッサに伝わる悲恋のお話でした。
綜馬さんの語る悲しい恋の物語。

 ペドロ王子は、父王アフォンソ4世の決定で、カスティーリャ王国のコンスタンサ姫と結婚する事になっていた。しかし、結婚式当日、彼は姫の侍女イネスに恋をしてしまう。王子の一途な思いに、イネスも心惹かれ、二人は愛し合うようになる。もちろん禁じられた恋は父王の怒りを買い、イネスは修道院に送られそうになるが、それでも誰も二人の心を引き裂く事は出来ない。
 数年後、姫は子どもを残して亡くなり、ペドロ王子はイネスを妻に迎える(側室か何か?)。3人の子どもに恵まれ、幸せな日々を過ごす二人。しかし、その幸せも束の間。イネスのことをよく思わない重臣が、アフォンソ4世に迫る。
 「このままでは宮廷はイネスの一族にのっとられてしまう。」
 王の下した苦渋の決断は、イネスの暗殺・・・。
ペドロ王子はイネスが殺された涙の泉に、復讐を誓う。

 やがてアフォンソ4世が亡くなると、即位したペドロ1世は、イネスの暗殺者を全て処刑。イネスの墓を掘り起こして、「彼女を正式な王妃にする」と宣言し、家臣たちに彼女の手に口付けさせ、自らの手で戴冠。それから10年後に、ペドロ1世も亡くなり、二人はサンタ・マリア修道院に共に葬られた。ゴシック調の美しい棺に、二人は足を向け合って眠っている。
 いつか永い眠りから醒めた時に、お互いが微笑み合えるように・・・。

で、ロマンス台無しのうちの朝の風景はこちら
[PR]
by otokata | 2006-07-23 08:54 | 舞台・役者さん
 ずっと更新の止まっていた、古い方のるろ剣公式サイトで、「あなたが選ぶ TVシリーズ ベストエピソードアンケート」!などやってるようです。

 行って早速第四十九話に投票してきましたが・・・、本当に今頃なんでこんなに盛り上げてるんだろう?まあ、いいけど。私は嬉しいから。

 でも何か地味な企画なので、投票数とか少なそうです。何となく不憫です(勝手に決めつけ)。るろ剣好きな方、お暇な方は是非行ってあげてください。

追伸
特別放送なんかもあるようです。8月3日27時12分より フジテレビにて放送予定
・・・だから、どうして今年なんだろう?
[PR]
by otokata | 2006-07-17 00:22 | アニメ・コミック・ゲーム