コロコロと興味の対象が移り行く音方による、日々の熱い物を綴ってみた日記。   ※アダルト・商業系サイトやここの記事とあまりにもかけ離れたTBやコメントは削除させて頂いています。悪しからずご了承下さい。


by otokata
カレンダー

<   2007年 04月 ( 45 )   > この月の画像一覧


M.Aの公式ブログがえらいことになっています!!

 例のロビーのタペストリーというか、垂れ幕?の画像がアップされているのですが、なんと公爵&フェルセンの画像なのです!!あああああ、これ、これこれこれ!!今私の携帯の、エラー画面に設定されているマブすぎカワユス公爵!!(小バカにされてる感じで、エラーにぴったり)この部分をチョイスするとは、クリスティさんマジでいい仕事してます!!

 ああ、もう本当、売って、これのポスター??いっそチラシと同じA4サイズくらいでいいから。私、持ち歩き用と、保存用2部と、ピンナップ用に買うから!!いや、でかくても問題ないけど!!そしたら、部屋の真ん中に飾るから!!

 しかし、裏は国旗になっていたのですね。あれだけ下で写真撮ってたのに、全然気がつかなかった(^^;)

 最近は何やら、直筆色紙まで展示されているようで!!

 うきゃー!!!個性豊かなメッセージですと!?
見たい見たい見たい見たい!!!!今度は携帯だけじゃなく、妹からデジカメ借りてこなきゃ!!公爵は台本作家の隣りなのですね(鼻息)!!
 ところで、これは全員分あるのでしょうか(ワクワク)?

 ああもうちょっと、今日のアフタートークショー行けなくてちょっと凹んでたのが、かなり元気になりました。このブログ、またレポをアップしてくれると信じてるし!!

 早く早く、もう一度18世紀パリに戻りたいです。
[PR]
by otokata | 2007-04-30 18:47 | MA

 結局自分に激甘なんです・・・。厳格になんて生きられません。

 注意力が散漫になっているというよりは、脳がいつもの半分も回転していない状態。
もう気になって気になって仕方ない状態。
後ひと月、私の知らないところで誰かさんが舞台上で爬虫類セクシー変態公爵を演じていると思うと、もうガマンできない状態。
 気がつくと、自転車にぶつかってるし(←危ない)。

 そもそも、このごろ自分の今の職場の状態、やりたいこととの兼ね合いとか、もっと重要な事を考えているのに、それと同じくらい、ヤバイくらい頭の中が帝劇から帰ってこなくて、もうちょっと悪影響にすらなっている状態。

 しかも、チケットが完売してればいいのに、私の貯金が完全にゼロならいいのに、手を伸ばせば届く願望であるのがまた痛い。

 更に、我が戦友(2人ほど向こうにいるのです)が、「泊まりにきてくれていいよ☆」なんて、泣けるくらい優しい言葉をかけてくれたことも、背中を押して。

 とどめは、某カード会社が、貸し切り公演チケット半額メールを送ってきた事。

 ・・・・もう無理、限界。

 気がついたら、チケット2枚購入していました。ある日のB席と、翌日S席。

 5月、再び公爵に会いに行ってきます!!

 とりあえず倹約策として、一応レミゼの7月分、3公演観劇予定を、2公演に減らし、日帰りにしました(いや、狙った日がたまたまやまゆーさんだから思うようにとれなかったってのもあるのですが)。

 これ以降はもう東京行ける日なんてないので、諦められると思います。
これから帰って、また魂抜けても、今度こそ立ち直れるはずです。
つか、魂抜けてもM.A観ずに抜けるよりは、もう一度出会えて抜けるほうがずっとマシ。

 そう、私は我侭なんです。よく分かっています。
       意志薄弱で、自分に甘くて、浪費家で、本末転倒なんです。

 「大体こんなに遠征するなら、貯金して『地球見聞録』のDVD-BOX買えばいいんだよ」

 なんて、日常的に思っていますが、どうにもなりません。
就職の事ももっと考え直して、後ろ指刺されずに堂々と観劇できる立場にならなくては、と思っているのですが、これもすぐにはどうにもなりません。(つか、今頭の中は公爵とこの問題だけでいっぱいいっぱい)

 とりあえず行きます。行って、奪われた魂を取り戻してきます!!
(返り討ちにあうのがオチだということは、何となく感じていますが・・・。)
[PR]
by otokata | 2007-04-30 01:36 | 舞台・役者さん

 どうすれば現実世界に戻れるのか分かりません・・・。
もう帝劇に行ったのが遥か昔のように感じられます。まだ3日しか経ってないのに・・・。
丁度去年の今頃、レミゼを観に初遠征して、同じような症状に陥っていた気がします。
あの時も、お目当ては綜馬さんと今さんだった。
仕事はしてるし、練習もしようとはしているのですが、魂が帝劇に留まっています。ヤバし!

 21日のマチネが終わったくらいの当初は、「会わずに耐える強さを身につける覚悟です」とか、フェルセン並みの意志を持ってた気がしたのに、今は「あなたの面影は 決して消えない」状態。もちろん、あなた=オルレアン公・・・。

 きっと再演すると思う、この作品。そしてその時は、高嶋アニキと綜馬さんのダブルキャストが実現すると思う!その時まで・・・。

 なんて、自分を騙し騙ししてますが、ちょっとキツイ・・・。
30日のトークショーは諦めるけど、もしかして、ひょっとすると、5月とか突発的に東京に向かってる可能性が・・・。

 はぁ・・・。
何か、綜馬さんの事を考えすぎて、気がついたら、
「フロローやってくれないかなぁ・・・?」
なんて考えてましたよ。彼、フィーバスなのに!!

 でも、違うベクトルの狂気だけど、付随してあれだけの色気マブ気を見せ付けられてしまったら、情欲に狂う姿も見てみたいなぁ・・・、と。そう思うと、フロローの目を剥いた姿と、オルレアン公の目を剥いた姿がダブってきたり、こなかったり・・・。
 出来たら、『ノートルダム・ド・パリ』よりも『ノートルダムの鐘』の方がいいな。
判事の狂信と情欲に葛藤する姿とか、めっちゃ見てみたい。
トチ狂って『HELLFIRE』歌って欲しい。

 それはさておき、オルレアン公に会いたいです・・・。
家に帰ると、ようやくフレームに入れた綜馬さんの音一会ポスターに、語り続ける日々を送っています(危ないよ!?)。

 はぅ・・・、有りえない。
まさかM.Aにハマるとは欠片も思ってませんでした。
「計画通りうまく運ぶわけがない~。思い通りいかない、番狂わせ、面白い♪」
そんなに暢気な面白さじゃないです(T□T)
[PR]
by otokata | 2007-04-24 21:47 | MA

 東京に行く前に長ったらしく書き溜めていたエリザの感想をアップしました。
が、遠征の空気の前には結構異端だったので、4月11日の日付にしておきました。

 もし、興味をもたれた方がいらっしゃいましたら、その日の記事をご覧下さい。
[PR]
by otokata | 2007-04-24 21:28 | 舞台・役者さん

「ツミレ・・・」


 公式サイトに、今日のトークショーのごく一部だけUPされてましたね。
もうグッジョブすぎて、涙で前が見えません!!

 「一言言わせて」って、挙手した綜馬さん。

「どうだい、ツミレだよ~♪」

 一日かけて頭をオルレアン公モードから仕事モードに戻そうと頑張ったのに、うっかり聞いちゃったが故に、全ての努力が無駄になりました。

 いくらお腹が空いてたからって、そんないい声で何歌ってるんですか_| ̄|○
ああもう、あの爬虫類メイクをしながら、しみじみと「ツミレ・・・」なんて考えてる綜馬さんを思うと、もう可愛くてマブくて涙が止まりません!!

 誰か、私に30日のチケットを下さい。
[PR]
by otokata | 2007-04-22 23:58 | MA
誤字・脱字・間違い歌詞多数だよ、この記録!!!

 いえ、台本読んでて、「淫売」じゃなくて、「アバズレ」だよ!!
とか、
 こぶしついてたのって、「負け犬ども」じゃなくて、「どうした」のあ行だった気がするよ!?
とか、色々見つけてしまって・・・。

 お詫びして後ほど訂正しておきます。

 今は冷静じゃないです。
朝から家族に迷惑かけて語りっぱなしです、エガリテ様について(様ついたー!!)。

 何で大阪で見たときはあんなにじっくり考えるミュージカルだったのに、今回は萌えに走ってしまってるんだろう・・・?やっぱり恐るべし、そーまパワー・・・!!

 前回はオルレアン公のエゴは見てて気持ちのいいもんじゃなかったさ。
結構自分なりにテーマに即して、何かを受け取ろうとしてたから、むしろモヤモヤの原因だったくらい。もちろん、高嶋アニキの演技の問題じゃなくて、作品自体の問題として。

 けど、もう、今回は・・・(遠い目)。
むしろ、彼を王座につけるためなら、もう手下だろうが、下僕だろうが、喜んでお手伝いさせて欲しい気分だ。暴力も血も混沌も嫌だけど。でも、劇場で観てた時、心底そんな風に思ってしまった自分が怖い。究極のエゴイストなのに。
 ったく、どれだけカリスマなんだ、オルレアン公・・・。

 もう一日居たかったよ、アフタートーク今日だし。
しかし、M.Aが終わったら、綜馬さんの次の舞台って何だろう?
[PR]
by otokata | 2007-04-22 11:37

最後の休憩中

おはようございます!
なんか昨晩は、夢と現の狭間で、M.Aのナンバーがグルグルしていました。
一番聞こえてきたのは、王妃とフェルセンのデュエット(逃亡事件の前)
お次が、オルレアン公の「それがどうしたゥァゥァ」っていう、エコー(?)、唸り入り(笑)肩を上下させる公爵も目に浮かびます。
で、後は「倒すべきは王妃だ!」とか
ううっ、見納めとかすごく寂しいです(;_;)
オ~ル~レ~ア~ン公(ToT)
フイリップ~・゜・(>_<)・゜・

まさかここまで琴線に触れると思ってなかったです。
恐ろしい子たち…。
[PR]
by otokata | 2007-04-22 05:47

出待ちもどき

そういや、出待ちもどきをしました。
地下二階の飲食店が開いてないか見回って、どこも閉まってるから、奥の階段で上がったら、人がいっぱいいたんですよ。

楽屋口って、ここだったのか!?
しまった!知ってたらタペストリーの写メを極める試みを、もっと早く切り上げるんだった!(しかも、公爵とフェルセンしか撮ってない)でも、今日初めて来たから仕方ない。
タナボタラッキーで、今さんや山口さん、新妻さんを見かけました。今日は心づもりしてなかったから、何もアクション起こせなかったけど。

よし!
NEXT:レミゼ!
[PR]
by otokata | 2007-04-21 22:52

違うと言えば

『私こそふさわしい』の振りの一部

マチネ…エアロビみたいな、横に寝て足上げるセクシーポーズ

ソワレ…ちょっとウッフン系のポーズ。どう言えばいいのかわからない(^^;)

二幕頭で王妃のことを「あばずれ」っていうシーン

マチネ…上着の片側をはだける
ソワレ…髪をいじる

結論:エロい!

…頼みますよ、そーまさん。
あんまり悩殺されると、関西に帰りたくなくなるんですから…。

もう頭の中で公が暴れ狂ってるんですよ。あー、もう!どうしてくれよう!
[PR]
by otokata | 2007-04-21 22:44

バスに乗りました

まだ発車はしていませんが。

いや~、新妻マルグリット可愛かったです。笹本マルグリットは結構最初から反骨精神の塊だけど、新妻さんは、最初の回想も違う世界に純粋に思いを馳せてうっとりしたり、現実を見て悲しくなったり、普通の女の子でした。舞踏会でも、王妃の前でただただ恐縮してたし。
それがマダムの死をきっかけに、覚醒して遂に立ち上がったのが印象的でした。
明らかにタイプが違って面白かったです。
[PR]
by otokata | 2007-04-21 22:36